霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

いろは歌 其の一

インフォメーション
題名:いろは歌 其の一 著者:
ページ:9 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例:2017/9/15校正。 データ最終更新日:2017-09-19 16:46:38 OBC :B115003c04
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]
  1. 神霊界 > 大正6年12月1日号(第54号) > いろは神歌
  2. 神霊界 > 大正7年1月1日号(第55号) > いろは神歌(つづき)
001鹿(かるが)神霊界では「何鹿」(こほり)綾部の本宮(ほんぐう)の、002拾里四方は宮の内、003下津(したつ)岩根(いはね)(うづ)の国、004高天原(たかあまはら)(たた)えつつ、005(あめ)()(かみ)八百万(やほろろづ)006(つち)()(かみ)八百万、007(あつま)りまして幽世(かくりよ)と、008(うつ)つの世をば()ろしめす、009(その)神業(かみわざ)神議(かむはか)り、010(はか)り玉ひて常夜(とこよ)(ゆく)011烏羽玉(うばたま)の世を(てら)さむと、012伊都(いづ)御魂(みたま)()れまして、013天津(あまつ)日嗣(ひつぎ)の動ぎなく、014目出度(めでたき)御代(みよ)を松の世の、015常磐(ときは)堅磐(かきは)(いしずえ)を、016搗固(つきかた)めます(たま)の地を、017知らずに(くら)す世の人の、018心の空の(あだ)曇り、019()るる(よし)なき憐れさよ。
020んどんのカラの都に預けたる、021金山姫(かなやまひめ)御宝(みたから)は、022何時(いつ)(かへ)()(すべ)()み、023御姿(みすがた)さえも瑞穂国(みづほくに)024豊葦原(とよあしはら)中国(なかくに)の、025(ちから)を削る曲津霊(まがつひ)は、026英米西(えべす)大国(だいこく)西の海、027底の藻屑(もくず)と鳴る神に、028(ほぞ)()られし姿なり。
029(やす)の彦の神言(みこと)(あら)はれて、030雲井(くもゐ)(かか)群雲(むらくも)を、031伊吹(いぶ)(はな)ちて春日(かすが)なる、032天津(あまつ)日蔭(ひかげ)(くま)も無く、033輝き渡る日の本の、034国の稜威(みいづ)弥高(いやたか)く、035鳴戸の海の弥深(いやふか)き、036神の(めぐみ)の鳴り鳴りて、037鳴りも合はさる仇波(あだなみ)を、038大海原(おほうなばら)加々(かが)(のみ)て、039世の大本の一筋(ひとすじ)の、040誠の神の()べ玉ふ、041国常立(くにとこたち)の神の()を、042(きた)さん為に三千歳(みちとせ)の、043()御代(みよ)を松の大本神の出口の(かし)こけれ。
044(ひがし)(みなみ)と北の荒海(あらうみ)に、045(ふね)充ち続け寄せ(きた)る、046(しこ)(すさ)びの(たけ)(とも)047御空(みそら)(ふる)鳥船(とりふね)の、048羽音(はおと)如何(いか)に高くとも、049空より降らす迦具槌(かぐづち)の、050()ツの(みやこ)夜芸男(やぎはやを)神霊界では「夜芸速男」だが、王仁文庫では「夜芸男」になっている。051如何(いか)なる神の(たけ)びにも、052少しも()ぢぬ日の本の国に(さちは)言霊(ことたま)の、053水火(いき)にカラ(とり)の、054(きも)を抜かれて落ち此方(こち)に、055神の稜威(みいづ)(いち)じるく、056(かしら)(つち)逆様(さかしま)に、057神の御国(みくに)何時(いつ)までも、058仇波(あだなみ)立たぬ松の代と、059駿河(するが)の国の不二(ふじ)の山、060気高(けだか)き姿を神霊界では「姿の」だが、王仁文庫では「姿を」。其儘(そのまま)に、061世界の上に(そび)ゆなり。
062()神霊界では「保日」。(みこと)の現はれて、063海の内外(うちと)の嫌ひなく、064降らす血雨(ちあめ)の河と成り、065(かばね)は積みて山を為す、066カラクレナイの敷島の、067赤き心は日本魂(やまとだま)068火にさへ焼けぬ国魂(くにたま)の、069光り輝く時となり、070体主霊従(から)身魂(みたま)を焼き尽し、071水火(みづほ)の国の中津国(なかつくに)072下津(したつ)岩根(いはね)に現はれし、073(いづ)御魂(みたま)勲功(いさほし)の、074天照(あまて)御代(みよ)(たの)もしさ。
075だて無き、076神の恵みは弥高(いやたか)き、077高天原(たかあまはら)()れまして、078乱れ果て神霊界では「界て」になっているが誤字か?たる(うつし)し世の、079諸々(もも)人草(ひとぐさ)(すく)はむと、080誠の道をたてよこの、081二柱神(ふたつのかみ)勲功(いさほし)は、082天之岩戸を開くなる、083奇磐間戸(くしいはまど)手力男(たぢからを)084日本(やまと)の人も外国人(からびと)も、085神の(をしへ)手撫槌(てなづち)や、086足撫(あしな)の道に迷ひたる、087身魂(みたま)()きに導びきて、088ミロクの神の守ります、089常磐(ときは)の松の神の世に、090(かへ)して()ぶる世の(もと)の、091国常立の神ぞ(たふ)とき。
092(くに)(しこ)仇浪(あだなみ)いや(たけ)く、093秋津島根に打寄(うちよ)せて、094国の半分(なかは)神霊界では「中分」。を洗ひ去り、095浪花(なには)の土を(けが)しつつ、096五十鈴川(いそすずがは)に襲ひ来て、097清き宮川(みやかは)(どろ)と為し、098御国(みくに)(たま)を盗まむと、099深き奸計(たくみ)三重県(みえあがた)100尾張(をはり)半田(はんだ)に押寄せて、101手配(てくば)り為せる(その)刹那(ひま)に、102伊勢の神風(かみかぜ)吹起(ふきおこ)り、103(いか)れる(なみ)の物凄く、104心の黒き黒船の、105浮瀬(うきせ)に沈む神罰(いましめ)の、106(たちま)ち来ると白人(しらひと)の、107国の(すゑ)こそ憐れなりけれ。神霊界では「なりけり」。
108早振(はやふる)神霊界では「千早振」。神代(かみよ)ながらの神国(かみくに)の、109千代も八千代も(ゆる)ぎなき、110天津(あまつ)日嗣(ひつぎ)大君(おほきみ)は、111豊葦原(とよあしはら)中津国(なかつくに)112瑞穂の国の主師親(おほもと)と、113現はれまして(あめ)(した)114四方(よも)の国々(くま)もなく、115言向平(ことむけやは)御恵(みめぐみ)の、116(つゆ)御玉(みたま)(うるほ)ひし、117日本(やまと)御国(みくに)民草(たみくさ)は、118(あが)大君(おほぎみ)知食(しろしめ)す、119大御(おほみ)神業(みわざ)にあななひて、120内外(うちと)の国を(たす)()き、121神の(よさ)しの天職(かんわざ)を、122身も棚知(たなし)らに弥広(いやひろ)に、123(つく)日本(やまと)の神の子()
