霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 皇国の使命

インフォメーション
題名:第七章 皇国の使命 著者:
ページ:79 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例:2017/9/22校正。 データ最終更新日:2017-09-22 22:33:32 OBC :B121801c16
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正8年5月1日号(第85号) > 皇道我観(五)
 (かしこ)くも、天下統治の天権(てんけん)を天賦に享有(きやういう)し、万世一系の皇統を保全して、大日本国に君臨し玉ふ、天津(あまつ)日継(ひつぎ)天皇が、神聖なる天下統治の神権、大日本皇道を、(いま)だ完全に発揮し給ふに到らざりし神代(みよ)草昧(さうまい)混沌(こんとん)として、天下は実に無道(むだう)なるやの感ありしなり。古往今来(こんらい)天運(いま)だ到らず、国体の精華を隠伏(いんぷく)し、和光同塵(わくわうどうぢん)の御神策を以て、御皇運発展の時運(じうん)を、期待し給ふのを()むを得ざりしが故に、世界到る(ところ)草昧(さうまい)なる権謀を発生し、以て治乱興廃(ちらんこうはい)の活劇を反復す。人生の不安、世路(せろ)の困難なるは、()れ天下(こぞ)つて、体主霊従主義に心酔せる無道の微証(ちようしよう)ならずや。由来王道(わうだう)覇道(はだう)、憲政、共和政治と称し、(あるひ)聖賢大哲(せいけんだいてつ)の唱導せる教理、道徳説は、天歩(てんぷ)艱難(かんなん)の時代を忍耐すべく、凌駕(りようが)すべき方便たりしなり。(しか)(しかう)して、(これ)を以て時代の人智を啓発し、練習、研磨せしめ、以て皇運扶翼(ふよく)()(きよう)せしめ給へるなり。皇祖天照大御神の(みこと)(もつ)て、()の地球即ち豊葦原(とよあしはら)千秋長五百秋(ちいほあき)水穂国(みづほのくに)は、(わが)御子(みこ)正哉吾勝々(まさかあかつかち)速日天忍穂耳(はやひあめのおしほみみの)(みこと)知所国(しろしめすくに)と、言依(ことよさ)し給ひて、天降(あまくだ)し給ひし、豊葦原中津国なる、極東日本国に、天壌無窮(てんじやうむきう)の皇統を垂れ給ふが故に、天下の真正なる大道(たいだう)は、皇国に実在せり。天佑(てんいう)を保全し、万世一系の皇祚(くわうそ)()み玉ふ、皇宗(くわうそう)崇神(すじん)天皇は、(かしこ)くも神器(しんき)を敬遠し、和光同塵の御神策を垂れさせ給ひし以来、(ここ)に二千有余年、天歩艱難(てんぽかんなん)凌辱(りようぢよく)隠忍(いんにん)し給ひし御事(おんこと)は、実に吾等(われら)臣民たるもの、恐懼(きようく)()(あた)はざる所なり。
 嗚呼(ああ)(たふと)(かな)、三千世界一度に開く梅の花、天運循環の神則に()り、天下の大道は皇運発展に伴ひ王政復古にその曙光(しよくわう)を発し、明治維新の皇謨(くわうぼ)は、和光同塵の御神策をして、棹尾(たくび)の大局を終結し玉へり。古語に曰く、彼を知り己を知るは百戦(あやふ)からずと。世界大経綸(だいけいりん)の用意は、(かしこ)くも、明治天皇御一代の偉業たりしなり。
 畏くも明治天皇は、天運循環して、皇運御発展の時運に到着せる事実を洞察し給ひ、戊申(ぼしん)詔書(せうしよ)を下させ給ひて『抑々(そもそも)()ガ神聖ナル祖宗ノ遺訓ト、我ガ光輝アル国史ノ成跡トハ、(ヘイ)トシテ日星(ジツセイ)ノ如シ。(マコト)()恪守(カクシユ)シ、淬励(サイレイ)ノ誠ヲ(イタ)サバ、国運発展ノ(モト)近ク(ココ)ニ在リ。(チン)方今(ハウコン)世局(セイキヨク)ニ処シ、(ワガ)忠良ナル臣民ノ協翼(ケフヨク)倚藉(イシヤ)シテ、維新ノ皇猷(クワウイウ)恢弘(クワイコウ)祖宗(ソソウ)ノ威徳ヲ対揚(タイヤウ)セムコトヲ庶幾(コヒネガ)フ』と詔命(みことのり)し給ふ。(しか)りと(いへど)も、挙国上下(しようか)の臣民は、(この)深遠なる御聖慮を解し(まつ)らず、道聴途説(だうちやうとせつ)の如く軽視し(まつ)(あへ)て聖旨を奉体せざるは、誠に恐懼(きようく)に耐へざる次第ならずや。維新の皇謨(くわうぼ)の要素は、実に(ここ)に在り。神聖なる祖宗の御遺訓皇道大本は、(これ)(じつ)に天下統治の大道なり。是断(これだん)是遷(これせん)天威(てんゐ)以て厳戒を加へ給ふこと、国本(こくほん)発展の基本なり。古今の弊政、累惑(るゐわく)の学説、憲政の悪用は、(これ)古今天下無道無明(むめい)の産物なり。百度維新、これ開闢(かいびやく)以来、未曾有(みぞう)盛事(せいじ)なり。世界の平和は、(ここ)(その)基礎を厳立(げんりつ)し、皇国の使命は、言向和(ことむけやは)皇化(くわうくわ)の顕彰なり。