霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

五、祖父の再生

インフォメーション
題名:05 祖父の再生 著者:大本教学院・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B100800c05
001 喜三郎さんは七歳になる頃までは山へ行くにも、002川へ行くにも隣家へ遊びに行くにも、003腰のまがった小さい爺さんが自分のそばについているので、004自分の家にはお祖父さんもお祖母さんもいるものだと思っておられました。005ところがにわかに見えなくなったので、006ものを言わぬ祖父さんはどこへ行ったかと祖母に尋ねると、007祖母はおどろいて「それは祖父さんの幽霊が、008祖父さんは坊の一歳(ひとつ)の冬に死なれた」といわれ、009こわくなって一人で隣りの家にも遊びに行かなくなったことがありました。010喜三郎さんが六歳のとき、011過っていろりの火の中にころげこんだことがありますが、012その時にもお祖父さんがどこからとも知らず走って来て、013火の中からひき出して助けてくれたということであります。
014 吉松さんは至って潔癖で、015野良へ出て畑を耕すにも、016草切れ一本生やさぬようにした人で、017たまたま一株の雑草があると、018それをその場でぬいて土の中に埋めてしまえばよいものを、019わざわざ口にくわえて、020東から西まで一あぜを耕し終るまで放さず、021あぜの終点まで行ったところでこれを畑の外の野路へ捨てる癖がありました。
022 ところが、023喜三郎さんの弟の由松(よしまつ)さんが生まれた時に、024吉松さんの顔にそっくりなので、025家の人たちはお祖父さんの生まれがわりであろう。026また大きくなったらバクチ打ちになって、027両親や兄弟を苦しめるのではないかと心配していました。028由松さんが四歳になった夏、029畑へ父母が草ひきにつれて行って畑の中に遊ばしておきますと、030四歳の由松さんは畑の草を引きぬいては口に喰わえ、031口に一ぱいになると、032畑の外へもって出て捨てるのを見て、033いよいよ吉松さんの生まれがわりに間違いないということになったのであります。034この由松さんは十三・四歳の頃から、035そろそろと小バクチを打ち出し、036一旦は屋敷も小町田(こまちだ)も全部なくなり、037小さな家は明治三十四年旧二月、038火事にあって財産全部灰にしてしまいました。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。