霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第十章 皇国の神蹟

インフォメーション
題名:第十章 皇国の神蹟 著者:
ページ:90 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例:2017/9/24校正。 データ最終更新日:2017-09-24 04:04:44 OBC :B121801c19
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]神霊界 > 大正8年6月15日号(第88号) > 皇道我観(七)
 我が皇国は古来神国と称し、独一(どくいつ)真神(しんしん)なる、天之御中主之大神の主宰(つかさ)(もと)に、天津神八百万、国津神八百万(おは)()して、国土を守り(さち)はひ給へば、古往今来、外国に(まさ)りて神異神蹟極めて多く、(ぼく)()ふるも(かぞ)ふべからず。余は今日(ただ)(いち)()の神蹟を挙げて、以て皇国固有の大道(だいだう)の信仰遵奉(じゆんぽう)せざる(べか)らざるを(ちよう)せむとす。中古称徳(しようとく)天皇奈良時代の女帝。第46代・孝謙天皇、重祚して第48代・称徳天皇。は、元来深く宇佐八幡宮を信奉帰依し給ひて、大神の憑語(ひようご)と言へば虚実を問ふの(いとま)無く、事々物々(その)神憑(しんぴよう)の語に従ひ給ふを奇貨と為し、時の妖僧弓削道鏡(ゆげのだうきやう)なるもの天皇の殊寵(しゆちやう)を得て、心行(しんぎやう)共に日と共に増悪の域に進み、出警入蹕(しつけひにふひつ)(ひそか)乗輿(じようよ)()し、(みづか)ら号して法王と()ふに至れり。時に太宰府(だざいふ)神主(かんぬし)にして、中臣(なかとみ)習宜阿曾麻呂(すぎあそまろ)なるもの、権勢(けんせい)(なら)び無き自称法王(はふわう)妖僧弓削道鏡(ゆげのだうきやう)媚附(こびつ)き、(おの)が勢力を得んため、(おそ)れ多くも()めて、宇佐八幡大神の教言(けうげん)なりとて朝廷に(そう)す。即ち曰く『天皇()し、道鏡をして天津(あまつ)日継(ひつぎ)(くらゐ)()かしめ(たま)はば、天下は永遠無窮に太平なる()し』と、(ここ)に天皇は、殊寵(しゆしやう)殊愛(しゆあい)の道鏡と(いへど)も、(こと)(あま)りに重大なるを以て、御神慮(ごしんりよ)決し()ねたまひ、密かに和気清麿(わけのきよまろ)和気清麻呂()し出し、()きて宇佐大神の神教(しんけう)()はせ給ひぬ。発するに(のぞ)み、妖僧道鏡(だうきやう)(また)清麿(きよまろ)を招き、目を(いか)らし(けん)(あん)じ清麿に()ひて曰く『八幡大神深く我が忠誠を()みし、(われ)をして天津日継の位を()ましめむと欲し給ふ。故に今(なんぢ)をして再び神教を乞はしむ。汝()く神教を奉じ、(われ)をして欲する所を得せしめなば、即ち我は汝をして太政大臣の官を(さづ)()し。()(わが)(げん)(たが)ふあらば、即ち必ず重き刑罰に処す()し』と。(ここ)に誠忠無比の清麿は固く意を決し、直ちに往きて宇佐八幡に詣で、厳粛なる祀典(してん)を修し、心神(しんしん)を清めて、(うやうや)しく神教を乞ひ(まつ)る。大神即ち清麿に神懸(しんけん)して(つぶさ)に教へ覚し給へり。清麿(さら)に祈りて曰く『今大御神(おほみかみ)の教へ給ふ所の語は、(これ)国家の一大事なり、大神の憑語(ひようご)信じ(がた)し。願はくは神異(しんい)を示して其真否(しんぴ)を決せしめよ』と。自己(じこ)審神者(さには)の神術を修するや、(これ)大御神(おほみかみ)は忽然として神形(しんけい)を顕示し給へり。(その)身長三丈に余り、光輝満月の如し。神勅に曰く。
