霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

九 紙屑買い

インフォメーション
題名:09 紙屑買い 著者:愛善苑宣教部・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 開祖様はこれまでのようなやり方では、002到底一家の糊口(ここう)をしのいでゆくことはむずかしいので、003比較的資本が要らずに利益の多い商売をお考えになった。004それが紙屑買いボロ買いという商売です。
005 紙屑ボロ買いという商売は、006御承知の通り外へ出て働かねばならぬ商売ですから、007病人と子供を内に残してお出掛けにならねばならなかった。008開祖様は、009いつも必ず病床にある夫に向かって、010
011「何なとお好きな物は御遠慮なくおっしゃって下さい、012何でも買って参りますから」
013と云われて、014夫の望まれる品はどんな無理をしてでもきっと買って来ておあげになりました。015ですから、016ついにはさすがの無頓着な政五郎さんも、017開祖様の情けがしみじみと身にこたえたと見え、018
019「私はたしかに罰が当たったのじゃ。020これまで、021余り仕放題、022気随気儘ばかりして居った報いで神罰が当たったのじゃ。023それを恨みもせずに大切にしてくれるお前の親切を考えると、024勿体のうて涙がこぼれる」
025と云って、026いつも商売に出て行かれる開祖様の後ろ姿を、027病床から伏し拝まれたそうです。
028 あるとき看病しておりました三女・久子(ひさこ)さんが、029開祖様の御苦労を察して、030
031「お父さんもあんなに生きとってよりは、032いっそのこと死んじゃった方がええのになあ」
033とつぶやかれますと、034開祖様は日頃の温顔にも似ず、035襟を正し恐ろしい顔をされて、036
037「お前は何という勿体ないことを云うのじゃ。038世界中鉄のわらじで捜し回っても、039お前のお父さんという方は、040この病床に寝てござるお父さんより外にはない。041病人は看護が第一である。042看病する者がそんな気でおっては直る病気も直りはしない。043お前は看病に飽いたかも知らないが、044私はまだまだお世話には飽いて居ない。045いやそれどころか、046どうしたらお世話がし足るかということばかり心配して居るのだ」と云ってきびしくおしかりになりました。
047 久子さんはそれほどでもありませんが、048頑是(がんぜ)無い竜子さんと澄子さんは、049開祖様が商売に行かれたお留守中は、050淋しくて一日がそれはそれは長かったことを今もって覚えていると申されています。051開祖様がお帰りになられませんと夕飯の支度が出来ないので、052お帰りが遅い時は、053夜になっても御飯も食べず、054二人が抱き合って寝床へもぐり込み、055空腹のまま泣寝入りに寝入られることも少なくなかったようです。
056 明治二十年、057開祖様五十二才のお正月の如きは、058他所(よそ)の家では皆お雑煮を食べて居るから、059うちもお雑煮が食べたいと云って、060無心な子供からせがまれましたが、061そのお正月のお餅さえ、062買って愛児に食べさせることができませんでしたので握飯を拵えて、063お雑煮の代わりにされたということです。
064 毎朝久子さんが草粥のようなお弁当をこしらえて開祖様に渡されますと、065
066「私は要らないから、067お前達おあがり」
068と云っていつも置いて行かれました。069置いて行かれないときは、070外で遊んでいる当時六才のお竜さんと、071四才の澄子さんにソッと与えられました。072御自分では何も食べずに商売に出て行かれるものですから、073普甲峠という急坂にさしかかった時、074雪は降るし腹は減って来るし、075峠は大きいし往くことも戻ることも出来なくなり、076ついに谷底へ落込んで飢と寒さで死にかけられたところをやっと通りがかりの人に助けられたこともあります。
077 夜は子供達を寝させてから、078買って来られた紙屑やボロの整理をされて、079夜の目もロクロク寝ずに一心不乱の御活動をなされました。