霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

二三、大本の発展

インフォメーション
題名:23 大本の発展 著者:大本教学院・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B100800c23
001 大正六年一月から雑誌「神霊界」が発行され、002開祖の筆先は大本神諭として、003はじめて発表されることになりました。004なお「綾部新聞」が発行されたのが十二月でありました。
005 大正六年旧三月十五日・(ひがし)石の宮の鎮座祭、006旧九月七日・神島遷宮祭、007旧十月十五日・大八洲神社鎮座祭というように神業(しんぎょう)は発展するとともに、008神苑内の造営工事は着々とすすんでゆきました。009大正五年の冬、010浅野和三郎(わさぶろう)氏が入信し、011大正六、012七年ごろから智識階級の人々が続々と入信して、013大本の名は全国的に注目されるようになりました。014それと同時に、015他の宗教家よりの攻撃となり、016新聞雑誌等の非難嘲笑となって来ました。017世の立替立直を呼号して、018傍若無人の態度で進出した大本が非難攻撃の的となったのは、019むしろ当然であったかも知れません。
020 大正七年、021聖師四十八歳の時、022旧十月三日、023開祖出口なお子刀自(とじ)は八十三歳をもって昇天されましたが、024その後は聖師がまったく矢表に立たれたのであります。
025 大正八年、026九年という年は大本が最も積極的活動をつづけた年でありまして、027大正八年には教祖殿、028弥勒(みろく)殿、029黄金閣(おうごんかく)030教主殿等の立柱式、031上棟式、032落成式などがおこなわれ、033作業課は昼夜兼行の多忙をきわめるとともに、034神苑の面目が一新されました。035本宮山が大本の手に入ったのも、036亀岡城趾が大本の所有となったのも、037みな大正八年であります。038大正九年には綾部の至聖殿の工事が完成し、039亀岡には大道場が落成して八月五日から十日間、040夏季講習会が開かれ、041大阪の大正日々新聞の買収、042引きつづき八月二十五日から大本の経営によって日刊新聞が発刊されることになりました。043綾部においては本宮山(ほんぐうやま)神殿の上棟式が行われ、044大本は隆々たる勢いをもって発展して行きました。