(わが)国家開闢以来君臣(くんしん)の大義明分(さだ)まれり、未だ(おみ)を以て(きみ)と為し、君を以て(おみ)と為せし事あらず、天津日継は必ず皇緒(くわうちよ)を立てよ。道鏡の悖逆(はいぎやく)(もと)より天地()れざるの大罪なり。(よろ)しく(すみやか)剪除(せんぢよ)せよ(なんぢ)道鏡を(おそ)るる(なか)れ、(われ)は必ず(あひ)(たす)けむ云々』
 清麿(きよまろ)(かへ)りて(つぶさ)に神勅を(そう)す。道鏡(こと)の成らざるを以て(おほい)(いか)り、(つひ)に清麿を大隅(おほすみ)流謫(りうたく)大隅国(鹿児島県)に流罪し、人を使()て之を途中に追殺(つゐさつ)せしめむとす。俄然(がぜん)大雷雨(だいらいう)(きた)りて、天地晦冥(くわいめい)咫尺(しせき)(べん)せず。使者(いま)だ発せざるに、勅使(きた)りて(まぬが)るるを得るに会ふ。(つい)光仁(くわうにん)天皇第49代天皇(くらゐ)()き給ふに及んで、道鏡の大逆を(にく)み、直ちに之を下野(しもつけ)(ざん)し、和気清麿を召還(めしかへ)し給ふ。清麿(とき)(あし)を病み()つこと(あた)はず。()ひて病を輿()して()(のぼ)る。(たちま)ち宇佐を過ぎ大神を拝するや、脚(すなは)()ち、遂に馬に乗りて還る。()(もの)神威神蹟の顕著なるに、歎異(たんい)せざるは無し。()れ道鏡妖僧(この)神器を覬覦(きゆ)するや、凶焔(きようえん)(ひと)(せま)(いきほひ)(まさ)にあたる(べか)らず。事の成否は、即ち使臣(ししん)和気(わけ)(うぢ)の一言に決するなり。国家存廃の分水嶺上(ぶんすゐれいじやう)に立てる清麿の責任や、実に(だい)なりと()ふべし。皇道の本義を体得せる、誠忠無比の和気(うぢ)(すなは)毅然(きぜん)として(たゆ)まず屈せず、一身の安危を度外に()き、直ちに神教を朝廷に奏上す、其の志操や、国家を匡救(きようきう)し、気節(きせつ)姦侫(かんねい)の心胆を震愕(しんがく)せしむ。(これ)(もと)より和気氏忠義の(せつ)、天地に貫徹せるに()()しとは(いへど)も、神明皇祚(くわうそ)護佑(ごいう)し玉ふに非ずんば、(なん)()く、(かく)の如くなるを得むや。()に皇道の大本(おほもと)毅然として、万古に卓立(たくりつ)する所以(ゆゑん)を知るべきなり。
 胡元(こげん)宋国(そうこく)(ほろぼ)し、(つい)諸多(あまた)の隣国を征服し、四百余州に君臨し()(とな)ふるや、(ひとり)(わが)皇国のみ使聘(しへい)を通ぜず。元主(げんしゆ)韓人(かんじん)使()て、(しよ)を皇国日本に致さしめて曰く『(わが)要求に服せざる時は、即ち尋問の()(いだ)さむ』と。朝廷(たちま)ち、(れい)を鎌倉に(くだ)して()せしむ。時の執権北条(ほうでう)時宗(ときむね)(おほい)(いか)つて曰く『書辞(しよじ)以て(はなは)だ礼を(しつ)す。報復するに及ばず』と。則ち使者を追ふ。其後(そののち)(げん)の使者、幾度(いくたび)(きた)りしと(いへど)も、悉皆(しつかい)拒否して()れず、()つ一々(その)使者を斬る。其後(そのご)元主(げんしゆ)(おほい)(いか)り、文永(ぶんえい)十一年冬元軍(げんぐん)西境(せいきやう)(あだ)1274年、元寇。文永の役。鎮西(ちんせい)の猛将勇士、(いど)み戦ひ()つ之を退(しりぞ)く。建治(けんぢ)元年1275年夏、元の使節「杜世忠(とせちう)()()(きた)る。