霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

三三 恭倹

インフォメーション
題名:33 恭倹 著者:愛善苑宣教部・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 明治三十四、002五、003六、004七年ごろは一番苦しいドン底時代で、005役員はもちろんのこと、006開祖様、007聖師様までなわないをされて、008神様の御用を続けられるという有様でした。
009 ある日のこと神前に供える御饌米が買えないので、010田中善吉さんという役員が、011自分の家から人知れず米を持ってきて、012供えているのを開祖様が御覧になって
013「田中さん、014今日のお下がりは持ってお帰りよ」
015と言われたことがありました。
016 そのころの幹部は土方をやって神様の御用と糊口の代に当てていました。017当時賃金は一日三十五銭で、018それでは足らず、019夜業にトロ押しをして更に二十五銭をかせぎ、020それでお筆先の紙代の足しにしたのです。
021 お筆先の紙は生ずき紙で一貫(もんめ)が二円くらいでしたが、022三十六年のごときは非常に沢山のお筆先が出て、023五月の月だけで五十八冊、024別に控えの写しが五十八冊と、025合わせて百十六冊になり、026少しくらい働いても追付かず、027ために役員らは睡眠も一時間か二時間くらいしかとらず、028真に身命をなげうってつくしていました。
029 かような有様ですから、030開祖様の倹約もまた実に極度なもので、031水一滴も粗末にされず、032後年なに不自由のない御境遇になられてからでも決しておごられず、033
034「こう世が上りすぎておるゆえ、035このままでは世が続かぬから、036その時の用意に小さいことにかけたら、037針の穴より小さいことでも気をつけなければならぬ」といつも役員信徒をいましめられ、038また御自身で実行されました。
039 新築された開祖室の壁は、040中塗りだけで、041いかに申し上げても上塗りは許されず、042はき物はいつも紙巻のわらぞうり、043ゆまきは木綿のさらしと決っていました。
044 食事は変わったものを食べても一向味がせぬとおっしゃって極度の粗食で通され、045およそ土から出来たものは何でも工夫して召し上がりました。
046 どんぐりは普通だれも見向きもしませんでしたが、047よくかわかして唐うすでハタき、048皮を取った実をまた唐うすにかけて粉に引き、049それを木綿の袋に入れて、050流れ水に打たせてアクを取り、051餅にして食べられました。052実の入らぬ米は炒って、053うすで引いて、054米の粉と混ぜて餅にし、055ワラはワラ餅にし、056オバコはゆでて小さく切って御飯に混ぜ、057その他榎の葉、058たんぽぽ、059常山木(くさき)等、060ともかく食べられるものなら、061必ず工夫してお上がりになりました。
062「こういうものを食べねばならぬ時期が来るで、063その時の用意に普段から工夫しておかぬと、064マサカのとき悔むでなあ、065お供え物は食えるものは何でもそのまま食べねばもったいない。066お陰を頂くなら蜜柑の皮でも、067柿の種でもめったに捨てられぬ」
068と言って感謝の生活に徹底されていました。
069 あるとき開祖様は三世相を見て貰われたところ、070これほど食運の強い人はないということでしたが、071実際は胃袋が小さくなったと思われるくらい、072終生腹一杯お食べになったことがなく、073こんなに苦労をするのにだれも察してはくれず、074「何という自分はあほうだろう」と思われて、075神様にお伺いになると、076
077「今後世界の人々が食物に困ってえらく苦しむことがあるが、078その折に世界の人々を助けてやるために、079お前の食を取り上げて食わせぬのじゃ」
080と申されました。
081 春もまだ寒い三月のある朝、082役員の湯浅仁斎(じんさい)氏がおまいりに行ったところ、083開祖様は寝巻のまま縁側にすわられ、084ごみ箱を捜してしきりに何か出しておられるので、085湯浅氏は大切な物でも紛失されてお捜しになっておられるのだと考え、086開祖様にお尋ねしたところ、087
088「いや何でもない、089こうして置くと紙屑屋が喜びますでな」
090と言われたので、091はじめて開祖様がごみ箱の中から紙屑を取り出されて、092白紙と真紙と、093新聞紙との三種に分けておられるのに気がつき、094今さらながら、095ささいな点まで心をくばられるのに恐縮しました。
096 開祖様は毎朝みなが起きるまでに、097どんなことを御自分で処理されていたのか、098お側の人々でさえ知らないことがありました。