霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

六、幼少年時代

インフォメーション
題名:06 幼少年時代 著者:大本教学院・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 喜三郎さんは幼少の頃から「喜三(きさ)やん」と愛称されていましたが、002神童だとか、003地獄耳、004八ツ耳だとか言われたくらい、005記憶力がよく、006どんなことをきかれても即座に立派な答が出来るので、007村人達もみな驚いたということであります。
008 喜三郎さんが七歳のとき、009父の吉松氏は船岡の産土神社の祭礼に参拝するために、010喜三郎さんをつれて生家へ帰って行きました。011そのついでに、012船井郡雀部(ささべ)(うるし)さしの家に立ちより、013無病息災のためといって、014喜三郎さんの腹部へ十数点の漆をさしてもらいました。015そうすると、016身体(からだ)一面に漆が伝播してカユくてたまらず、017さらに(くさ)になってしまいました。018それがために学齢が来ても学校へ行くことが出来ないので、019祖母の宇能子さんが平仮名から五十音、020単語篇に百人一首、021小学読本と次々に教えられました。022それで十歳の春、023入学した時には大へん学力がついていました。
024 祖母の宇能子さんは、025かの有名な言霊(げんれい)学者・中村孝道(こうどう)の家に生まれたので、026言霊学の造詣がふかく、027喜三郎さんは十歳ぐらいの時から祖母の口から厳霊の妙法を説明されて、028何時とはなく言霊の研究に趣味をもつようになり、029人のいない山や野に行って大きな声で『アーオーウーエーイー』と唱え、030時々人に見つかって笑われたり、031発狂人と誤られたこともありました。
032 喜三郎さんは、033少年時代は他の少年らと同じように兵隊ごっこをしたり、034川遊びをしたり、035相撲をとったりして遊ばれました。
036 喜三郎さんは十二・三歳の頃から、037おぼろげながら社会の不正に対して疑いを抱かれるようになりました。038みるもいぶせき水呑み百姓の(せがれ)として、039中産以上の児童や百姓や地主から、040しいたげられた喜三郎少年の姿は、041その「破衣(やぶれごろも)」と題する詩の一節によく現れております。
042    (やぶれ)  (ごろも)
043 麦と米とのたきまぜ飯も
044   ろくに食えない百姓のせがれ
045 足袋は目をむき着物は破れ
046   寒さ見にしむ片田舎
047 わしの人生はこんなものか
048     ○
049 愛宕の尾根に白雲かかり
050   次第次第にひろがりて
051 み空はくらく雨は降る
052   農家のせわしき田植時
053 夜から夜へと働いて
054   聞くも楽しいほととぎす
055     ○
056 冬の夜霜(よしも)にふるえてなくか
057   声も悲しい寒狐(かんぎつね)
058 こんこんこんと咳が出る
059   人の情の薄ごろも
060 如何(いか)にしのがんこの浮世
061     ○
062 花は匂えど秋月照れど
063   遊ぶに(よし)なき小作のせがれ
064 若い時から面やつれ
065   営養不良の悲しさに
066 からだいためし秋の空
067   冷たいうきよの風が吹く
068 これでも私の人生か
069     ○
070 僕の人生はどこにある
071   小作の家のせがれぞと
072 地主富者にさげすまれ
073   父の名までも呼び捨てに
074 されてもかえす言葉なし
075   待て待てしばし待てしばし
076 (わし)にも一つの(たま)がある。
077   (歌集「故山の夢」より)
078 今に自分が壮年になったなら、079小作階級を救おうと考えられたのは、080この頃でありました。081貧しい家に生まれながらも、082喜三郎少年は何か一つのほのぼのとした大きな希望の中に生長されたのでありました。