霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 神示の日本魂

インフォメーション
題名:第二章 神示の日本魂 著者:出口王仁三郎
ページ:160 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121801c27
初出[?]この文献の初出または底本となったと思われる文献です。[×閉じる]『昭和青年』昭和9年3月1日
 日本魂(やまとだましひ)とは天地の先祖の神の精神と合一(がふいつ)した(こころ)である。至仁至愛(ぜん)(だい)精神(せいしん)にして何事にも(こころ)を配り行届(ゆきとど)き、凶事(きょうじ)()ふとも大山(おほやま)の如く微躯(びく)ともせず、物質欲を()ちて、精神は(いと)安静(あんせい)(こころ)である。(てん)相手(あひて)として凡人(ぼんじん)(あらそ)はず、天地(てんち)万有(ばんいう)山野(さんや)河海(かかい)(われ)所有(しょいう)となし、春夏秋冬(しゅんかしうとう)も、(ひる)(よる)(やみ)(あめ)(かぜ)(かみなり)(しも)(ゆき)も、(みな)(わが)言霊(ことたま)()(いう)になし()(みたま)である。如何(いか)なる災禍(わざはい)()ふも、艱苦(かんく)()めるも、()(かい)せず、幸運(かううん)(むか)ふも油断せず、生死(せいし)(にょ)にして昼夜(ちうや)往来(わうらい)する如く、世事(せじ)(さい)惟神(かむながら)大道(だいだう)(まか)せ、(この)みも無く憎みも()さず、義を重んじて常に安静なる(たましひ)日本魂(やまとだましひ)である。常に心中(しんちう)長閑(のどか)にして、川水(せんすゐ)(なが)るる(ごと)く、(すゑ)(いた)(ほど)(ふか)くなりつつ自然(しぜん)に四(かい)(たっ)し、我意(がい)(おこ)さず、才智(さいち)(たよ)らず、(てん)(とき)(おう)じて神意(しんい)(したが)って天下(てんか)公共(こうきょう)の為に活動(くわつどう)し、万難(ばんなん)(たゆ)まず(くっ)せず、無事(ぶじ)にして善を行ふを日本魂(やまとだましひ)といふ、奇魂(くしみたま)智慧(ちゑ)()活動(くわつどう)する時は大人(だいじん)(おこな)(そな)はり、真の智者(ちしゃ)となり、(もの)(もっ)て物を見極め、自己(おのれ)に等しからん事を(ほっ)せずして、身魂(みたま)(とも)平静(へいせい)である。小人(せうじん)といふものは自己(じこ)(もと)として、物を()自己(じこ)(ひと)しからん事を(ほっ)するが(ゆゑ)に、常に心中(しんちう)(しづ)かならず、(これ)体主霊従(あく)精神(せいしん)といふ。今の世の中一般の(こころ)は皆この心である。
 誠の日本魂(やまとだましひ)のある人民は、(その)こころ平素(へいそ)(うち)にのみ(むか)ひ、自己(おのれ)(ひと)り知る所を(つつし)み、自己(おのれ)力量(りきりゃう)才覚(さいかく)を人に知られん事を求めず、天地(てんち)神明(しんめい)の道に(したが)(まじ)はり、神の代表(だいへう)となって善言(ぜんごん)美辞(びじ)(もち)ひ、光風(くわうふう)霽月(せいげつ)の如き人格を(そな)へて、自然に世に光輝(くわうき)(はな)身魂(みたま)である。心神(しんしん)常に空虚(くうきょ)にして一(てん)私心(ししん)無ければ、常永(とこしへ)胸中(きょうちう)天国(てんごく)あり。何事(なにごと)(すぐ)(まさ)りたる行動(かうどう)(この)み、善者(ぜんしゃ)を喜びて(とも)となし、(おと)(けが)れたるを(あはれ)み、()(めぐ)む。富貴(ふうき)(ほっ)せず(うらや)まず、貧賤(ひんせん)(いと)はず(あなど)らず、只々(ただ)天下の為に至善(しぜん)(つく)す事のみに焦心(せうしん)す。この至心(ししん)至情(しじゃう)こそ日本魂(やまとだましひ)発動(はつどう)である。我身(わがみ)富貴(ふうき)(しょ)しては君国(くんこく)の為に心魂を(ささ)げ、(ひん)に処しては簡易(かんい)生活(せいくわつ)に甘んじ、慾望(よくばう)を制し、(かり)にも()(がい)せず、自暴自棄(じばうじき)せず、天命(てんめい)(たのし)みて自己(じこ)応分(おうぶん)天職(てんしょく)を守る。(これ)こそ日本魂(やまとだましひ)の発動である。
 天下(てんか)修斎(しうせい)(だい)神業(しんげふ)に参加するとも決して周章(あわて)(さわ)がず、身魂(しんこん)常に洋々(やうやう)として大海(たいかい)の如く、(てん)(むなし)うして(とり)の飛ぶに(まか)すが如く、海の広くして(うを)(おど)るに(したが)ふが如き、不動の精神を常に養ふ。これが神政(しんせい)成就(じゃうじゅ)天皇(てんのう)親政(しんせい)
皇道(くわうだう)維新(ゐしん)の)天業(てんげふ)奉仕(ほうし)する身魂(たましひ)行動(かうどう)でなければならない。凡人(ぼんじん)の見て善事(ぜんじ)となす事にても、(かみ)(はふ)(てら)して()しき事は(これ)()さず。凡人の見て悪と()す事にても、神の誠の道に(てら)して()き事は(いさ)みて(これ)遂行(すゐこう)すべし。天意(てんい)(したが)大業(たいげふ)()さんとするものは一(ぴき)の虫と(いへど)(みだ)りに(これ)傷害(しゃうがい)せず、至仁(しじん)至愛(しあい)にして万有(ばんいう)保護(ほご)し世の(みだれ)(じゃう)じて(のぞみ)(おこ)さぬ至粋(しすい)至純(しじゅん)の精神を(たも)つ、(これ)(まこと)日本魂(やまとだましひ)発動(はつどう)である。(後略)
(昭和九、三、一)
   
オニド関連サイト最新更新情報
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。