124(きう)につづく台湾澎湖島(ぼうこたう)神霊界では「ボウコ島」。澎湖(ほうこ、ポンフー)諸島のこと。台湾島の西約50キロのところにある。125御国(みくに)に遠きこの島に、126心を配れ日本人(やまとびと)127外国魂(とつくにたま)のここかしこ、128国売る(まが)の多くして、129主人(あるじ)の留守の()(なべ)たき、130柱を崩すカミ(ばか)り、131ヤンキーモンキー騒ぐとも、132降る(あめ)リカを妨ぐ(よし)なし。
133さ採りて和知(わち)の川辺に祈りつつ、134この世の泥を(すす)がむと、135明治の二十五年より、136(すぐ)なる針に()も附けず、137川王(かはわう)(こひ)のツレ無くも、138(ふな)諸魚(もろを)(くず)のみぞ、139神の(めぐみ)(いと)長く、140釣下(つりおろ)ろしたる一筋(ひとすぢ)の、141誠の(みづ)(たましひ)が、142かかり玉ひし益良夫(ますらを)の、143釣り合ふ御魂(みたま)男子(なんし)女子(によし)144太公望(たいこうばう)大望(たいまう)も、145西伯文王(せいはくぶんのう)見出(みいだ)され、146国を治めし古事(ふるごと)の、147()(あた)り北の空、148光り輝き渡るなる、149神の大橋いや太く、150掛けし祈りの(たふ)とけれ。
151(らん)(あや)ふき国と成り成りて、152成り合はざりし異国(ことくに)の、153国王(こくしゆ)(くら)(おろ)されて、154夏なほ寒き西伯利亜(しべりあ)の、155荒野(あれの)(はて)退()らはれし、156スラブ王家(わうけ)の憐れさは、157聞くも涙の(たね)なれど、158(わが)神国(かみくに)刃向(はむか)ひし、159支那もスラブも天命の、160(のが)れぬ道と覚悟せよ。161続いて()()つカラの国、162神の御国(みくに)(あだ)を為す、163報いは今に火の車、164乗りて奈落ヘ(おち)ぶれの、165悪魔の(かみ)ぞ憐れなる。神霊界では「なり」
166大蛇(おろち)(おほかみ)よりも恐ろしき、167異国魂(ことくにたま)奸計(まがわざ)は、168口に(みつ)をば含み(つつ)169尻に(けん)持つ蜂の(ごと)170大砲(おほつつ)小砲(こづつ)兵器(つはもの)を、171残らず反古(ほご)の紙と為し、172尻の穴まで見済(みすま)して、173(とき)待つ時の火車(ひぐるま)を、174御国(みくに)の空に轟かし、175(かす)め取らんと曲津神(まがつかみ)176企みは()にも良けれども、177日本(やまと)の国は昔より、178神の御幸(みさち)ちの強き国、179人は三分(さんぶ)に減るとても、180神の身魂(みたま)永遠(とこしへ)に、181続く常磐(ときは)神国(かみくに)ぞ、182異国魂(ことくにたま)の世の末と、183成り(さだ)まりし幽世(かくりよ)の、184神の経綸(しぐみ)白人(しらひと)の、185世の(をは)りこそ憐れなりけれ。神霊界では「けり」
186津見(つみ)の神の宮居(みやゐ)に鎮まりし、187玉依姫(たまよりひめ)の現はれて、188(あや)高天(たかま)(のぼ)()し、189御供(みとも)の神も数多(かずおほ)く、190(つど)い来まして斯度(このたび)の、191神世(かみよ)経綸(しぐみ)助けむと、192金竜界(きんりうかい)の島々に、193今は潜みて時津風(ときつかぜ)194松の神代(かみよ)と成る迄は、195水分(みくまり)の神志那津彦(しなづひこ)196(いはお)の神や地震(ないふる)の、197荒々(あらあら)しくも荒れの神、198一度に(ひら)竜神(たつかみ)の、199伊都(いづ)雄猛(をたけ)弥猛(いやたけ)く、200天地(あめつち)四方(よも)の国々も、201海山(うみやま)河野(かはぬ)生物(いきもの)も、202(ふる)(おのの)き地に附きて、203(まなこ)も鼻も(みみ)(くち)も、204何と詮方(せんかた)泣声(なくこゑ)も、205(とどろ)き渡る皇神(すめがみ)の、206言葉の(たま)の限り無く、207鳴り渡る時(えら)まれし、208日本心(やまとごころ)身魂(みたま)のみ、209次の神代(かみよ)御柱(みはしら)と、210栄誉(ほまれ)と共に残るなり。
211くり()(うつ)つの世をも押並(おしな)べて、212天津(あまつ)御祖(みおや)大神(おほかみ)の、213()さし玉ひし其儘(そのまま)の、214清き神代(かみよ)御政(みまつり)に、215()(かへ)さむと梓弓(あづさゆみ)216(いはほ)()ほす敏心(とごころ)の、217日本心(やまとごころ)弥固(いやかた)き、218矢竹心(やたけごころ)(かしこ)くも、219世をうしとらの皇神(すめかみ)が、220下津岩根(したついはね)に現はれて、221乱れたる世を(ただ)さむと、222月日(つきひ)さまねく一筋(ひとすじ)に、223誠の道を(あか)しつつ、224(いそ)しみ玉ふ惟神(かむながら)225神の出口の勇ましき。
226()でし守護神(まもりがみ)()の鼻高く、227雲井(くもゐ)の空に(はびこ)こりて、228天津日蔭(ひかげ)御光(みひか)りを、229包みかくして葦原(あしはら)の、230中津御国(みくに)を曇らせつ、231(しも)国民(くにたみ)の苦しみを、232余所(よそ)に眺めて()れの身の、233しがく(ばか)りに日も足らず、234月日を送る曲津日(まがつひ)は、235落ちて散り行く(あき)の野の、236木の葉の(はて)ぞ憐れにも、237踏み付けおきし民草(たみくさ)の、238足に(ふま)れて泥まぶれ、239泥海(どろうみ)の世を固めたる、240国の御祖(みおや)大神(おほかみ)の、241御袖(みそで)(すが)(なげ)くとも、242神の審判(さばき)(あきら)けく、243罪の(かく)るるスキも泣き、244人の(はて)こそ憐れなれ。神霊界では「なり」
245よりなき、246世の人々に便(たよ)るより、247神の御教(みのり)にたよりなば、248(この)世の中に恐るべき、249物は一つも荒魂(あらみたま)250神の力に勇ましく、251楽しく渡る和田の原、252(へだて)て遠き外国(とつくに)の、253(はて)しも知らに行くとても、254天津日蔭(ひかげ)の照る限り、255安く守らせ玉ひつつ、256恩頼(みたまのふゆ)(さちは)ひて、257国の(ほま)れと諸共(もろとも)に、258(のこ)勲功(いさほし)千代八千代、259万代(よろづよ)迄も日本(ひのもと)の、260御魂(みたま)を照らせ日本(やまと)益良雄(ますらを)
