霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

三 子守奉公

インフォメーション
題名:03 子守奉公 著者:愛善苑宣教部・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 これがため間もなく開祖様は、002同じ福知山(ふくちやま)の米久呉服店へ子守奉公をされることになりました。
003 物堅い御気質で、004乱雑なことのお嫌いな開祖様の慎み深い身だしなみと、005骨身を惜しまず陰日向なく働かれる行いはスッカリ主人の気に入り、006奉公人一同の褒められ者になられました。
007 開祖様の主人に対する御奉公振りが模範的であったのみならず、008御生母おソヨさんに対してはまことに至れり尽せりで、009毎年半期々々の仕着せの着物のごときは、010一枚も御自分の手をお通しにならず、011ことごとくこれをお金に替えて御生母のお手もとへ差し上げられ、012お給金はもちろんのこと、013三度々々の食事の時でも、014珍しいものがあれば御自分は召し上がらず、015一走りして御生母のところへ持って行かれるといったように、016心から孝養をつくされたので、017福知山の三人孝女として時の藩主から表彰されました。018このとき開祖様は十三才でした。
019 米久呉服店における子守奉公の年期三年を終えられ、020それから川北の衣川清太夫とか、021泉屋七兵衛という饅頭屋とか、022その他二三の家に奉公され、023どこの家でもすこぶる評判がよかったのですが、024いつまでも奉公ばかりしておっては御生母を安心させることが出来ないというので、025十七才のとき生家へお帰りになって、026御生母の仕事を手伝って糸を紡ぐけいこを始められました。
027 やがて糸紡ぎは大変お上手になられ、028あのきっちりした御気性のためでもありましょうが、029出来上りがよいので他の人の二倍の工賃を貰われたそうです。