霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

三一、明光社の設立

インフォメーション
題名:31 明光社の設立 著者:大本教学院・編
ページ: 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 聖師は昭和三年三月、002芸術と宗教の一致を目ざして亀岡に明光社(めいこうしゃ)を設立し、003雑誌「明光」を発行されました。
004 聖師は芸術の道を指導されるのにも、005初めから高級なものでなく、006冠句を大衆文芸として奨励され、007雑誌「月光」を発行し、008それから「月明(げつめい)」と改題して短歌を奨励され、009それが「明光」と改題されることになったのであります。
010 冠句(かんく)011沓句(くつく)は、012老人にも子供にも、013男にも女にも、014だれにでも作れるもので、015いくらでも発展進歩の余地があるからであり、016和歌はすべての人が詠むべきものであると、017特に力を入れられたものであります。
018 聖師は十万歌集を出版しようとされたくらい、019多くの歌をつくっておられますが、020昭和六年五月から二カ年の間に出版された歌集だけでも「花明山(かめやま)」「彗星」「故山(こざん)の夢」「霞の奥」「(あづま)の光」「霧の海」「白童子」「青嵐(せいらん)」「公孫樹(こうそんじゅ)」「浪の音」「山と海」があります。
021 昭和五年の秋、022聖師が歌壇に進出するや、023異常なセンセーションをよび起こしたことは、024世人の知るところであります。
025 聖師の歌集をひもとく時、026聖師の事跡性行はもちろんのこと、027その教を知ることができると同時に、028無数の人事的好題目をとらえて詠んでおられるので、029世界維新の真相は彷彿として現れてくるのであります。
030 綾部、031亀岡をはじめ全国各地に聖師の歌碑が建てられました。
032 聖師は作歌のほかに、033書画に、034陶芸に、035建築に全霊をうちこんで精進されました。
036 昭和五年三月より五月まで京都にひらかれた宗教博覧会に参加し、037大本特設館を建てて聖師の作品、038――書画、039楽焼(らくやき)等を展示しましたところ、040大衆の驚異の的となり、041人々は聖師の作品を通じて大本を見直したのであります。
042 亀岡天恩郷(てんおんきょう)の石造りの月宮殿や神苑の造園には、043専門家が驚きの目を見はりました。
044 聖師が「明光」誌に応募した歌や句の選をされ、045色紙短冊に染筆し、046拇印をおして月々賞品として出されるだけでも、047実におびただしい数に上りました。
048 生田(いくた)蝶介(ちょうすけ)氏が「古今東西、049宗教は多く峻厳、050松の木ばかりであるが、051氏の宗教は松の木ばかりの泰山(たいざん)でなく、052花咲きにおう人間味豊かな『やまとごころ』の泰山なのである。053歌はやまとごころの大道(だいどう)である」と批評しているように、054聖師の生活は芸術と宗教の一体を具現されていたのであります。
055 また聖師が霊界物語を神劇として上演され、056自ら舞台に立たれたり、057霊界物語、058自叙伝その他の映画化に先鞭をつけられたことも、059見落してはならない芸術的活動の一面でありましょう。