霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

一七 世人の誤解

インフォメーション
題名:17 世人の誤解 著者:愛善苑宣教部・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B100600c17
001 神がかりになられてから十三日間絶食され、002七十五日間不寝(ねず)の行をさせられ、003大きな声を張りあげて世人に警告を与えると共に改心を迫られました。004しかし無知識な世間の人からは気狂いと見られるだけでした。
005 またそのころ綾部には頻々(ひんぴん)として火災があり、006原因は放火らしいということでしたが、007一向に犯人がつかまりませんでした。008千田町の材木屋が焼けた頃、009開祖様は神がかり状態で、010
011「世界に大きなことや変わったことが出て来るのはみな、012金神(こんじん)の渡る橋であるから、013世界の出来事を考えたら神の仕組(しぐみ)が分かりて来て、014誠の改心ができるぞよ。015善き目ざましもあるぞよ、016また悪しき目ざましもあるから、017世界のことを見て改心いたされよ。018今の(うち)に改心いたさねば、019どこに飛火がいたそうも知れんぞよ」
020と大きな声で叫ばれていたのを近所の人が聞いておって、021もしかするとお直さんが火をつけて回るのかも知れないと思って警察へ密告したので、022留置場へ入れられ訊問を受けられました。
023 がそのうちにほんとうの犯人が判って放免されました。024その代わり警察の注意により、025組内の人が集って小さな座敷牢を作ってそこへ入れられることになりました。
026 開祖様が座敷牢へ入れられてからは、027大槻鹿造が意地悪く厳重に監視して、028わずかしか食事を差し上げませんので、029元来小食の開祖様も時には空腹を感じられましたが、030神様が腹の中から、031
032「直よ、033これをしゃぶれ、034これをしゃぶれば力がつく」
035と教えられたので、036開祖様は時々自分の掌をなめて、037力をつけておられるのをお見受けしたということであります。
038 開祖様はどうかして牢から出たいと思われましたが、039取り締まりが厳しいので、040いっそ自殺しようかとまで考えられたことがあります。041そうすると神様が
042「そんなことをしたって死ねるものじゃない。043お前は大望な御用をさせねばならん大事な身体であるから、044黙っておれば満月の夜にだしてやる。045たとえここでお前が死んだところで、046神の命令に逆らって死んだのでは、047死んでからの霊はいま座敷牢に入っておる肉体と少しも変わった事はない」
048と云われましたので、049死ぬにも死なれぬことになりました。