261(がふ)の国の(いくさ)は強くとも、262心は割れて()ツ五ツ(いつ)263いつか勝負の(はて)も無く、264力は既にイングリス、265(とどめ)以太利(いたり)(あめ)リカの、266フランス(あと)地固(じかた)めの、267望みもつきてカイゼルの、268甲斐なき(をは)り世の終り、269(かね)兵糧(ひやうろう)も尽き果てて、270(かたみ)(ほぞ)を噛みながら、271()()神霊界では「懲」ではなく「凝」りづまに向きを替ヘ、272良き支那物(しなもの)(うば)はんと、273(いのち)限りに寄せ(きた)る、274其時(そのとき)こそは面白き、275(ここ)に仁義の神の国、276豊葦原(とよあしはら)の足に掛け、277()()ららかし息の根を、278絶ちて悪魔を絶滅(うちたを)し、279世界一つに()べ守り、280祭政一致(かみよながら)神政(みまつり)を、281天地(てんち)と共に(たの)しまむ。
282しもりの山に天降(あも)りし素盞嗚男(すさのを)王仁文庫では「嗚」ではなく「鳴」が使われているが誤字だと思われる。神霊界では「嗚」。の、283神の(みこと)(かし)こくも、284(あや)高天(たかま)に昇りまし、285国に(あだ)為す鬼大蛇(をろち)286天津醜女(しこめ)曲津霊(まがつひ)を、287十握(とつか)(つるぎ)抜き持ちて、288切り(たて)()ぎ立て遠近(をちこち)の、289山の尾(ごと)に斬り(なび)け、290河の瀬(ごと)に追い払ひ、291はらひ清めて四方(よも)の国、292草の片葉(かきは)に至る迄、293救ひ助けて(うしとら)の、294皇大神(すめおほかみ)諸共(もろとも)に、295二度目の天の岩戸をば、296()けて目出度(めでたき)(うま)の春、297(あま)斑駒(ふちこま)逆剥(さかは)ぎの、298世の醜魂(しこたま)()ちも無く、299退(やら)ひに退(やら)ひて草薙(くさなぎ)の、300心の(つるぎ)皇神(すめかみ)に、301供え(まつ)りて瑞穂国(みづほくに)302(みづ)御魂(みたま)(うる)はしき、303勲功(いさほ)辰巳(たつみ)(うま)の年、304未申(ひつじさる)なる皇神(すめかみ)の、305(たた)へを(とり)の秋の空、306(にしき)織りなす紅葉(もみぢば)の、307赤き心の現はれて、308鬼さえ(いぬ)(あめ)(した)309治まる御代(みよ)(この)神の、310()にしへよりの勲功(いさほ)ぞと、311青人草(あをひとぐさ)の仰ぐ世を、312松と梅との花の大本(おほもと)
313きも日も隠れて見えぬ叢雲(むらくも)の、314中にも神の(めぐみ)あり、315人を()()ふ鬼大蛇(をろち)316地震雷鳴(かみなり)火の雨も、317少しも()ぢぬ正人(まさびと)は、318男女(をのこをみな)(わか)ち無く、319神の守りし人ぞかし。320マサカの時の(つゑ)()り、321(ちから)()るは信仰(うべない)の、322徳より(ほか)に何も無し。323神の御子(みこ)なる人の身は、324神を誠の親と為し、325心の限り身の限り、326仕へ(まつ)りて天地(あめつち)の、327(もも)(たけ)びも心安(うらやす)く、328(しの)(しの)ぎて松の代の、329人の鏡と(なる)神の、330(とど)ろき渡る高き名を、331千代に伝へて神国(かみくに)の、332国の真柱(みはしら)()き固め、333勲功(いさほ)(たて)万代(よろづよ)に。
334の国に落行(おちゆ)霊魂(みたま)を救はむと、335(いづ)御魂(みたま)大御神(おほみかみ)336(みづ)御魂(みたま)諸共(もろとも)に、337(あや)高天(たかま)に現はれて、338竜宮館(りうぐうやかた)の渡し場に、339救世(ぐせい)の船を(うか)べつつ、340待たせ給へど烏羽玉(うばたま)の、341(やみ)に迷ヘる人草(ひとぐさ)は、342取り(つく)島も荒塩(あらしほ)の、343(しほ)八百路(やほじ)八塩路(やしほじ)の、344(なみ)に漂よひ迷ひつつ、345沖の彼方(あなた)()せ行くを、346救ひの船に(さを)神霊界でも王仁文庫でも「掉」が使われているが、一般に「さお」と言えば「棹」の字を使う。さして、347呼ベど叫ベど不知火(しらぬひ)の、348(なみ)のまにまに隠れつつ、349海の藻屑(もくず)鳴戸灘(なるとなだ)350(あや)ふき(うづ)に近寄りて、351行衛(ゆくゑ)も波の底の国、352流れ行くこそ悲しけれ。
353波津(はづ)に咲くや()(はな)冬籠(ふゆごも)り、354今を春辺(はるべ)咲匂(さきにほ)ふ、355(あが)大神の言霊の、356鳴り渡ります(たつ)の春、357御稜威もたかき大和路の神霊界では「御稜威もたかき大和路の」ではなく「罪も穢れも内藤の、家に集える信者を、大本王仁が引連れて、御稜威もたかき神の森、大阪本の文雄大人、其他あまた伴なひて、大和の国に名も高き」になっている。358畝火(うねび)の山に参上(まいのぼ)り、359四方(よも)の国々見はるかし、360蜻蛉(あきつ)臀呫(となめ)せるかもと神霊界では「臀咋せる国と」361()らせ給ひし神倭(かんやまと)362磐余(いはれ)(きみ)(いつ)きたる、363(いと)(かし)こき橿原(かしはら)の、364(うづ)御宮殿(みあらか)伏し拝み、365皇御国(すめらみくに)(さちは)ひを、366赤心(まごころ)籠めて祈りけり。
367うそくの我身(わがみ)(こが)して(やみ)()を、368(てら)すは神の御心(みこころ)ぞ。369神に仕へしともがらは、370世の(ため)人の為ならば、371家をも身をも省みず、372人の(そし)りも斑駒(ふちこま)の、373耳に東風(こち)吹く心地(ここち)して、374世人(よびと)の為に(つく)さむと、375朝な夕なに命毛(いのちげ)の、376(ふで)()()して千早振(ちはやふる)377神の御教(みのり)を説き給ふ、378教御祖(をしへみおや)勲功(いさほし)は、379高天原(たかあまはら)と現はれて、380四方(よも)民草(たみくさ)(なび)けつつ、381神の出口(でぐち)道開(みちびら)き、382広き斯世(このよ)の宝ぞと、383(あめ)()す神(くに)の神、384(よろ)こび勇み()で玉ふ、385(にしき)(はた)目出度(めでた)けれ。
