霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

二二 聖師綾部へ

インフォメーション
題名:22 聖師綾部へ 著者:愛善苑宣教部・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 丹波路の緑もあせて、002名物の栗がそろそろイガから弾き出す──明治三十一年の旧八月二十三日新暦1898年10月8日003開祖様の許を訪れた色白い眉目(びもく)清秀(せいしゅう)な青年がありました。
004八木(やぎ)虎天堰(とらてんいね)で福島久子さんから頼まれて来ましたが、005(うしとら)金神(こんじん)と称する神がかかられるというお婆さんがおられるのはここですか」
006と、007その青年は無造作に案内をこい、008開祖様と対座されました。
009 この青年こそ誰あろう……出口王仁(おに)三郎(さぶろう)聖師の前身、010上田喜三郎(きさぶろう)さんでした。011この時開祖様は六十三才、012聖師様は二十八才でした。013ところが、014その折は聖師様は時機まだいたらずとして、015二泊されたのち開祖様のものを辞し、016園部(そのべ)へ帰られました。
017 話はさかのぼりますが、018かねて開祖様のお筆先に、019この神を見分けて世に出すお方は東から来る、020と七年前から示されてありましたので、021綾部の東方に当る八木の福島に縁づかれた久子さんが、022母の身の上を見分ける人を捜すため、023わざわざ八木の町はずれの虎天堰(とらてんいね)という灌漑用の(せき)がある所の枝振りのよい松の木陰に、024茶店を開いて待っておられました。
025 そこへ手に大きな鞄をさげ、026陣羽織(じんばおり)のようなものを着、027鉄漿(おはぐろ)をつけた異様な扮装(いでたち)の青年が一服しました。028この白面の青年こそ明治三十一年旧二月九日、029神使(しんし)に伴われて亀岡の町はずれ、030穴太(あなお)の霊山・高熊山(たかくまやま)の岩窟に一週間の修行をされ、031神人感合の域に達してより、032身命を賭して救世の大神業に尽すことを決意され、033
034「一日も早く西北の方をさして行け、035神界の仕組(しぐみ)がしてある。036お前の来るのを待っている人がある。037何事にも頓着なく、038速かにここを立って園部の方へ向かって行け!」
039との神示を受けて、040決然故郷を出発された上田喜三郎さんでありました。
041 久子さんはこの人こそ神示の人物に相違ないと思って、042開祖様を御紹介されたのです。
043 開祖様と聖師様の最初の邂逅は至極簡単でしたが、044神業の進展にとっては、045重大な意義を有するのであります。
046 その後世話人の四方(しかた)平蔵(へいぞう)氏が開祖様の命を受けて園部に聖師様をお迎えに参りました。047聖師様は今度綾部へ行くことはあたかも敵の中へ飛び込むようなもので、048よほどの覚悟をせねばならぬと考えられ、049平蔵氏を園部に待たせて置いて、050往復八里の夜道を郷里穴太に帰り、051老祖母や母上にその旨を伝えられ、052産土の神に前途を祈願して、053夜の明ける前ようやく園部へ帰って来られ、054平蔵氏と共に再び夜道を綾部へ急がれました。055そして約一年振りに開祖様と対面されることになりました。
056 開祖様の宿望である「何処の下にもならないで艮の金神を表面に出すこと」が出来るという聖師の確答に、057開祖様は思わず膝を乗り出され、058その磊落(らいらく)な、059そして容貌なごやかに、060威あって猛からず、061万物を包含して余さずといった非凡な風采を、062非常に頼もしく思われました。
063 翌三十三年新一月一日、064現在の二代苑主出口澄子のお婿さんとして神前に結婚式を挙げられ、065ここに本格的に開祖様の御神業を補佐されることになりました。
066 聖師様参加後の大本は舞台も次第に大きくなり、067従って大きな波が打ち寄せて来て、068開祖様の御苦心もますます大きくなりました。069しかし以前に比し肉体的、070物質的の御苦痛は減じ、071安んじて神命のまにまにお筆先をお書きになり、072また神示のまにまに御活動されることができるようになりました。