霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

養子

インフォメーション
題名:48 養子 著者:
ページ:139 目次メモ:
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B121808c63
─二十五六歳の頃─
失戀の身にも世間はひろきもの春のひかりはさしそめにけり
白梅の月にかをれる夜なりしよ思はぬ人と木蔭にたたずむ
ぽつかりと月に浮き出し白い顔わが目に花のごとくうつれる
心臓の皷動はげしくをさまらず面ほてりつつしばし默しぬ
ただ二人默したたずむ足もとにどろ足の犬きたりとびつく
飛びつきし犬に彼女はおどろきてあつと叫びて抱きつきたり
鼻先にぷんとにほひて体臭の忘らえがたき身とはなりぬる
如何にしてまたあはむかと彼女いふ吾は牛乳買へとすすめし
二三日たちて彼女の母親は牛乳くばれと註文なしかへる
思ふ図にはまりしよなとよろこびて朝夕二回牛乳くばりゆく
彼の女病床にありて牛乳を飲みそつと吾が顔ぬすみ見て居り
牛乳をつぐ缶持つわが手ふるひつつ出もせぬ咳にまぎらせにけり
足すでに門を出づれどわがひとみ彼女の床にしみつきて居り
吾が胸の高鳴りおさへ父母に顔ほてらしてうちあけにけり
吾が父は頭を縦にふりながら早くもらヘといひつつほほ笑む
仲人をたのみて彼女の両親に結婚談を持ちこませたり
只一人の娘なりせばやられない養子にならばと彼女の親いふ
わが父は長男なれば養子にはまたやれないと頑張りてをり
わが恋は危機一髪の間にあり五臓六腑の血はわきかへる
牛乳をくばりたる朝玉章をそつと彼女のたもとに投げ込む
若者の心をくまぬわが父その無情さをうらみてもみし
何故にわが眞心の通はぬかと出雲の神まで恨みてみしかな
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。