386かしより花に名高き吉野山(よしのやま)387八幡(やはた)の山の奥深く、388ミロクの世まで隠されし、389音姫(おとひめ)どのの御宝(みたから)の、390在所(ありか)尋ねて千代八千代、391動かぬ御代(みよ)の大本の、392千歳(ちとせ)の松の神の子が、393鶴殿君(つるどのきみ)に従ひて、394未だ散り終へぬ八重桜(やへざくら)395日本心(やまとごころ)大丈夫(ますらを)が、396高天原(たかあまはら)立出(たちいで)て、397(をり)も吉野の上市(かみいち)に、398一夜(いちや)を明かし妹背山(いもせやま)399吉野の川に(へだ)つれど、400誠心(まことごころ)の隔てなき、401浅野、豊本(とよもと)(まき)、村野、402梅田、秋岡、出口王仁(わに)403星田、多慶子(たけこ)金谷(かなだに)の、404清き身魂(みたま)は吉野川、405流れに添ひて(のぼ)(ゆく)406十里の道も山吹の、407一重の花に引かされて、408神の教へのかしこくも、409(はや)柏原(かしはら)(つき)にけり。410雲井(くもゐ)の空の神人(かみびと)と、411ひなに育ちし(しづ)()が、412深山(みやま)の奥に手を曳きて、413(けは)しき山を辿りつつ、414御国(みくに)の為に赤心(まごころ)を、415尽すも神の引き(あは)せ、416黄金(こがね)の山の奥深き、417神の経綸(しぐみ)白雲(しらくも)の、418花の吉野の水(きよ)く、419治まる御代(みよ)(いしずえ)を、420踏み固めたる千代の鶴、421八千代の亀の末長く、422(ひら)け行く世を楽しみに、423(まつ)まの長き真鶴(まなづる)(くび)
424しとらの神の御言(みこと)(かし)こみて、425下津岩根(したついはね)本宮(もとみや)の、426神に(つか)ふる教子(をしへご)が、427教御祖(をしへみおや)に従ひて、428巳年(みとし)五月(さつき)()ツの日に、429息長姫(をきながひめ)の祭りたる、430木村の里の庵我(あが)の宮、431車軸(しやぢく)を流す雨空(あまそら)を、432(いと)ひ給はず出坐(いでま)しの、433御供(みとも)の人は四百人(しひやくにん)434風も福知(ふくち)(まち)過ぎて、435(くるま)の音も静々(しづしづ)と、436神の御前(みまへ)に着き給ひ、437(とな)ふる祝詞の声(きよ)く、438御国(みくに)の為に皇神(すめかみ)の、439(あづま)の国ヘ神幸(いでまし)を、440祈り給ひし赤心(まごころ)を、441神も(うべな)ひ玉ひけむ、442三日(みつか)()たる夕空(ゆうぞら)に、443神の(あか)しは丹頂(たんちやう)の、444(つる)飛び(きた)高杉(たかすぎ)の、445(うへ)に宿りて(ただ)三声(みこゑ)446鳴き渡りつつ産土(うぶすな)の、447一宮(いつきう)神社(やしろ)の神の森、448さして飛び行く吉瑞(みあかし)は、449千代の栄えの松の代を、450()ぎ給ひたる惟神(かむながら)451神の稜威(みいづ)のいや高き、452(こと)証明(あかし)水茎(みづくき)の、453文字(もじ)に写して皇神(すめかみ)に、454日々(ひび)(つか)ふる神職(かんつかさ)455田中の大人(うし)の送られし、456御文(みふみ)は神の御宝(みたから)と、457世の大本(おほもと)(とど)めけり。
458すくわし神の光に(てら)されて、459曇り(はて)たる村肝(むらきも)の、460心の空も晴れ渡り、461月日(つきひ)輝き幽世(かくりよ)も、462(うつ)つの世をも(あき)らけく、463(さと)(ひら)きし神心(かみごころ)464(みづ)御魂(みたま)と現はれて、465御国(みくに)を守る神と成り、466斯世(このよ)の母と成々(なりなり)て、467(めぐみ)四方(よも)にたらちねの、468心も熱田(あつた)の神の宮、469つるぎの稜威(みいづ)いやちこに、470日本建(やまとたける)()れましぬ、471(これ)須佐之男(すさのを)身魂(みたま)なり。
472の言霊(かへ)り、473なお言霊(ことたま)(かへ)る。474のあなおとの方舟(はこぶね)の、475真中(まなか)()みきる御霊(みたま)476めら御国(みくに)がた(なり)477の言霊を調ぶれば、478(つち)泥水(どろみづ)()(あふ)れ、479渦巻(うづまき)(めぐ)御霊(みたま)なり。480の言霊を調ぶれば、481天津(あまつ)御空(みそら)に昇り行き、482成り(あひ)まさぬ御霊(みたま)なり。483のあ御霊(みたま)泥水(どろみづ)の、484世界を(ひた)し山を越え、485(いや)しき身魂(みたま)の雲の()に、486(のぼ)りて(あめ)(けが)すなり。487は去り(なが)ら世の人よ、488昔の事と思ふなよ。489のあ御霊(みたま)(わざはひ)は、490()(あた)()れにけり。491の言霊を調ぶれば、492火水(かみ)の結びの御魂(みたま)にて、493天津御空に二柱(ふたはしら)494鎮まり(いま)す姿也。495の言霊を調ぶれば、496(けが)れし(つち)を清めつつ、497六合(くに)(をさ)むる御霊(みたま)なり。498(つち)より()れし埴安(はにやす)の、499神の御霊(みたま)(こゑ)なり。500五大州(いつつのくに)中心(まんなか)に、501皇御国(すめらみくに)天皇(すめらぎ)の、502四方(よも)の国々()べ給ふ。503()の言霊を省みて、504皇御国(すめらみくに)天職(かんわざ)を、505覚りてなお方舟(はこぶね)の、506さとしの舟に乗り移り、507(みづ)御魂(みたま)神習(かむなら)ひ、508(どろ)(ただよ)ふ世の人を、509なお()に見なおし()なおす。510神の大道(おほぢ)に導きて、511世人(よびと)救ひてヒマラヤの、512山より高く名を上げて、513二度目の神代(かみよ)(たね)と成り、514万代(よろづよ)までも世の人の、515救ひの神と鳴り渡る、516言霊の道(たふと)とけれ。
517
ノアとナオの方舟
[#図 ノアとナオの方舟]
518ちこちの寺の金仏(かなぶつ)金道具(かなだうぐ)519釣鐘(つりがね)までも鋳潰(いつぶ)して、520御国(みくに)を守る海陸(うみくが)の、521(いくさ)の備へに()つる神霊界では「宛(あ)つる」世は、522()のあたり迫り来て、523多具理(たぐり)に成ります金山(かなやま)の、524彦の(みこと)御代(みよ)()り、525(しも)国民(くにたみ)持物(もちもの)も、526金気(かなけ)の物は金火鉢(かなひばち)527西洋釘(せいやうくぎ)()れまでも、528御国(みくに)を守る物の()と、529造り代えても()らぬまで、530迫り来るこそ(うた)てけれ。
