霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

一三 霊夢

インフォメーション
題名:13 霊夢 著者:愛善苑宣教部・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B100600c13
001 明治二十五年旧正月元旦1892年新1月30日の夜、002開祖様五十七才の時、003不思議な霊夢を見られたのです。004開祖様御自身のお体が突然、005神境へ入ったと思われますと、006荘厳というか、007美麗というか、008いまだかつて御覧になったことのない立派な宮殿楼閣が、009幾層とも知れず開祖様の目前に建ちならんで、010大小の間取りが整然として連なって見えました。
011 開祖様はまず表門からお入りになって中殿へ行かれますと、012そこには容貌とうとく麗しく、013八束に余るひげのある神様が端然と正坐しておられました。014開祖様は余りの神々しさに魂も身に添わず、015我を忘れてお進みになりますと、016神様は大兵肥満のお体をお起しになり、017やおら御座を立って開祖様のお手を取り、018奥殿深くお導きになりました。
019 やがて奥殿の階段の下に開祖様を残して御昇殿の上、020何事か御奏上になって、021また元の御座に正坐したもうのを見て、022開祖様は気もそぞろに、023我にもあらず門外にお出になり、024(うしとら)の方向とおぼしき方へお回りになりますと、025そこにはまた大きな門があり、026門内の殿堂の荘厳にして規模の壮大なることは、027前の殿堂よりも更に更に勝ったものでありまして、028その中央に端坐まします大神様のお姿の神々しさ、029御身に着けたもう宝玉は光輝いて、030打仰ぐ開祖様の胸の血を躍らせるのでした。
031 しばらくしますと、032その大神様は悠然と御座をお立ちになり、033開祖様の間近まで進まれ、034開祖様のお顔をシゲシゲとご覧になっておられましたが、035別にお言葉はなく、036元の御座にお帰りになられました。
037 開祖様はひたすら畏敬の念に打たれながら、038ひた走りに走って門外へ出られますと、039そこにまた一棟の立派な殿堂がありまして、040その中に先年亡くなられた夫政五郎さんがおられましたから、041開祖様は我を忘れて走り寄り、042互いに既往を語り将来を談じて、043時の移るのも覚えられぬほどでしたが、044この時忽然として夢よりさめたのです。
045 その翌日も翌々日も、046その後幾回となく同じような霊夢を御覧になり、047一回は一回よりますます畏敬の念つよまり、048開祖様御自身も何だか神様と御一緒におられるようなお心持ちになられ、049いわゆる神気来格の徴がこの時からみち満ちてまいりました。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)