霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

一六 算盤師(そろばんし)の占い

インフォメーション
題名:16 算盤師の占い 著者:愛善苑宣教部・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 あるとき、002吉美村(きみむら)の小呂というところに、003算盤(そろばん)で占って憑きものをよく封じるので有名な男があると聞かされ、004人の勧めるままに開祖様は小呂へお出かけになりました。
005 開祖様としては、006開祖様にかかられた神様はしきりに世界の立替えという事を申されるが、007そういう偉い神様が無学文盲な自分などにかかられるということからしておかしな話である。008かりに自分に宿っておられる神様がそういう偉い神様であるとしても、009その日の食物にも困りきって居る自分としては、010世界の立替どころの話ではないから、011いずれにしても、012そんな大それた神様は一日も早く自分の身体から立ちのいて貰いたいというお考えもあったのです。
013 小呂のそろばん師は開祖様の生年月日などを聞いて、014机の上にある小さなそろばんをコチコチはじいておりましたが、015やがて興奮した顔をして、016
017「お直さん、018これはドエライこっちゃ、019とてもドエライ神様じゃ。020しかしこんなドエライ神様のお宮をどうしてお前さんは建てるつもりか、021これは天朝様のお力でないと出来るものでない。022こんなドエライ神様に使われて、023しゃべって歩いておっては、024人から気狂いだといわれるから、025一つ封じてあげよう」
026と早速何かクシャクシャやって居りましたが、027箸箱の半分ほどの小さな白木の箱を渡して、028
029「これを神棚へ上げて置くように」といいました。
030 開祖様は後生大事にその木箱を持ってお帰りになり、031神棚の上へ置こうとされますと手がけいれん的にはね返って、032木箱をバッと土間へ叩きつけてしまいました。033そして例の神様のお声が出ました。
034「やれやれ御苦労じゃった。035しかしあれは確かに日本一の易者じゃワイ。036封じたくらいでこの神はこたえるようなそんな小さな神じゃない。037あの男は今はじめてこの方を封じたのではない。038大昔この神を艮へ封じ込めた身魂(みたま)であるから、039大昔からの宿業だけのことはあるがいたしかたがない」
040と言われるのでした。
041 開祖様はそろばん師の身の上が気がかりでしたから、042一週間ばかりしてわざわざ小呂まで行って見ますと、043そろばん師の家の門口に忌中の札がはってあって、044近所の人達が忙しそうに出入しておりますから、045怪しんでお聞きになりますと、046そろばん師は開祖様の神を封じた後で腹痛を起こし、047キリキリ舞いをして、048医者に見せても薬をのんでも更にその痛みが止まらず、049一週間わずらって昨夜十時ごろに死んでしまったということでした。
050 開祖様はこれを聞かれて、051目に一ぱい涙をためて太息を吐かれました。
052 その他あちこちの祈祷師や、053八木、054島原、055大阪、056福知山の金光教(こんこうきょう)の教会へも行かれましたが、057どこへ行かれても開祖様の神の身上を見分ける者はいませんでした。