531(こぞ)(うへ)五十路(いそぢ)老人(をひと)より、532(しも)は三五の若者が、533(をのこ)534(をみな)底本ではルビが「をなみ」だが「をみな」の誤り。(わか)ち無く、535坊主も耶蘇(やそ)囚人(めしうど)も、536戦争(いくさ)(には)に立つ時の、537(めぐ)りくるまの遠からず、538遠津(とほつ)御神(みかみ)の造らしし、539御国(みくに)を守る(つは)ものと、540日本心(やまとごころ)振起(ふりおこ)し、541伊都(いづ)雄猛(をたけ)び踏み(たけ)び、542(いづ)のころびを(おこ)しつつ、543()かば水()しかばね山()かば、544()(かばね)大君(おほぎみ)の、545御為(みため)に死なむ(いたず)らに、546(のど)には死なじ一足(ひとあし)も、547(かへり)みせじと弥進(いやすす)み、548いや(せま)りつつ山の尾に、549追伏(おひふ)せ散らし川の瀬に、550追払(おひはら)ひつつ仇軍(あだいくさ)551服従(まつろ)(やは)して浦安の、552御国(みくに)を守れ秋津人(あきつびと)553現津御神(あきつみかみ)大八洲(おほやしま)554(くに)知食(しろしめ)天皇(すめらぎ)の、555高き恵みに(むく)へかし、556日本(やまと)島根(しまね)の神の御子(みこ)
557すみしし(あが)大君(おほきみ)高光(たかひか)る、558天津日嗣(あまつひつぎ)の日の御子(みこ)の、559(ひじり)御代(みよ)の明らけく、560(ひろ)(ただ)しぎ大御代(おほみよ)は、561(みやこ)もひなも押並(おしな)べて、562恵みの(つゆ)(くま)も無く、563草の片葉(かきは)に至るまで、564高き稜威(みいづ)を仰ぐ世の、565六年(むとせ)の秋の(すゑ)つ頃、566四尾(よつを)の山の佐保姫(さほひめ)も、567(にしき)(はた)を織りなして、568四方(よも)の景色の(うらら)かに、569牡鹿(をしか)(つま)呼ぶ時もあれ、570御国(みくに)の光り照妙(てるたへ)の、571(あや)(にしき)山里(やまざと)に、572御国(みくに)の母とあを雲の、573雲路(はるか)掻別(かきわ)けて、574(たみ)蚕飼(こかひ)事業(なりはひ)を、575(よみ)し給ひて天降(あも)()す、576大御恵(おほみめぐみ)を嬉しみて、577遠き国より近きより、578(おい)も若きも押並(おしな)ベて、579御影(みかげ)を拝む国民(くにたみ)の、580道も()きまで群集(うごなは)り、581伊迎(いむか)(まつ)真心(まごころ)は、582嬉し涙に(くれなゐ)の、583赤きもみぢの柏手(かしはで)の、584高き稜威(みいづ)を仰ぐなり。585千早振(ちはやふる)神代(かみよ)も聞かず丹波路(たにはぢ)に、586(かか)るためしもあら(たふ)と、587(きみ)(めぐみ)のあなかしこ、588(かし)こき御代(みよ)()(いで)し、589此上(こよ)なき(さち)大本(おほもと)の、590神に仕ふる王仁(ひろちか)が、591御空(みそら)を仰ぎ(つち)に伏し、592身の(しづ)けきも打忘(うちわす)れ、593心の限り身の限り、594今日の行啓(みゆき)()(まつ)る。
595津霊(つひ)(たけ)(すさ)びに奥山の、596紅葉(もみぢ)の色も光り()せ、597鳴く鹿の(こゑ)悲しくて、598(にしき)織り成す佐保姫(さほひめ)の、599(かみ)真白(ましろ)成相(なりあひ)の、600山に連なる大江山(おほえやま)601鬼の鼻より吹降(ふきお)ろす、602冷たき風に遠近(をちこち)の、603木々の(こずえ)(みな)散りて、604行衛(ゆくゑ)も知らず真木(まき)の葉の、605(ひがし)の空に舞ひ狂ひ、606狂ひ(かへ)りて四ツ尾の、607山に黒雲(くろくも)(そら)()ひ、608世の大本を見下(みおろ)せど、609古き神代(かみよ)の昔より、610隠れ()したる(うしとら)の、611神の稜威(みいづ)退(やら)はれて、612あと白雲(しらくも)となりにけり。
613がれたる(この)世の中を如何(いか)にせむ、614誠の神の御教(みをし)へを、615家をも身をも打忘(うちわす)れ、616朝な夕なに一筋(ひとすじ)に、617心を尽し身を尽し、618筑紫の(はて)東路(あづまぢ)も、619至らぬ(くま)も無き迄に、620教へ(さと)せど食う物と、621()るより(ほか)(こころ)無き、622(こころ)(いや)しきけだものの、623(つの)振つ立て反対(さかしま)に、624力限りに攻め(きた)り、625救ひの(つな)()()れに、626何と詮方(せんかた)なく(ばか)りなり。
627(さと)に老ひたる母を振り残し、628御国(みくに)に尽す益良夫(ますらを)の、629心の空は五月暗(さつきやみ)630暗き斯世(このよ)(てら)さむと、631千々(ちぢ)に思ひを砕きつつ、632二十年(はたとせ)余りて惟神(かんながら)633神の御教(みのり)を伝へつつ、634治まる御代(みよ)待乳山(まつちやま)635山郭公(やまほととぎす)血も()れて、636呼ぶ声さへも(やみ)()の、637人の心の鞍馬山(くらまやま)638深山(みやま)(たけ)(おほかみ)の、639古巣(ふるす)(くぐ)(へみ)むかで、640(はち)室屋(むろや)幾度(いくたび)か、641投げ入れられて(なほ)も又、642針の(むしろ)(すは)りつつ、643(そで)は涙の三瀬川(みつせがは)644渡りあぐみし丸木橋、645生命(いのち)を掛けて渡会(わたらえ)の、646宮に(まし)ます皇神(すめかみ)の、647稜威(いづ)(ひら)けし大本は、648斯世(このよ)の中の大橋(おほはし)と、649遠き近きの(わか)ち無く、650問ひ()る迄に進みしは、651(きよ)和泉(いづみ)(すみ)()の、652神に仕へし生神(いきがみ)の、653小松林(こまつばやし)勲功(いさを)なり。ここまでの初出は『神霊界』大正6年12月号p19~掲載。以下の初出は大正7年1月号p23~掲載。
654きうすき色は(かは)れど紅葉(もみぢば)の、655(きこ)えも高き高尾山(たかをやま)656峰の()()照妙(てるたへ)の、657(あや)(にしき)を織り成して、658世人(よびと)の為に歌はれし、659(その)(よそほ)ひも夢の()に、660寒き木枯し吹き(すさ)び、661元の姿もあらし山、662嵐の跡の淋しさは、663この世の(うつ)(かは)り行く、664神の誠の黙示(しらせ)なり。665(かへり)(さと)浮世人(うきよびと)666世の行末も()のあたり、667花咲く春の(きた)る迄、668神の恵みに冬小森(ふゆこもり)669心を尽し身を尽し、670常磐(ときは)の春の長閑(のどか)なる、671御代(みよ)(まつ)ごころ持てよ世の人。
672らまれし人のみ住める神の世は、673戦ひも無く(やみ)も無く、674苦しみ迷ふ人も無く、675()(こご)えたる人も無き、676(あめ)(あきら)けく()(ゆた)に、677見る人(ごと)神心(かみごころ)678曲津(まがつ)の潜む(かげ)も無し。679(よはひ)も長く(やまひ)無く、680(まなこ)涼しく(かほ)清く、681現世(うつつ)幽界(かくりよ)(へだ)て無く、682澄み渡りたる世の中に、683残る身魂(みたま)の楽しけれ。
