霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

一九、聖師と筆先

インフォメーション
題名:19 聖師と筆先 著者:大本教学院・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 話は元にもどりますが、002聖師は二度目に大本に来られてから、003本町の西村庄兵衛氏の離れ座敷で、004筆先をしらべておられましたところ、005どことなく不可解な箇所が日々に発見されてくるようで、006筆先を絶対に信ずることが出来ませんでした。007当時の煩悶を聖師は次のように書いておられます。
008 「私は非常な煩悶をおぼえ、009ついには神諭を見るのがいやになり、010到底我々の信仰に適しないものと断定して、011綾部の地を立ち去る考えをおこしておりますと、012出口開祖様から、013お筆先が出たから上田さんに一読を願いたいと、014使いの人に持たせて送られましたから、015また例のくだらぬ神諭じゃなと、016心中いささか軽侮の念で拝読すると、017上田は神界の経綸(しぐみ)で神がひきよせたのじゃ、018出口直の末子の澄子と神約がむすばれてあるから、019出口家の世つぎとなって、020大本の教えを開くべきものじゃ、021との神諭であります。
022 私はこれは全く開祖の神経で、023こんなことを書かれるのであろう、024と一笑に附しておりました。025……おまけに、026私が高熊山の修業中に、027なんじ今後十年の間は修業の時機なり、028大なる悪魔と戦い神の試験に合うべしと、029神人(しんじん)より教えられたる先入思想が時々勃発して、030開祖はいよいよ神人より教誡されたる悪魔に相違あるまい。031万々一あやまって悪魔の捕虜となって開祖を信じ、032かつ不可解至極の神諭を天下に流布して、033多数人の霊魂を汚読し、034迷妄に落すようなことがあっては、035それこそ天地いれざる大重罪悪ではあると思われてならぬ。036放火や殺人や強盗などは重罪ではあるが、037その罪悪にはかぎりがあるが、038思想上の犯罪は山野を焼く火のごとく無限である。039折角結構な日本国に、040しかも聖明の御世に生をうけたる幸福なる身魂(みたま)でありながら、041邪神の捕虜となり、042大切なる大神様の御子まで邪道にみちびくようなことになっては、043永遠無窮の大犯罪を重ねるので、044この上の恐ろしきものはないと考えました。045……」
046 大本の歴史の上で、047誰しもはじめ不可解に思うのは、048筆先に「男子(なんし)女子(にょし)との戦いで、049世界にあることを大本の中で見せてある」という事実にぶつかった時でありましょう。
050 この男子というのは、051筆先に変性(へんじょう)男子(なんし)(女体男霊)とあって開祖を指したものであり、052女子とは変性(へんじょう)女子(にょし)(男体女霊)とあって、053聖師を指されたものであります。054聖師の書かれた文章から見れば、055開祖を疑い、056筆先を疑って非常に煩悶されたことは明かでありますが、057内心ひとり煩悶しておられたのではなく、058開祖との間に神がかり状態で、059はげしい争いとなってあらわれたのであります。
060 神がかり状態が鎮まりますと、061開祖と聖師とは実に仲がよく、062開祖は聖師を頼りにされますし、063聖師は開祖を大切にされました。