時宗(ときむね)(いか)つて之を鎌倉(たつ)(くち)に斬る、(すなは)ち北条実政(さねまさ)を以て筑紫の探題(たんだい)幕府の機関と為し、鎮西(ちんせい)の将士を監し、辺海(へんかい)鎮戍(ちんじゆ)し、(おほい)に戦備を為し急変に備ふ。未だ幾何(いくばく)も経ざるに、元の使節()(きた)る。時宗また之を斬る。元主「忽必烈(くびらい)我国(わがくに)の再び元使(げんし)(ちう)せるを聞き、(おほい)に憤怒し、大に舟師(しうし)(おこ)し「茫文虎(はんぶんこ)」を以て之に(しやう)とし入侵(にふしん)す。弘安(こうあん)四年1281年、元寇。弘安の役七月。博多に(いた)舳艫(ぢくろ)(あひ)(ふく)む。実政(さねまさ)が部下の将士()()(ふせ)ぎ戦ひ殺傷(あひ)(あた)る。時宗(ときむね)(ここ)に宇都宮貞綱(さだつな)を遣はして之を(たす)く、未到(いまだいたらず)是時(このとき)(あた)つて朝野(てうや)(こころ)を一にし、全国の神社並びに仏宇(ぶつう)に祈薦を(しう)す。(かしこ)くも亀山上皇は、躬自(みみづか)徒洗(とせん)して石清水(いはしみづ)八幡宮に詣で、精疇(せいたう)一夜、従臣(じうしん)をして神楽(しんがく)(そう)せしむ。また権大納言(ごんだいなごん)藤原経任(つねたう)を伊勢に遣はし、幣帛(へいはく)及び宸筆(しんぴつ)宣命(せんめい)皇大神宮(くわうだいじんぐう)(たてまつ)り、身を以て国難に(かは)らむことを請ひ給ふ。閏月(うるうづきの)朔太(ついたち)陽蝕(やうしよく)日蝕(あた)る。天陰(てんいん)見えず。黒雲(こくうん)一点石清水宮(いはしみづのみや)より(おこ)り、雲中(うんちう)隠々(いんいん)白羽(はくう)鳴矢(めいし)あり、西の天に(むか)つて飛び去る。皇大神宮の摂社たる風神(かぜかみ)の社殿内より、(たちま)一道(いちだう)の神光を発し天地に照耀(せうえう)す。大風(おほかぜ)(すさ)(おこ)る、西海(せいかい)最も激烈なり。雷迅竜跳(らいじんりうてう)、怪異百出、海水篏蕩(かんたう)し、賊艦(ぞくかん)四千艘(ことごと)(みな)覆没(ふくぼつ)破壊し、虜兵(りよへい)全部滅亡し、十万人中(のが)れ帰る者、(わづか)に三人なりと謂ふ。是より(げん)再び、(わが)皇国の辺境を(うかが)はざりき。
 ()胡元(こげん)、強大の武力を以て我国(わがくに)(のぞ)み、一挙にして(たちま)(われ)併呑(へいどん)せんとする、(その)猛勢(まうせい)(あだか)(いは)を投げて卵を打つ如し。(しか)りと(いへど)も、皇道の大本に、惟神的に合成し、奮然として(たゆ)まず屈せず、数々(かずかず)(その)無礼極まる使節を斬り、以て()兇威(きようゐ)(くじ)き、民志の団結を固め、死を決して之を待つや、天下の志気(おほい)(ふる)ひ、戦はずして敵を呑み、(あだ)に勝つの(がい)あり。(これ)(もと)より時宗(ときむね)が、国家の一大事に際して少しも騒がず、悠然として(こころざし)を決し、防禦(ばうぎよ)(よろ)しきを得たるに()るとは(いへど)も、神明の霊威皇国を護佑(ごいう)し給ふに非ずんば、(いづくん)()(かく)の如き大勝を得、以て国威を万世に伝ふるを得んや。(そもそも)道鏡の()姦曲(かんきよく)(ほとん)ど皇祚を移さんとし、胡元(こげん)(あだ)、殆ど皇国を傾けんとせり。(しか)るに皇国の神明、深く国家を保護佑助(いうじよ)し、(おほい)に威霊を顕示し給ひて、妖鬼(えうき)沮喪(そさう)黠虜(きつりよ)殲滅(せんめつ)し、今日に至る迄纂奪(さんだつ)禍害(くわがい)無く、対外戦に於ける(はい)なし。(その)神蹟の彰々(しやうしやう)たるや(かく)の如し。