684(たへ)の綾部の(さと)鬼村(おにむら)は、685人が()けよが(たを)れうが、686()れさえ良けりや(よひ)(くち)687酒呑(してん)童子(どうじ)のさかさまに、688神の(をしへ)も聞かばこそ、689弱いと見れば人()みに、690因縁(いんねん)付けて(さけ)買はし、691貧しき家をば呑み(つぶ)す、692鬼と大蛇(だいじや)の極悪の、693本宮村(ほんぐうむら)(あは)れなる。神霊界では「なる」ではなく「なり」
694らたうと神の御教(みのり)の深くして、695(はか)神霊界では「斗」り知られぬ(あじは)ひは、696この世(ひら)けし初めより、697今に至りて(かは)り無く、698千々(ちぢ)に心を砕きつつ、699青人草(あをひとぐさ)(いつ)くしみ、700(かげ)(おもて)に守らいて、701罪に(けが)れし空蝉(うつせみ)の、702からの身魂(みたま)を救ひ上げ、703神代(かみよ)(なが)らの霊主肉従(ひのもと)の、704神の御国(みくに)(たて)よこの、705二柱神(ふたつのかみ)が現はれて、706二度目の天の岩戸をば、707(ひら)く日本の梅の花、708四方(よも)に薫りて(うぐひす)の、709谷の戸()けて初春(はつはる)の、710鳴く()(まさ)るあはれさを、711(ただ)白雪(しらゆき)の世の人の、712()けぬ霊魂(みたま)()のあたり、713(なが)めて忍び玉の井の、714(そこ)ひも知らぬ皇神(すめかみ)の、715深き御心(みこころ)汲み取りて、716(きよ)まり澄むを松の()の、717楽しき時ぞ待ち玉ふ、718いづの御魂(みたま)(かし)こけれ。
719孔子(くじ)も悟り得ざりし真理(まさこと)を、720(さと)高天(たかま)の大本に、721参来(まゐき)(つど)ひて(たぐひ)無き、722神の御教(みのり)聞人(きくひと)の、723身の(さち)こそは芽出度(めでた)けれ。724曲津(まがつ)(たけ)き世の中に、725(こころ)平らに安らかに、726勇みて(くら)信徒(まさびと)の、727心の奥は真寸鏡(ますかがみ)728光り輝き天地(あめつち)に、729(つらぬ)(とほ)赤心(まごころ)の、730(つぼみ)の花の(ひら)く世は、731千年(ちとせ)の松の末長く、732(くち)ぬ宝は万代(よろづよ)に、733生き(しに)(うま)れ死に(うま)れ、734限り無き身も魂線(たましひ)も、735栄え栄えて皇神(すめかみ)の、736恩頼(みたまのふゆ)(かかぶ)りて、737誠の栄えと(よろこび)は、738月日(つきひ)と共に続くなり。
739みの為御国(みくに)の為に身を忘れ、740家をも(すて)て尽す身は、741俸給(てあて)位階(くら)も何も無く、742世人(よびと)の足に(ふま)れつつ、743(をみ)たる道に(いそし)みて、744心の限り身の限り、745筑紫の(はて)東路(あづまぢ)も、746南も北も(いと)ひ無く、747神の(をしへ)を敷島の、748底津岩根(そこついはね)搗固(つきかた)め、749上津岩根(うはついはね)突凝(つきこら)し、750千代(ちよ)万世(よろづよ)(いしずえ)を、751科戸(しなど)の風の福知山(ふくちやま)752一宮(いつきう)神社(やしろ)(うぢ)の子の、753桐村氏(きりむらうじ)(うづ)()と、754(うま)れ給ひし(わが)開祖(みおや)755綾部神宮(しんぐう)(つぼ)(うち)756神の出口(でぐち)の家に()り、757世の(うしとら)隠身(すみきり)し、758国常立(くにとこたち)大神(おほかみ)に、759久しき(あひだ)(たゆ)み無く、760仕へ給ひし勲功(いさほし)の、761花咲き実る御代(みよ)と成り、762世人(よびと)の為に(つく)さるる、763教御祖(をしへみおや)(かし)こけれ。
764(はり)の月の光はやましろの、765鞍馬(くらま)の山に輝やけど、766教御祖(をしへみおや)御心(みこころ)は、767乱れたる世を治めんと、768千々(ちぢ)(おもひ)村肝(むらきも)の、769心の空も懸曇(かけくも)り、770()()の星の遠近(をちこち)と、771深山(みやま)の奥に(つえ)()き、772岩窟(いはや)(うち)差籠(さしこも)り、773斯世(このよ)を乱す鼻高(たかがみ)を、774言向和(ことむけやは)し治めんと、775(しば)(しとね)に雲の(かさ)776石の枕も(いと)ひ無く、777四人(よたり)(とも)引連(ひきつれ)て、778善言美詞(みやびことば)神嘉言(かむよごと)779心を(こめ)宣給(のりたま)ふ、780(その)勲功(いさほし)八街(やちまた)の、781(しこ)曲霊(まがひ)服従(まつろ)ひて、782十五の月の有明に、783鞍馬の山を立出(たちいで)て、784(あや)高天(たかま)復命(かへりごと)785(まを)(まつ)りし大僧正(たかつかみ)786数多(あまた)下神(しもがみ)引き(つれ)て、787本宮山(ほんぐうやま)(しづま)りつ、788神の御国(みくに)に尽さむと、789誓ひを(たて)高神(たかがみ)の、790言葉を(しほ)に帰り()し、791(もも)十日(とうか)(その)(あひだ)792一間(ひとま)を閉ぢて()り給ひ、793世の神々に神言(かんごと)を、794()らせ給ひし(かし)こさよ。
795しま男島(をしま)荒海原(あらうなばら)を、796神の御言(みこと)(かし)こみて、797明治は三十三年の、798六月(むつき)八日(やうか)未明(あさまだき)799上田(うへだ)海潮(かいちやう)出口(でぐち)寿美(すみ)800四方(しかた)平蔵(へいざう)木下(きのした)の、801慶太郎(けいたらう)四人(よたり)引連(ひきつれ)て、802雨風(あめかぜ)強く(なみ)(たけ)き、803底さへ知れぬ海原(うなばら)を、804小さき舟に身を任せ、805勇み進んで出給(いでたま)ふ、806教御祖(をしへみおや)の雄々しさに、807波路(なみぢ)半ばを渡る頃、808海の御神(みかみ)も驚きて、809御空(みそら)(はら)し風を()ぎ、810波を静めて(うら)(やす)く、811送り給ひし尊とさよ。812神代(かみよ)の遠き昔より、813竜宮島(りうぐうじま)(きこ)えたる、814大海原(おほうなばら)無人島(ひとつじま)815波打(なみうち)(よす)る磯の()に、816小舟(こぶね)(つな)静々(しづしづ)と、817(のぼ)り給へば百鳥(ももとり)の、818声を限りに鳴叶(なきさけ)び、819迎え(まつ)りし時も()れ、820若狭の海の波の(うへ)に、821(ただよ)(のぼ)天津日(あまつひ)の、822御蔭(みかげ)(いと)(うらら)かに、823日の出の神の御姿(みすがた)を、824天地(あめつち)四方(よも)(てら)しつつ、825神の出口の出修(いでまし)を、826(うべな)ひ給ふ心地して、827神の御告(みつげ)(わざ)()へ、828(あく)る十日の夕暮に、829月を(かしら)に星を踏み、830世継王(よつわう)の山の麓なる、831大本指して帰り()す、832出口御祖(みおや)の勇ましさ。
