霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

一 誕生

インフォメーション
題名:01 誕生 著者:愛善苑宣教部・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 天保七年・八年1836・37年という年は大飢饉の年であって、002連日の土砂降り雨で作物はことごとく水浸しとなり茎は腐り葉はただれ、003収穫皆無という悲惨な状態で、004およそ食べられそうなものはみな食い尽くされて、005しまいには畳の表までも煮て喰ったほどです。006金銭を持っていても買うべき食物がないので、007みすみす小判をくわえたり、008千両箱を枕にしたまま餓死するものがあったということです。
009 この大飢饉は日本全国にわたったもので、010ために諸方の農民が蜂起し、011大阪では、012かの大塩平八郎の乱が引き起こされました。013それが天保八年二月の出来事です。
014 徳川時代の末期は風俗紊乱(びんらん)し無秩序な性の享楽からくる「減児(へしご)」が公然と行われていました。015この堕胎行為に対する正しい判断力が麻痺していた上に、016打ち続く水害凶作にブッつかったこととて、017おびただしい可憐な赤子が闇から闇へと葬られました。
018 丹波の国福知山(ふくちやま)綾部の西隣の町に桐村五郎(ごろ)三郎(さぶろう)さんという方があって、019家伝の大工を業としておられました。020以前は苗字帯刀御免の御上(おかみ)大工、021郷宿(ごうやど)を兼ねて立派に暮らしておられましたが、022五郎三郎さんの代になって不幸つづきのため家屋敷は売り払い、023小さな家に住まっておられました。
024 この五郎三郎さんの夫人は綾部町の出口惣右衛門(そうゑもん)さんの娘おソヨさんという方で、025夫婦の中に二人の男の子が生まれ、026天保七年の飢饉の真最中に三人目の子が懐胎しました。
027「こんな時に子供が生まれては乳も思うように出ないだろうし、028みすみす子供を餓死させるようなものだから、029可哀想ではあるが、030背に腹は代えられぬ、031いっそこの際堕胎した方がよかろう」
032という話が夫婦の間にひそびそ相談されていたところが、033たまたまこの話が隣室におられた姑のタケ子さんの耳に入りました。034タケ子さんは非常に腹を立てられ、035
036「折角神様から授った子供を生計(くらし)ができぬからとて、037闇から闇へと堕胎(おろ)すというのは実に浅間しことだ。038昔から非常の時に生まれる子は出世をすると云い伝えられているし、039こういう年にお産をするのもきっと何かの因縁であろう。040老先きの短いこの婆が身に代えても育てるから、041その話はどうか思いたってもらいたい」
042と熱心に反対されたので、043堕胎の一件は中止となりました。
044 呪われた天保七年も暮れんとする十二月十六日の朝。045丹波の山々が曙の光りにほんのりと染め出された頃、046開祖・出口直子刀自(とじ)は元気な産声をあげられました。