 嗚呼(ああ)皇国は、天神地祗の佑護に成れる、建国以来の歴史によりて、()く其の国粋を保ち、時に精華を(ひら)きたりと(いへど)も、現代の風潮は、(やうや)妖蘖(えうけつ)(てう)醸成(じやうせい)し、国民思想の根底(こんてい)は、油水(いうすゐ)浸潤(しんじゆん)するが如く、腐敗(しよく)すること、元寇(げんかう)禍害(くわがい)に幾百倍し、外来思想の伝播は妖僧の如く、皇道を無視し()軽侮(けいぶ)し、祖神が以て、天壌無窮(てんじやうむきう)なりとして()さし給へる神国の基礎、また以て不測の禍根(くわこん)なきを保ち(がた)からむとす。見よ、上下生活難を絶叫するは何の為ぞ、安分(あんぶん)の念なくして、虚栄浮華(ふくわ)(はし)るを以てなり。六親(ろくしん)(あひ)(いか)り、郷呂(きやうり)(あひ)(せめ)ぐは何の為ぞ、誠敬(せいけい)(こころ)無くして、自他(あひ)(あざむ)くを以てなり。父子(ふし)(じやう)(ほとん)ど絶え、君臣(くんしん)の大義(まさ)(めつ)せむとす。於是乎(ここにおいてか)社会共産主義あり、自然主義あり、民主主義あり、共和主義あり、厭世(えんせい)主義あり。曰く吾人の意志は自由にして、人権は平等なり、故に共和政治は、最も人生に適すと。曰く、天は人を平等に生み平等に愛す、(すべか)らく共産主義を行ふ()し。曰く、人は自然に(うま)れ、死するも(また)自然なり、故に自然的情欲を(ほしいまま)にして、無政府たるべし。曰く、人生は()火宅(くわたく)の如く、身を焼いて()まず、(はなは)(いと)ふべしと。或者(あるもの)豺狼(さいらう)の如く、或者は羊豚(やうとん)の如くにして、民心(みんしん)常に薄氷(はくひやう)()むが如く、国家は日に月に、深淵に(のぞ)むが如し。(ああ)思ひを此処(ここ)()する時は、現代は(これ)一大乱世に非ずや。古語に曰く、(いへ)(ひん)にして孝子(かうし)()で、国乱れて忠臣現はれ、天下無道にして、聖人(おこ)るとは(むぺ)なる(かな)(わが)皇国は、神の建て給ひし国なり。神の開きし国なり、神の作りし国なり、神の守り()(うま)し国なりと曰ふ。(ここ)に国家の一大危機に(ひん)し、(かしこ)くも国の大祖(おほみおや)国常立尊、豊雲野尊の二神、下津岩根(しもついはね)高天原(たかあまはら)に、変性男子(へんじやうだんし)変性女子(へんじやうぢよし)ルビの「だんし」「ぢよし」はママの二霊を(くだ)し、神如(しんによ)慈教(じけう)を宣伝して、(この)漂蕩(ただよ)へる民心(みんしん)を修理し、(この)漂蕩(ただよ)へる国家を固成し、以て世界をして、神祗(しんぎ)聖代(せいだい)徳沢(とくたく)鼓腹(こふく)せしめ、此の世界の各国土をして、五六七(みろく)神世(かみよ)に転化せしめ、(この)蒼生(さうせい)をして、高天原(たかあまはら)に安住せしめむが為に、去る明治二十五年正月、大本開祖出口直子刀自(とじ)に、国祖の神の憑依(ひようい)し給ひ、前後通じて二十有七年の教莚(けうえん)を開き給ひ、国家国民の針指を発表し給ひて、顕幽両界に(またが)り、皇国を護佑(ごいう)し給ふも、全く皇道大本の、確固不変なる所以(ゆゑん)なり。嗚呼(ああ)(かたじけ)なき(かな)、国祖の殊恩。嗚呼(ああ)尊きかな、天津日嗣(ひつぎ)天皇の、天壌無窮の皇運を保全し給ふ皇国。金甌(きんおう)無欠(むけつ)(わが)国体(こくたい)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)