833づ清き金竜海(きんりうかい)の島々は、834(いづ)る国の雛形(ひながた)と、835祝ひ(さだ)めて築きたり。836(いづ)る国の日の本は、837全く世界の雛形ぞ。838神倭磐余(かむやまといはれ)(きみ)が大和なる、839火々真(ほほま)の岡に登り(まし)840蜻蛉(あきつ)臀甞(となめ)せる国と、841(のら)せ給ふも(ことはり)や。842(わが)九州は亜弗利加(あふりか)に、843北海道は北米に、844台湾島は南米に、845四国の島は濠州に、846(わが)本州は広くして、847欧亜大陸其儘(そのまま)の、848地形を()むるも千早振(ちはやふる)849神代(かみよ)の古き昔より、850深き神誓(ちかひ)(いま)すなり。851豊葦原(とよあしはら)中津国(なかつくに)852秋津根別(あきつねわけ)神国(かみくに)は、853世界を()ぶる天職(かむわざ)を、854神代(かみよ)(なが)らに(そな)へたる、855(うづ)御国(みくに)(うま)し国、856国の真秀良場(まほらば)畳並(たたなは)る、857青垣山(あをがきやま)に囲まれし、858(あや)(にしき)本宮(もとみや)に、859斯世(このよ)()ぶる皇神(すめかみ)の、860御稜威(みいづ)も高く四方(よも)の国、861輝き渡る()の花の、862咲耶(さくや)この(とき)言霊の、863()るや斯時(このとき)(かし)こくも、864皇大神(すめおほかみ)御教(みをしへ)を、865(あら)はし(まつ)れ大本の、866下津岩根(したついはね)に集まれる、867(こころ)優しき神の御子(みこ)
868(しま)の大和島根の(いしずえ)と、869神の(えら)みし益良夫(ますらを)の、870清き身魂(みたま)駿河(するが)なる、871不二の御山(みやま)宮柱(みやはしら)872太知(ふとしり)(たて)(しづま)りし、873木花咲哉(このはなさくや)姫神(ひめがみ)の、874御言(みこと)(まま)丹波路(たにはぢ)に、875天駆(あまかけ)()芙蓉坊(ふえうぼう)876(みづ)御魂(みたま)神代(かみしろ)を、877明治は三十一年の、878雪まだ残る如月(きさらぎ)の、879十日の夜半(よは)に奥深き、880高熊山に連れ(ゆき)て、881神の御詔(みのり)を宣べ伝へ、882神の柱と経緯(たてよこ)の、883錦の(はた)を織らさむと、884(こころ)づくしの()の神の、885(をしへ)甲斐(かひ)有明(ありあけ)の、886月を合図に穴太(あなう)なる、887宮の(かたへ)宮垣内(みやかいち)888(しづ)伏屋(ふせや)に帰り行く、889神の経綸(しぐみ)(くし)びなれ。
890らまれし神の柱の甲斐も無し、891(はや)二十年(はたとせ)(すぎ)ぬれと、892神の(よさ)しの神業(かんわざ)の、893(よろづ)の中の一つさへ、894為し遂げ得ざる(くる)しさに、895千々(ちぢ)(くだ)くる村肝(むらきも)の、896心の空は五月暗(さつきやみ)897(そで)に涙の晴間(はれま)なく、898御国(みくに)に尽す赤心(まごころ)を、899雲井(くもゐ)(つげ)時鳥(ほととぎす)900玉の御声(みこゑ)待乳山(まつちやま)901姿隠して泣き渡るなり。
902(かた)天津(あまつ)御空(みそら)に照る月は、903昔も今も(かは)らねど、904変り果たる現世(うつしよ)の、905人の心を悲しみて、906()()もやらず(ただ)一人、907加茂の川辺に彷徨(さまよひ)つ、908月に誓ひを掛巻(かけまく)も、909(かしこ)き神の御国(みくに)をば、910元の神代(かみよ)(かへ)さんと、911乙女心(をとめごころ)一筋(ひとすぢ)に、912思ひ(うか)ベて行水(ゆくみづ)の、913流れに沈む月影(つきかげ)は、914波に(くだ)けて果敢(はか)なくも、915(とし)も十五の朝野子(あさのこ)が、916御国(みくに)を思ふ赤心(まごころ)の、917()()無きこそ(あは)れなり。
918とと(すゑ)内外(うちと)(のり)(あやま)たず、919御国(みくに)の為に身を忘れ、920家を忘れて惟神(かむながら)921神の大道(おほぢ)辿(たど)りつつ、922審神者(さには)の道に(いそ)しみて、923諸々(もも)身魂(みたま)()()れに、924立別(たてわ)け調べ神国(かみくに)の、925柱を造る益良雄(ますらを)の、926道の審神者(さには)(たて)(よこ)神霊界では「道の審神者は経と緯」ではなく「未だ日も浅野王仁の大人」になっている。927(あひ)並ばして葦原(あしはら)の、928(しこ)仇草(あだくさ)薙払(なぎはら)ひ、929祓ひ清めて国(つく)り、930(あが)大君(おほきみ)(たてまつ)る、931(いづ)御魂(みたま)神勅(かみごと)を、932(つつし)(かしこ)弥遠(いやとほ)に、933弥広(いやひろ)らかに伝へ行く、934心は清き和知川(わちがは)の、935(みづ)御魂(みたま)と現はれて、936世人(よびと)を救ふ神柱(みはしら)の、937(ほま)れは世々(よよ)(なが)る也。
938まり()る国の乱れを治めむと、939御国(みくに)を思ふ大丈夫(ますらを)が、940活動(はたら)時機(とき)を松の世の、941神霊界ではここに「東の国に冬小森、」という文が入り、「活動く時機を松の世の、東の国に冬小森、国の鎮めと木花の」になっている。国の(しづ)めと木花(このはな)の、942咲耶(さくや)の姫の活動(はたらき)は、943千代に八千代に動きなき「咲耶の姫の活動は、千代に八千代に動きなき」が神霊界では「咲耶の姫の弥固き、千代の常磐の岩下に」になっている。944深き経綸(しぐみ)駿河湾(するがわん)945富士より高き久方(ひさかた)の、946天津御祖(あまつみおや)の日の御子(みこ)の、947御稜威(みいづ)四方(よも)に輝かし、948神の御徳(みとり)刈碁母(かりごも)の、949乱れ(はて)たる武蔵野に、950(しき)て迷へる百姓(みたから)を、951彼方(かなた)の岸に渡さむと、952一つ心に大元(おほもと)神霊界では「太元」の、953(をしへ)に尽す赤心(まごころ)は、954(あめ)児屋根(こやね)太玉(ふとたま)の、955神の御魂(みたま)御幸(みさち)なり。