霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

一七、開祖との会見

インフォメーション
題名:17 開祖との会見 著者:大本教学院・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B100800c17
001 明治三十一年の旧六月に入ったある日のこと、002喜三郎さんが産土神社に参拝された時、003左の神示に接しられました。
004 「一日も早く西北の方をさして行け。005神界の仕組(しぐみ)がしてある。006お前の来るのを待っている人がある。007何事にも頓着なく速かにここを立って園部(そのべ)の方へ向って行け」
008 ここに喜三郎さんは故郷を後に出発されました。009旧六月の暑い日のことであります。
010 喜三郎さんは山陰道の八木(やぎ)現・南丹市八木町虎天堰(とらてんいね)というところの枝ぶりのよい老松をひかえた一軒の茶店に休まれました。011茶店の女主人は、012喜三郎さんにむかって
013 「あなたは何をなさる方ですか」
014と尋ねますと、015喜三郎さんは
016 「私は神さまを調べる役だ」
017と答えられました。018その女主人は非常に喜んで
019 「実は私の母はいま綾部(あやべ)におりますが、020にわかに(うしとら)金神(こんじん)さんがおうつりなさって、021沢山の人がお神徳をいただいています。022母にうつった神様のおっしゃるには、023私の身上(みじょう)をわけてくれる者は東から出て来る。024そのお方さえ見えたならば、025出口直の身上はわかってくるとおっしゃいましたので私ら夫婦はわざとこの道ばたに茶店を開いて往来(ゆきき)の人さんに休んで貰い、026母の言ったお方を探しておりました。027あなたのことかと思われてなりません。028どうぞ一度母の身上を調べてやって下さりませぬか。029これが母の神様がお書きになったお筆先(ふでさき)でございます」
030と出して見せたのが、031バラバラの一枚書きの筆先でありました。
032 喜三郎さんはこれを手にとって御覧になりますと、033一見、034折れ釘みたいな文字ですが、035一種の風格をそなえているのと、036その内容は御自分がかつて高熊山の修行中に見聞したことによく符合するので、037非常におどろき、038近日のうちに綾部へ行くことを約束されて女主人と別れられました。039この女主人というのが、040大本開祖・出口直子刀自(とじ)刀自は年輩の婦人に対する尊称の三女・福島久子(ひさこ)さんだったのであります。
041 喜三郎さんは久子さんと約束をして八木を立ち去り、042園部の広田屋という宿屋におちつき、043宣伝をされ、044信者も次第にふえて来ましたが、045久子さんとの約束を思い出されまして、046旧八月二十三日、047綾部の裏町に開祖・出口直子刀自を訪問されました。048これが開祖と聖師との最初の会見であります。
049 この当時、050開祖を世話していたのが金光教(こんこうきょう)教会の受持教師・足立正信(まさのぶ)氏でありました。
051 聖師は開祖の宅に二泊されましたが、052未だ時期至らずとして開祖に(いとま)をつげ、053園部に引きかえし、054園部を中心に附近の宣伝に従事されました。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。