霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

二〇 出牢後の宣伝

インフォメーション
題名:20 出牢後の宣伝 著者:愛善苑宣教部・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B100600c20
001 開祖様の座敷牢の話に戻りまして、002明治二十六年旧四月十五日大槻鹿造が座敷牢の前へ来て、003開祖様の御様子を見ますと、004開祖様はすっかりお静まりになって、005鹿造に向かい、006牢から出してくれるようにお頼みになりました。
007「牢から出してくれれば、008どんなことでもお前のいうことを聞く」
009といわれました、010ところが鹿造はそのころ金回りが悪かったものですから、011
012「出口家の家を売ることを承知して、013判を捺すなら、014牢から出してやる」
015といって四十日目の丁度満月の夜、016牢から出してお貰いになりました。
017 このとき鹿造は出口家の建物ばかりでなく鍋釜まですっかり売り払って、018たった一つ残ったのが、019その昔開祖様が毎晩四升の米の粉を挽かれた記念の石臼だけでありました。
020 出牢後の開祖様は家どころか家財道具一つとして残っていませんので、021子供は他所へ預けてしまって、022鹿造の家におられたり、023八木(やぎ)の久子さんの所へ行かれたり、024紙屑を買ったり、025糸を引いたり、026子守をしたりされながら、027相変わらず神示のまにまに世人の改心を迫り、028病人に頼まれれば神様にお願いして病気を直したりして、029ほとんど放浪生活をしておられました。
030 その後、031亀岡の金光(こんこう)教会の教師・大橋亀次郎さんという人が、032開祖様の霊力を見込んで、033綾部へ金光教をひろめようという考えを起しました。034そのため亀岡の金光教会から奥村定次郎さんという教師が綾部に来て、035開祖様と同居して、036今光教の神様と開祖様の神様と両方お祭りすることになりました。
037 開祖様のお力で病人など御神徳がドンドン立って、038信者はだんだんふえるばかりでした。039そのころの開祖様は、040洗濯から炊事から掃き拭きのお掃除から使い歩きもされ、041たまには山へ行って柴を刈ったり参拝に来た信者の足袋や脚絆などの汚れているものは、042チャンと洗濯して綺麗にかわかして、043信者の知らぬ間に黙って返して置かれたりしてお働きになられました。
044 しかしもともと奥村さんは、045開祖様の神格を認めたのではなく、046金光教のために利用しようという精神であったのですから、047どうも開祖様のお考えのように神第一主義という訳には行かぬので開祖様は面白くなく一時教会を離れられました。
048 開祖様のおいでにならない教会は御神徳も立たず、049ついに、050奥村教師は夜逃げしてしまい、051その代わりに足立正信という教師が来ましたので、052開祖様は再びお帰りになりました。
053 この教師も開祖様の神様を見分ける力がなくゴテゴテして、054ついに開祖様は明治三十年六十二才の時、055金光教と縁を切ってお一人で艮の金神様をお祭りになることになりました。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。