956長田(ながた)神霊界では「長田」ではなく「田畑」に植えし種物(たなもの)は、957大宜都姫(おほげつひめ)神霊界では「大宣津姫」御幸(みさち)はひ、958世人(よびと)生命(いのち)弥長(いやなが)に、959守らせ給ふ豊受(とようけ)の、960深き(めぐみ)は伊勢の海、961山田の宮の奥深き、962神の経綸(しぐみ)一柱(ひとはしら)963五伴緒(いつとものを)厳御魂(いつみたま)964瑞能御魂(みづのみたま)の清くして神霊界では「水野御魂の直(なほ)くして」965雲井(くもゐ)(のぼ)十四夜(いざよひ)一般には「十六夜」を「いざよい」と読むが霊界物語を始め王仁三郎の文献には「十四夜」を「いざよい」と読ませている場合がある。の、966月も(くま)無く照り渡り、967(あけ)(からす)の勇ましく、968天津御空(あまつみそら)に日の神の、969輝き渡り日の御子(みこ)の、970(しづま)(いま)高御座(たかみくら)971千代に八千代に限り無く、972射照(ゐてり)(とほ)らす(あめ)(した)973四方(よも)の国々(たひ)らけく、974(をさま)御代(みよ)豊栄(とよさか)神霊界では「豊本」の、975瑞穂の国ぞ尊とけれ。
976みきりし国常立(くにとこたち)大神(おほかみ)の、9761神勅(みこと)(かし)こみ(つつ)しみて、9762明治の廿五年より、9763一つ心に仕へたる、9764教御祖(をしへみおや)神教(みをしへ)に、9765(まつ)ろひ(つく)真人(まなひと)「教御祖の神教に、服ろひ尽す真人が」が神霊界では「教御祖と諸共に、神の御教を王仁が」になっている。9766(かげ)より(おも)懸巻(かけまく)も、9767(かし)こき神の造らしし、9768御国(みくに)(けがれ)(きよ)めむと、9769二十年(はたとせ)余りて言霊の、977学びに(こころ)(くだ)きつつ、9771息艮放両火脹与(いろはにほへと)血濁緯濁縦(ちりぬるを)9772輪搦与玉濁水火(わかよたれそ)続根凝濁水渦巻(つねならむ)9773浮水火清水起降文向(うゐのおくやま)差別吹凝胞衣発(けふこえて)9774空水割別和回月始(あさきゆめみし)搦回日諸瀬洲(ゑひもせす)9775京の(みやこ)九重(ここのへ)の、9776花咲く春を松の()に、9777四十余(よそまり)八文字(やもじ)生御魂(いくみたま)9778揃へて四方(よも)の国々を、9779ミロクの御代(みよ)に進めむと、978尽す日本(やまと)雄心(をごころ)は、9781一つに(なり)金竜(きんりう)の、9782生島々(いくしまじま)神社(かむやしろ)9783中にも()けて大八洲(おほやしま)9784天の岩戸の頂きに、9785真木(まき)の柱の弥高(いやたか)く、9786「梅」が神霊界では「梅田」になっている。(かほ)(かむ)ばしく、9787小松林(こまつばやし)弥繁(いやしげ)く、9788秋の紅葉(もみぢ)(にしき)()り、9789澄渡(すみわた)りたる十四夜(いざよひ)の、979月に心を(てら)しつつ、9791神霊鎮座(みたましづめ)大祭典(まつりごと)9792秋の田の()(みの)りたる「秋の田の面に稔りたる」が神霊界では「時も吉田に稔りたる」になっている。9793千五百(ちいほ)の秋の八束穂(やつかほ)や、9794山海(やまうみ)河野(かはぬ)種々(くさぐさ)の、9795御饌(みけ)(たてまつ)一向(ひたすら)に、9796今日の生日(いくひ)を祝ひつつ、9797八雲(やくも)の琴の()も清く、9798(あめ)(ます)(かみ)国つ神、9799千五百万(ちいほよろづ)神等(かみたち)も、980(あつま)まり()して賑敷(にぎはしく)9801御祭(みまつ)()へし勲功(いさほし)は、9802世の大本に信従(まつろひ)し、9803(きよ)身魂(みたま)(たゆ)み無く、9804道に尽せし報ひぞと、9805代々(よよ)に伝へて(かん)ばしく、9806咲哉(さくや)()(はな)春の空、9807時代(みよ)の栄へも弥広(いやひろ)く、9808(ほまれ)(たつ)の宮の(むね)9809十曜(とよう)の紋のキラキラと「咲哉木の花春の空、時代の栄へも弥広く、誉も竜の宮の棟、十曜の紋のキラキラと」が神霊界では「咲哉木の花直日嬢、御代の一の大二に、誉も竜の宮の棟、十曜の星のキラキラと」になっている。981月日(つきひ)に照りて照妙(てるたへ)の、9811綾部に(にしき)(かざ)る世を、9812松間(まつま)の長き鶴の首、9813亀の(よはひ)万世(よろづよ)の、9814固めの(もと)素盞嗚(すさのう)の、9815須賀の新宮(にいみや)八雲立(やくもたつ)9816出雲八重垣(やへがき)(つま)ごみに、9817八重垣(やへがき)造る八重垣を「八重垣造る八重垣を」が神霊界では「八重垣造る其八重野垣」になっている。9818瑞穂の国の中国(なかくに)の、9819天皇(すめらみこと)大稜威(おほみいづ)982四方(よも)(とどろ)八雲琴(やくもごと)9821(その)()も清く澄渡(すみわた)り、9822天地(あめつち)四方(よも)に響きけり。「せ」と「す」の段は神霊界と較べて字句の変更が多いが、神霊界の方では姓名折込歌になっているので、姓名に合わせた用字・文言になっている。王仁文庫では姓名折込歌ではなくふつうの神歌にしたため、字句を改めたのではないかと思われる。
983浪花(なには)東京駿河(するが)大和路(やまとぢ)に、9831神の柱を配置(まくばり)て、9832二度目の天の岩屋戸を、9833(ひら)常磐(ときは)の松の代の、9834国常立之皇神(すめがみ)は、9835古き神代(かみよ)初発(はじめ)より、9836隠身(すみきり)()して幽世(かくりよ)と、9837(うつ)つの国の身魂(みたま)をば、9838()詳細(つばらか)取調(とりしら)ベ、9839天津御祖(みおや)の大神に、984(まを)し給ひて(かし)こくも、985ミロクの神代に造らむと、986(おもひ)は胸に三千年(みちとせ)の、987(あふ)れて(ここ)神柱(かみはしら)988出口開祖(みおや)身体(からたま)に、989(しづま)(まし)万世(よろづよ)の、990国の固めの神勅(かみこと)を、991(あるひ)(くち)(ある)は手に、992写して世人(よひと)(みちび)きつ、993(まが)(つど)へる大江山(おほえやま)994鬼も大蛇(をろち)言向(ことむ)けて、995三段(みみた)(わか)てる身魂(みたま)をば、996目鼻(めはな)を附けて安らけき、997常磐(ときは)御代(みよ)待乳山(まつちやま)998鳴く郭公(ほととぎす)血も(かれ)て、999叫び給ふぞ尊とけれ。
9991(大正六年十一月三日)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)