霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

一四 帰神の発端

インフォメーション
題名:14 帰神の発端 著者:愛善苑宣教部・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 明治二十五年旧正月の十日新2月8日002まだお正月の鏡餅のある時であります。003開祖様は西町の大槻鹿造のところへ、004神がかりになっている長女・米子(よねこ)さんのお見舞いにお出でになりました。
005 その留守番をして居られた当時十三才の竜子(りょうこ)さんと十一才の澄子さんとが、006さびしい思いをして炬燵(こたつ)の中にもぐり込みながら西町のお米姉さんのうわさなどをしている間に、007いつしか寝入ってしまって居られますと、008開祖様は夜中ごろお帰りになり、009大きな声で、010
011「おすみ、012お竜、013ここを開けい」
014と怒鳴られましたので、015その声に二人は驚いて目をさましました。
016 その声は正しく開祖様のお声でありますが、017いつものお声とは全く違った大きな声で、018すこぶる荘重な威厳に満ちたお声でした。019竜子さんと澄子さんとは何事が起ったかと帯取裸のまま、020土間に飛び下り戸を開けますと、021つかつかと入って来られた開祖様のお姿は、022いつものお優しいお姿ではなく、023いかなる天魔鬼神も辟易(へきえき)するような威風を持って居られました。
024「お竜もお澄も西町のお米姉はんところ行って、025三十六お灯明をあげて、026お題目を唱えいと申して来い」
027とあたかも号令でもするような調子で命ぜられました。028そのときは開祖様のごま塩まじりのお髪が、029いつもより白く光って見えたということです。
030 二人は面喰って何が何だかさっぱり分からず、031無我夢中で下駄を手にさげたまま表へ飛び出し、032走りくたびれてようやく我に帰られたほどでした。
033「三十六お灯明をあげてお題目を唱えいと云うのやったなァ」
034「なんでまたそんなこと言わねばならんのだろう」
035「お母さんも西町のお米姉さんのように、036気狂いになられたのではなかろうか」
037「そういえば今日のお母さんの声はいつもの声とは違っておったから、038そうかも知れん」
039「お母さんまでが気が違ったらかなわんなァ」
040こんなことを姉妹で話し合いながら、041西町の大槻鹿造のところへ行かれまして、042開祖様から言われた通りのことを申されますと、043鹿造は舌打ちをして、044
045「お母アもとうとう気が狂ったとみえる。046よしよし、047三十六灯明をあげてお題目を唱えたから、048安心しなと帰ってお母アにいったがよい」
049と申しますので、050二人は大槻の家を出て帰りましたが、051開祖様の姿が見えません。052二人が心配して家の中を捜して見ますと、053薄暗い座敷に開祖様の着物がぬがれてあり、054どうやら井戸端に人の気配がするので行って見ると、055開祖様はこの寒天にザアザア水を浴びておられるのでした。
056「西町へ行ってそう言って来た」
057と申されますと、058
059「それは御苦労であった、060お前たちは寒いから風邪を引かんようにして、061早く炬燵へ入っておやすみ」
062と言われましたが、063そのお声は何時ものいつくしみ深い平静なお声でしたので、064二人はホッと安心して寝床に入りました。
065 これから開祖様の水行が毎晩続き、066開祖様の腹の中には目に見えぬ神様が出入され、067その神様が非常な力でいきまれますと、068大きな声が出て、069つまり神様の声でどなり出されるのです。070声は開祖様の口から出るのですが、071全然開祖様の意識されない言葉がドンドン出て来るのです。
072 その神様のお言葉に対して、073開祖様御自身が開祖様の平生の声で質問されますと、074また神様の声で答えられるという風に、075開祖様の一つの口、076一つの咽喉が、077神様と開祖様との二つの意識を使い分けて問答すると云う不思議な現象が起って来たのです。078これが開祖様の帰神(きしん)の発端であります。
079 開祖様には神様が自分の肉体にかかって来られること、080出入されることが判然と感覚の上に感じられるのでした。081まず自分の身体が非常に重くなって、082腹に素晴らしい力が入って来る。083そして疲労の感覚がなくなり、084妙に身体の姿勢が正しくなって、085あたかも大磐石を据えつけた様になり、086やがて身体がややそり加減にユルユル震動を始めると、087トントントンと両足を交互に上げては下ろし、088上げては下ろし、089四股を踏むような形をされる。090その時アゴがグッと引き締って、091目は金の如く輝き、092腹の底からウームといきんで来て、093おごそかな調子で神様のお言葉が出るのです。
094 開祖様御自身としては、095大きな声でどなるのはいやなので、096声を出すまいと歯を固く食いしばってみたところで、097その食いしばった歯を押しあけて、098とてつもない大きな声が突発するのです。
099 開祖のこの状態はいわゆる神がかりの現象であります。100神がかりについて何も御承知なき人は、101そんな現象が起きるものかといって否定するでしょうが、102世間には沢山実例があるのです。103稲荷下ろしのしゃべるのも狐つきや狸つきがしゃべるのもみな同じ現象で、104ただ稲荷下ろしや狐つきの場合にかかる神は、105すこぶる低級な霊でありますから、106開祖様の帰神と同様に見ることはできません。107ただ内容、108すなわちかかられる神霊の如何(いかん)によって、109正しいか正しくないか、110高級か低級かの差別が生じてくるのです。111この現象を昔から天言通(てんげんつう)などとも申し、112決して珍しい現象ではありません。
113 神がかりはその内容によって大体左の三つに区別することができます。
114一、115帰神(きしん)=宇宙の本源すなわち大元霊に帰する状態であります。116すなわちこれを大神様の御神格の直接内流と申します。
117二、118神懸(しんけん)=正神の神がかりで、119エンゼルすなわち天使を通じて、120ある程度まで神界の消息を人間界に伝達される状態で、121これを御神格の間接内流と申します。
122三、123神憑(しんぴょう)=邪神の神がかりであって、124世間の神がかりの大部分はこの種類に属するものです。
125 開祖様の場合は(うしとら)金神(こんじん)すなわち国常立尊(くにとこたちのみこと)の神がかりで、126神懸状態から帰神状態に入られたものです。127こういうわけですから、128自分の意識にないことを自分の口でしゃべる「天言通」だからとて邪神の神憑をうっかり信ずると、129とんでもない間違いが起きるものです。