霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

七、小学校時代

インフォメーション
題名:07 小学校時代 著者:大本教学院・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 喜三郎さんが小学校在学中に一つの事件が起りました。002ある時、003吉田有年(ゆうねん)という先生から修身書を教っておられました。
004 修身書の中に大岡越前守(えちぜんのかみ)忠相という字句が出て来たところ、005先生は「タダアイ」と読んだので、006喜三郎さんは立って「タダスケです」と注意をされました。007先生はききませんでしたので、008喜三郎さんはどこまでも「タダスケ」を主張されました。009先生は大へんに怒って「貴様は生徒の分際として教師に反抗するとは不都合な奴だ」といって喜三郎さんの手首をぬけんばかりに引っぱって行こうとするので、010思わず校長先生の名を呼ばわりました。011隣室に教鞭をとっていた校長先生は驚いて走って来ました。
012 逐一事情を話されますと、013校長先生は本を見ながら大勢生徒のいる面前で「ここは生徒の読んだタダスケが本当だ、014君もモ少ししらべておき給え」といいました。
015 喜三郎少年の小さな胸はおさまりましたが、016吉田先生はそれ以来、017喜三郎さんを非常に憎みました。018一字でも一句でも、019読み誤りがあろうものなら、020なぐったり、021あさ縄の太いので後手にしばり上げたり、022大きな珠算(そろばん)の上に、023一時間あまりも坐らすというような乱暴をしました。024そればかりでなく、025乞食が通れば「喜三郎さまのお父さんが通る、026お母さんが通る」と指さし、027倒れかかった雪隠があると「喜三郎さまのリッパなお宅だ」と(あざけ)るので、028他の生徒までが面白がって手をうって笑うのでありました。029喜三郎さんは子供ながらも怒りの極点に達し、030ある日吉田先生の学校から帰る途中を待ちうけ、031青杉垣の中から竹の先きにクソをつけたまま先生の腰の辺を突きさし、032自宅へ逃げ帰られました。
033 これが学校の問題となって、034吉田先生は免職となり、035喜三郎さんも退校を命ぜられました。036しかし数日後に喜三郎さんは吉田先生の代用教員として採用され、037下級の生徒に教鞭をとられることになりました。