霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

九、青年時代

インフォメーション
題名:09 青年時代 著者:大本教学院・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B100800c09
001 喜三郎さんは山で(たきぎ)を刈り、002それを京都市まで荷車ではこび、003わずかの賃金を得て、004家の生計を助けられました。005穴太の田舎から六、006七里もある京都へ出られるのですから、007その苦労は思いやられます。008喜三郎さんは真夜中の道を車を引いて帰られました。009雨や雪の降る日は、010ことさらに苦しい思いをされました。
011 何故(なにゆえ)にわれかくのごとく不遇なる
012    家に()れしかとかこちてもみし
013 これは聖師が当時を想起して詠まれた歌であります。
014 喜三郎さんは近所の夜学にかよって漢籍や経文を習われたり、015また「日本書紀」「日本外史」のような国学を勉強されたりしました。
016 十八歳の春から喜三郎さんは村で発行された「あほら誌」という雑誌に、017狂歌、018狂句、019都々逸(どどいつ)020戯文などを作って投書し、021それが発表されるのを唯一の慰安とされました。022冠句の宗匠について冠句を学び、023天才的ひらめきを示して人々を驚かしたというのも、024この頃のことであります。
025 喜三郎さんは少年の頃から敬神の念があつく、026二十二・三歳のとき、027毎夜産土神社に参詣して迷信家だとわらわれましたので、028ひと眼をしのんで毎夜参詣されました。029ある夜、030喜三郎さんは「われを世に立たせ給え」と祈願をこらし、031神前にたたずんでおられますと、032駒のひづめの音が聞えて来て、033闇の中に白馬にまたがった異様の神人が近づいて来るのが拝されました。
034 明治の新時代になったとはいえ、035封建時代の因習の深く根ざしている田舎では、036小作人の生活は今日からみれば比較にならない程のみじめなものでありました。037そうした小作のせがれとして生まれ、038貧苦の中に生長した喜三郎さんが青年時代に青年特有の覇気をもたれたであろうことは、039むしろ当然であったでありましょう。
040 喜三郎さんが幼少年の時代から青年時代になっても、041常にあこがれの的となっていたのは、042むかし明智光秀(みつひで)の居城であった亀山の城趾でありました。
043 いとけなき頃は雲間に天守閣
044    白壁映えしをなつかしみけり
045 旧城趾落ちたる瓦の(きれ)あつめ
046    城のかたちを造りて遊びぬ
047  (歌集「故山の夢」より)
048 旧城趾にそびえ立つ銀杏樹(いちょう)の下にたたずまれて喜三郎さんは幾度か心を動かされたことでありましょう。049亀岡古世(こせ)(まち)の伯母の家を訪れた時は、050喜三郎さんはよく帰りに城趾に立ち寄られました。051城趾が年々に荒廃してゆくのを見て喜三郎さんは涙を流されたこともありました。052栄枯盛衰は世の習いとはいえ、053英雄の心事を想って深き思いに沈まれたこともありました。