霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

四、祖父の性行

インフォメーション
題名:04 祖父の性行 著者:大本教学院・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 祖父の吉松さんは至って正直で、002キレイ好きな人でありました。003ただ一つ難病がありました。004それはバクチ好きで、005サイコロを懐からはなしたことがありませんでした。006それがために、007祖先伝来の上田(じょうでん)も、008山林ものこらず売払い、009ただ百五十三坪の屋敷と(やぶ)()と、010三十三坪の買い手のない悪田(あくでん)が一つ残っただけでした。011吉松さんは、012死ぬ時もサイコロをはなさず、013死んだらサイと一しょに葬ってくれといったそうであります。014吉松さんは、015
016打ちつ打たれつ、017一代勝負、018可愛いサイ(妻)子にこの世で別れ、019サイの川原でサイ拾う、020ノンノコサイサイノンノコサイサイ
021と辞世を残して死んで行ったような、022ノン気な人でありました。023家内が困ろうが、024借金とりが攻めて来ようが、025相手さえあれば朝から晩までサイをころがしていたということです。
026 こういう風ですから、027先祖伝来の家屋敷もだんだんなくしてしまいました。028そこで祖母の宇能子(うのこ)さんがおそるおそる諫めると、029吉松さんのいうことがふるっているのです。
030「お宇能よ、031あまり心配するな、032気楽に思うておれ、033天道様は空飛ぶ鳥でさえ養うてござる。034鳥や(けだもの)は別に明日の貯えもしておらぬが、035別に餓死した奴はない。036人間もその通り、037飢えて死んだものは千人のうちに、038ただの一人か二人くらいのものじゃ。039千人のうちで、040九百九十九人までは食い過ぎて死ぬのじゃ。041それで三日や五日食わないでもメッタに死にやせぬ。042ワシもお前の悔やむのを聞くたびに胸がヒヤヒヤする。043けれどもこれも因縁じゃとあきらめて黙って見ていてくれ。044止める時節が来たら止めるようになる。
045 ワシは先祖代々の深い罪障(めぐり)をとり払いに生まれて来たのだ。046一たん、047上田家は家も屋敷もなくなってしまわねば、048よい芽は吹かぬぞよと、049いつも産土(うぶすな)の神様が枕もとに立って仰せられる。050一日バクチを止めると、051その晩に産土さまがあらわれて、052なぜ神の申すことを聞かぬかと、053大変な御立腹でお責めになる。054これはワシのジョウ談じゃない。055真実真味の話だ。056そうせなんだら上田家の血統は断絶するそうじゃ。057ワシも子供ではなし、058ものの道理を知らぬはずはない。059やむを得ず、060上田の財産をつぶすために生まれて来ておるのじゃ。061大木は一旦幹から切らねば、062若いよい芽は生えぬ。063その代りに、064孫の代になったら世界の幸福者(しあわせもの)になるそうじゃ。065これはワシがムリをいうと思うてくれるな。066とうとい産土の神さまのお言葉である」
067 こういって吉松さんは産土の森の方にむかって拍手するというようなわけですから、068宇能子さんもあきらめて、069その後は一言も意見らしいことはいわれなかったということであります。