霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

二一、神苑の拡張と造営

インフォメーション
題名:21 神苑の拡張と造営 著者:大本教学院・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 聖師が大本入りをされてから間もなく、002開祖に神がかりされた艮の金神の金と、003日の大神、004月の大神の月日を合せて、005金明会(きんめいかい)という会を組織しておられましたが、006明治四十一年八月一日に大日本修斎会と改称し、007それから「本教講習」「直霊軍(ちょくれいぐん)」などの宣伝機関の雑誌が発行されました。
008 さらに聖師は神教宣布にあたって、009言論機関の整備の、010特に大切なことをお考えになり、011「敷島新報」を創刊し、012聖師みずから印刷所において活字を拾われたり組まれたりされました。
013 また明治四十二年十一月二十二日、014弥仙山(みせんざん)から国常立(くにとこたちの)大神(おおかみ)の神霊を奉迎し、015翌四十三年神苑の拡張造営が始まり、016大正三年には西のお宮、017金龍殿(きんりゅうでん)が建ち、018ひきつづき金龍海(きんりゅうかい)の工事がはじまりました。019金龍海というのは、020神苑内の大きな池で、021池の中には大八洲(おおやしま)022沓島(めしま)023冠島(おしま)024六合(くに)大島(ひろじま)025矢的島(やまとじま)などが造られたのであります。
026 すべて工事は聖師のお指図どおりに着手されましたが、027綾部の町の人々は、028「大本ではあんなところへ大きな空池(からいけ)を掘っているが、029一体水はどうするつもりだろう」といっておったのであります。030献労奉仕をしていた信者自身にも腑におちかねていたのですが、031工事はぐんぐん進められました。
032 その時、033綾部町の下水へ落す水道の話がもち上りまして、034雨降りの時などに余り水を調節する必要上、035大きなタンクをつくらねばならぬことになったのでありますが、036予算がないので行きなやんでいました時に、037大本の神苑内に空池があるから、038それを使わしてもらったらよかろうというので、039町から大本へ交渉がありました。040こんなわけで、041第一期の土木工事がすむと、042水がまんまんとたたえられ、043すべてのことがキチリキチリと箱さしたように進んだのには、044町の人も信者も敬服したということであります。045ひきつづき大正四年に第二期の工事、046大正五年に第三期の工事というように進んで行き、047完成したのであります。
048 すべて大本の造営工事は、049神命のまにまに始められるのでありまして、050世間のように予算があって始めるのではないのでありますが、051それが箱さしたように運ばれてゆくのは不思議なくらいであります。