霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

一〇、獣医学の研究

インフォメーション
題名:10 獣医学の研究 著者:大本教学院・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 明治二十六年七月、002二十三歳の時であります。003喜三郎さんは園部(そのべ)現・南丹市園部町従兄(いとこ)で獣医をしている井上直吉(なおきち)氏のところで、004獣医学を研究されることになりましたが、005研究というのは名ばかりで、006牧畜場の世話をさせられたのであります。
007 当時近所の南陽寺曹洞宗の禅寺に国学の大家(たいか)・岡田惟平(これひら)翁が来ましたので、008昼の労働につかれた身体を奮いおこして、009夜間岡田翁について国学の研究に熱中されました。010また南陽寺で毎月開かれる歌会に出席されたり、011俳句に趣味をもたれたのも、012この頃のことであります。
013 喜三郎さんは学校教育としては小学校の三年までしか行かれませんでしたが、014学問はいろいろな方面にわたって造詣があり、015ことに国学にいたっては追随をゆるさぬものがありました。016園部で書生をされていた頃は、017ふところから本を離さなかったということであります。
018 喜三郎さんは獣医学の研究に従事されましたが、019明治二十八年二月、020二十五歳のとき、021園部を辞して穴太に帰られました。022獣医の試験に合格されたので、023精乳館という牛乳搾取場を穴太に設立されることになりました。024喜三郎さんは牛を飼うことから搾乳、025配達、026経営など、027ほとんど一手でやられたのですから、028実に多忙をきわめた生活でありました。
029 二十七歳まで聖師の前半生は、030実に貧乏と労働と研究の連続だったのであります。
031 こうした労働生活の中にあった喜三郎青年を、032いつも慰めたものは文芸でありました。033また二十一・二歳の頃、034ホゴ紙の裏に絵をかいて楽しまれたり、035また師匠について浄瑠璃や舞曲を習われたこともありました。