霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

八、久兵衛池事件

インフォメーション
題名:08 久兵衛池事件 著者:大本教学院・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B100800c08
001 喜三郎さんは小学校の代用教員を一年ばかり勤めていましたが、002仏教の僧侶出の教員と、003神道のことについて衝突したのが原因で辞職されました。004明治十八年、005十五歳の秋から隣家の斎藤源治という豪農の家に奉公をされましたが、006翌年一つの事件が起りました。
007 上田家の屋敷の裏鬼門にあたるところに、008俗称久兵衛(きゅうべえ)(いけ)という池がありました。009この池は祟り池といわれたくらいで、010上田家の人がこれまで七人もこの池で溺死しました。011喜三郎さんも七歳のとき誤って落ちこまれ、012危いところを祖母の宇能子(うのこ)さんに助けられたことがあり、013弟の幸吉さんも溺死しようとしたので、014吉松(きちまつ)さんは思いきって池を埋めてしまおうと決心しました。015そのために上田家と村人との間に大問題が起ったのであります。
016 この池は灌漑用の池なので、017村人は埋めることに反対したのですが、018吉松さんは、019
020 「自分の所有地にある池を、021自分が埋めようがどうしようが勝手である」
022というので、023村人との間に争いとなりました。024地主や村会議員など村内の有力者たちは、025斎藤家にあつまって吉松さんをイヂめる相談をしました。
026 「吉松が池を埋めるというならば、027こちらにも彼を困らせる手段がいくらでもある。028元来、029吉松という奴は愚直な上に文盲(もんもう)で、030貧乏の子沢山で年寄りまでいるのだから、031地主同盟の上、032彼の小作の田地を皆とり上げてしまえば、033明日から食うに困って、034乞食でもするより外はないだろう。035上田の所有地を実測してみると、036二十坪ばかり余計になるから、037あの池は村の物だといって、038取り上げようではないか。039よもやあの貧乏人が、040裁判所へ訴えるようなことはようせぬだろう。041その上、042吉松は貧乏なので、043村中調べたら方々に金や米の借りがあるだろうから、044少しでも貸しのある者は皆こぞって催促して、045一泡吹かすのも面白かろう」
046 喜三郎さんは村人の相談を、047別の間で無念をこらえて聞いておられました。
048 喜三郎さんは村人たちが酔っぱらって引きあげるのを待って、049主人の斎藤源治氏に(いとま)を乞い、050家へ帰ろうとされますと、051主人が喜三郎さんを自分の部屋へ通して、052
053 「お前はさっきから村の人の話を聞いたであろう。054それがためお前はいま非常に激昂しているようだが、055心をしずめて私のいうことを聞いてくれ。056村の人はあんな風に申し合っているから、057万一お前のお父さんがガンばって抵抗するようなことでは、058この先きどんなことになるかも知れぬ。059そうなっては私もみる目がつらいから、060家へ帰って両親に得心するように、061懇々と話してやってくれ」
062ということでありました。
063 喜三郎少年は一言も発せず、064一心に瞑目されながら神さまにむかって、065
066 「何とぞ今回のことについては、067理非曲直を明かにさせて父母の苦衷をお救い下さい」
068と祈りおわって決心の色を面にあらわし、069
070 「こういう悪人どもの跋扈する村内には住みたくないから、071よし一家そろって乞食になり餓死しても、072かまって下さらないで下さい。073私たち親子はあくまでも正義のために死ぬ覚悟であります」
074といい放って、075断然暇をとって家へ帰られました。076家へ帰ってみると、077両親は非常に心配しておられましたが、078
079 「御心配なさいますな、080今に神様のお助けを仰いで、081正邪を明かにして御安心させますから」
082と、083やさしく父母をなぐさめ、084ただちに亀岡の伯母の家へ行って、085一部始終を話されますと、086伯父伯母も非常に怒って、087
088 「よし、089そういう次第ならあくまでも正々堂々と戦え、090万一の場合には自分らが引きうけてやる」
091といってくれましたので、092百万の援軍を得たように喜びいさんで帰宅されました。
093 翌日金剛寺という寺の広間で村の総寄合が開かれましたので、094喜三郎さんは父の代理として出席し、095堂々と戦いましたところ、096村人も正義には適し難く「それでは年々報酬を出すことにして借りるわけにはゆくまいか」と弱音を吐き出しました。097結局、098村から毎年玄米一斗五升出して借りることとして契約書をとりかわし、099久兵衛池事件は落着を告げました。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。