済世(さいせい)済民(さいみん)の皇道は、天理人道を明かにし、祭政一致の教政は、国体の精華を発揚し、国威は四海(しかい)風靡(ふうび)して、天下の無道を糺明(きうめい)し、世界の無明を光被(くわうひ)す。天津日継(ひつぎ)天皇が、皇憲を世界に宣布し給ひ、以て(その)御天職を実践し給ふや、(ここ)に国際的競争は、(たちま)ち文明の競争と化し、生活の不安は、直ちに鼓腹和楽(こふくわらく)と化すべし。日本(につぽん)国教たる、皇道大本(たいほん)全集でルビ「たいほん」はママ奨励(しやうれい)は、驕慢(けうまん)怠惰(たいだ)奢侈(しやし)淫邪(いんじや)殲滅(せんめつ)し、社会を刷新して、世界永遠の(しん)の平和(はじめ)(ここ)に成就す。万世一系の天皇は、日本皇道大本(たいほん)ルビ「たいほん」はママを宣揚して、世界の平和を確保し給ひ、以て天下統治の御天職を完成し給ふ。嗚呼(ああ)神聖なる神器は万古(ばんこ)(そん)す。宇宙の大中心、世界の中心、日本国の中心にして、言霊学(ことだまがく)より見たる、アオウエイ五大父音(ふおん)の総轄たる、アの言霊の(さちは)ひ、助け、天照(あまて)り給ふアヤの霊域、()れ皇道大本(おほもと)奉釈者(ほうしやくしや)発祥の聖地なり。世界妖気の発する所、神軍一過(たちま)ち平定す。()なる(かな)、大正維新の皇謨(くわうぼ)(だい)なるかな、皇祖経綸(けいりん)大謨(たいぼ)
 人皇(にんわう)第一代神武(じんむ)天皇を、神日本(かんやまと)磐余彦(いはれひこの)天皇(みこと)と称す。彦波劔武(ひこなぎさ)鵜鷀草葺不合(たけうがやふきあへずの)(みこと)の第四の御子(みこ)なり。御母(おんはは)玉依姫(たまよりひめ)とまをす。我国(わがくに)の太古は神も人も皆私心(ししん)私情(しじやう)無ければ、必ず兄を以て、世を継ぐ事を為さず、(ただ)その徳の(すぐ)れるものを選ぶが故に、皇兄(くわけい)五瀬命(いつせのみこと)稲飯命(いなひのみこと)三毛野命(みけののみこと)(おき)て立て太子となりたまふ。天皇(うま)れながらにして明達、意志確如(こころつよく)まします。(ひと)となり給ひて、日向国(ひうがのくに)吾田(あだ)(むら)吾平津姫(あひらづひめ)(めと)りて()となす。手研耳命(たぎしみみのみこと)(うみ)たまふ。御年(おんとし)四十五歳に成り玉ひし時、其兄(そのあに)五瀬命(いつせのみこと)(とう)御子(おんこ)手研耳命(たぎしみみのみこと)と、高千穂の宮に()()して、相議(あひはかり)たまふは、『(この)日向国は辺僻(へんへき)にして、王化を(あまね)く天下に及ぼすに便宜ならず。(いづ)れの地に(うつ)りてか、大業(たいげふ)を成就せむ。昔(わが)天神(てんじん)高皇産尊(たかみむすびのみこと)大日靈尊(おほひるめのみこと)(この)豊葦原の瑞穂国を、(わが)天孫彦火々瓊々杵(ひこほほににぎの)(みこと)に授け給へり。(ここ)(おい)瓊々杵尊(ににぎのみこと)(あめ)磐座(いはくら)を離れ五百重(いほへ)の雲を排開(おしひら)き、御前(おんまへ)駈足(はらは)して、(この)()戻止(いたり)たまひしが、()鴻荒(あらび)()ひ、時は草昧(さうまい)(あた)りぬれば、(ただ)その屯蒙(うまれいで)たるままの淳素(すなを)なる風俗に(したが)ひ、(ただ)専一に正直の道を養ひ玉ひて、(この)西の(ほとり)に在りて世を治め玉ひ、(わが)皇祖皇宗(おほぢちちぎみ)いづれも神聖(ひじり)にましまして、(けい)を積み(ひがさ)を重ねて、多くの年所(ねんしよ)()たること、天祖の斯国(このくに)降跡(あまくだり)たまひてより以来、今に(いた)りて二千四百七拾余歳なれども、遼遠(はるか)なる地は(なほ)いまだ王沢(わうたく)(うるほ)はず、村に(をさ)あり(いふ)(きみ)あり、(ほしいまま)彊界(きやうかい)(わか)ちて相互(あひたがひ)(しの)(きし)るもの多くして治まり(がた)し』アア()れ二千六百年以前の世界の現象なり。即ち現代に於ける世界列強が、各国を侵略割拠し、各自彊界(きやうかい)(わか)(もち)ひ、(あひ)凌轢(りようれき)せるの状態と古今(あひ)等し。()れ天下無道、無明(むみやう)証徴(しようちよう)にして、皇国の天職、皇道大発揚の必要時機ならずや。(おそ)れ多くも日本(につぽん)神国天皇が、万世一系の皇統を享有(きやういう)し玉ふ所以(ゆゑん)は、豊葦原瑞穂国なる世界を統治経綸(けいりん)し給ふ天職を帯び玉ふ故なる事、()れ国史に(へい)として日月(じつげつ)の如く、記し(たま)ふ所なり。(かしこ)くも神聖にして、天壌無窮(てんじやうむきう)の皇運を保ち給ふところ、(あへ)て古今の差別(さべつ)ある事なし。()れ豊葦原の瑞穂国とは人類の生活し得て、以て国家社会を組織し得る、全世界の総称にして、大日本皇国は、()れ豊葦原の中津国、即ち世界の中心枢軸なり。醒めよ(わが)同胞、自覚せよ(その)天職を。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)