霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

一二、青年時代の煩悶

インフォメーション
題名:12 青年時代の煩悶 著者:大本教学院・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-09-25 20:05:11 OBC :B100800c12
001 喜三郎さんは青年時代には誰にもあり勝ちな思想動揺期における煩悶を経験されました。002十三歳ぐらいの時に、003この世の中は、004何とかして救われなければならぬと、005おぼろげながら考えられたことがありますが、006青年時代になって、007真剣にこの問題にとりくまれました。
008 富者を見ても、009貧者を見ても、010当時の喜三郎さんの胸には常に一つの疑問が去来しました。011一体、012土地といい、013資本といい、014一さいの生産機関なるものは、015人類全体を幸福に生活させるために、016天から与えられたものではあるまいか。017それを地主や資本家なるものが、018その利益を自由に壟断(ろうだん)ひとりじめすることしているのであるが、019何の理由があり、020何の徳があり、021何の権利があって、022そうしているのであろうか。
023 宗教は慈悲博愛を鼓吹するとも、024いまだ現世を救うにいたらず、025ただ死後の楽園を想像せしめて、026われわれの心中にわずかに慰めを与えるに過ぎない。027教育は、028多大の知識を与えるけれども、029半日の衣食をも産出するものではない。030また道徳の最低限度を標準として作られた法律は、031よく人の行為を責罰するとも、032人類を天国の人たらしめる道具ではない。033海陸の軍備は充実するとも、034国防の上には役立つが、035多数の苦しんでいる人類を幸福に生活せしめる利器ではない。036どうしたらこの矛盾せる社会を一掃して天国化することができるであろうか。
037 世界の現状を見れば、038人類の苦悩と飢凍(きとう)とは日一日と迫って来る。039これを黙視していいもであろうか。040これが真理、041正義、042人道なのであろうか。043──こうした疑問が絶えず喜三郎青年の胸中に去来していたのでありました。
044 しかし、045この疑問に対して、046根本的の解決を与えてくれるものは何もなかったのであります。047今日であったら、048喜三郎さんは左翼の運動にでも走りかねまじき疑惑にぶつかられたのであります。
049 よく世間にはインチキな侠客があって、050弱いものイジメをしたり、051酒をのんでは暴行をはたらいたり、052バクチをしては村の風紀を乱したりすることがあります。053喜三郎さんは父吉松氏の死後一ヵ年7月21日から翌年2月末までなので約7ヶ月。一年もない、約半年の間に、054そうした無頼漢を向うへまわしてよく喧嘩をされたり、055喧嘩の仲裁をされたりしました。056喜三郎さんの度胸がいいのをみて、057ある侠客は自分の家の養子にしようとしたくらいでありました。
058 喧嘩の仲裁がウマく行くと、059たちまち評判が高くなって、060喧嘩の仲裁は喜三(きさ)やんに限るというふうに村の者におだてられ、061しまいにはどこかに喧嘩がないかと探すようになりました。062そうなって参りますと、063久兵衛池事件以来、064弱者に対する同情と強者に対する反抗とが一つになって、065いっそのこと弱い者を助け、066強い者をくじく侠客──明治の播髄院(ばんずいいん)長兵衛江戸初期の有名な侠客になってやろうかと考えられるようになり、067わずか一年足らずの間に前後九回も大きな衝突をされ、068無頼漢から恨みを買われたのであります。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)