霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

三四 御日常

インフォメーション
題名:34 御日常 著者:愛善苑宣教部・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 開祖様は前述のように極貧の家庭に育ちながら、002そのような御様子は少しも見えない気高い方でした。003粗服ではありましたが、004いつもさっぱりした着付をされて、005人は、006開祖様はいつも絹の肌着を着ておられる、007などと見まちがうほどでした。
008 時折申されるには、009
010「女はいつも薄化粧ぐらいしておるのが良い」
011とおもらしになりましたが、012御自身ではなさいませんでした。013もっとも色の白い、014キメの細かいお肌のきれいな方であったからでもありましょうが、015身だしなみのことなどよくお話でした。
016 日常召し上がるものはまことに少食で、017大きな塗椀に二口か三口くらいの御飯にお湯をかけたりして、018ゆっくりとおとりになり、019せいぜい二杯くらいでした。
020 お好きなおかずは魚ならば鯉のみそ汁や甘煮にしたもの、021鮎は大変お喜びでした。022外の魚はほとんど召し上がりませんでした。023その外高野豆腐、024椎茸など、025野菜ものは何でもお上がりになり、026生湯葉はことの外お好きでした。
027 蔬菜(そさい)野菜をつくるのがお好きで、028暇あるごとに畑に出てお世話をされ、029南瓜を作ることなどは非常にお上手で、030人がびっくりするほどの収穫をあげられました。
031 よくお見うけしたのは、032夕方になると縁先にうずくまられ宵の明星に見入って、033時のたつのも忘れたようにしていられることでした。
034 星について面白い話しがあります。035(りょう)さんの新宅の普請が出来たので是非見に来ていただきたいと、036あまりいわれるので開祖様はお出かけになりましたが、037お帰りになってから、038
039「お竜の家で珍しいお星様を見て来た。040若い時分に見たことのある星を何十年振りに見た」
041と繰り返し繰り返しさもなつかしげに申され、042新宅の造作などは何の御関心もない様子でした。
043 開祖様のおきらいなのはたちいふるまいの騒々しいことや、044鼻歌気分で仕事をするような人で、045ある時は「ここをどこと心得ておられるか」と御立腹の言葉を聞くのも珍しくはありませんでした。046従って身の行跡の定まらぬ人や、047偉そうな事をしたり、048いったりする事も大のおきらいでした。
049 ある人が来て、050
051「開祖様、052私はこの神苑の庭掃きでもなんでもよろしいから、053させて頂きたいものです」
054といわれました。055そのとき開祖様は、056
057「それは結構なおぼしめしじゃ」
058と申されましたが、059その人が帰ったあとで、060
061「ここはだれ彼なしに箒一本持つことのできぬ尊い所であるのに、062庭掃きでもとは何というもったいないことをいう人であろう。063なかなか見ぬいた上でなければ、064庭も掃いて貰うことのできぬ尊い所であるのに……」
065とおもらしになりました。
066 謹厳な御性格と申しましても、067決して厳格一途ではなく実にやさしい慈愛そのもののお方でした。068こんな話しがあります。
069 二代様が七歳のころ、070福知山へ子守奉公に行かれることになりましたが、071生まれて始めて他人の家へ奉公に行く幼な子を、072わずか綾部から福知山へ三里余りの道を先方まで送り届けることができず、073途中の島ヶ坪まで送ってお別れすることになりました。
074 親子二人は島ヶ坪の茶店に休まれながら、075せんべい一枚買って食べることができません。076店先には、077二代様がまだ口にしたこともない飴玉が並べられてありました。078頑是無い二代様は今日迄の厳格なしつけにもかかわらず、079店の者の見ていない間にひょいとその飴玉を一つ摘ままれました。
080 開祖様は見るとはなしに気づかれましたが、081これから一人で奉公に出られるいじらしい娘の別れぎわに、082その場でしかることもならず、083苦しい胸をおさえて知らぬ風をよそおいながらそっと懐中から五厘銭一つ出して飴の箱の中に置いて茶店を出られました。084少し行ってから開祖様は、085
086「お澄や、087見ておったでよ、088五厘銭置いて来たが、089あんなことするなよ」
090と優しく仰しゃいました。
091 生まれてはじめてのひとり旅を、092うしろ髪をひかれつつとぼとぼと歩まれる二代様のかれんな姿が見えなくなるまで、093開祖様は茶店の前に立って見送られました。
094 また、095らい病をわずらっている人と一緒に風呂に入ってお助けになったこともあります。
096 明治二十八、097九年ごろですが、098綾部の東南、099須知峠の近くの台頭(だいと)という部落に、100らい病をわずらっている貧乏な老婆がありました。101四方与兵衛さんの導きで信仰に入り、102綾部へ始終お詣りに来ました。103開祖様はいつもお松の葉をせんじたお風呂をわかしてその老婆を入浴させられましたが、104病気で手が不自由なため、105開祖様は御自分も一緒に入って体を洗ってあげられました。
106 やがてその人は御神徳を頂いてすっかり直り、107ますます信仰をはげんで、108毎月のお祭り日毎には欠かさず参拝に来ていました。109あるお祭りの日に、110開祖様がその人を心待ちに待っていられたが、111姿が見えぬので気がかりになり、112家を出て見に行かれました。
113 途中で出会うかと思って行くうちに、114とうとうその人の家まで来てしまいました。115家の前には柴が一荷背負うように用意して置いてあり、116中へ入って見ると、117床の間の神様の前でその老婆は手を合わせたまま安らかに国替え死んで霊界へ帰ることしていました。118家の前の柴は、119綾部へおまいりして神様にお供えしようと用意していたものでした。
120 「兵隊がかわいそうだ」「女工がかわいそうだ」といつも申されました。
121 朝早く工場の汽笛がなると、122「あれで女工が起きるのやで」と、123よく同情の言葉をもらされました。
124 煙草はお好きでしたが、125女が煙草を吸うのは見苦しいと言って辛抱していられました。126二代様の吸いかけをそっとお吸いになっているところを直日様が二度ほど御覧になったが、127恥しそうに言訳していられたそうです。