霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

壬申所感

インフォメーション
題名:1 壬申所感 著者:出口王仁三郎
ページ:1 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 大本は明治二十五年の旧正月元旦、002開祖出口直子刀自に国祖大神の神懸りがあって開教されたのであるが、003今年を以て四十周年の記念祭を挙行した次第である。
004 開祖の手を神様がつかはれて、005神諭を書かれたが、006その神諭には三十年で世の替り目が来ると示され、007それが十年延びると書かれてゐた。008本年は十年延びて四十周年の日が来たので、009世界の世の字は「(さんじゅう)」と書いてあるが、010人間も三十にして起つといひ、011又それに三十を加へた六十で本家帰りといふやうに、012三十年、013三十年で一段落となる。014人間界のことはすべて三十年を以て一期とし、015また神界のことは三千年を以て神の一世といふのである。
016
017 壬申(みづのえさる)の年は「さる」といふので、018世人が縁起をかついで結婚を見合はすといふが、019これは間違ってゐる。020みづのえさるは、021すべての(わざはひ)を水の洗礼によって洗ひ去るの意で、022本年はその年回りになってゐる。023仏教のいはゆる「法」の字はさんずゐ(水)に去ると書く。024これも水の洗礼の義になるのである。025法はまたダルマで、026ダルマの巨眼は日月(じつげつ)の姿に表現される。027これは日月揃うた弥勒の意でもある。028この弥勒出現して水の洗礼によって世を清めるのである。
029
030 今年はいよいよ吾々の頭上に火の粉が落ちかかって来た。031この火の粉はどうあっても打ち払はねばならぬ。032この事あるは、033ずっと前に神様から聞いてゐた。034大正元年から蒙古を日本に引きつけおく必要を神から聞かされて、035自分は入蒙の準備として乗馬の稽古をしたりして、036いよいよ蒙古入りの決行を考へてゐた時、037大本のいはゆる十年事件が起こり、038延期して大正十三年に入蒙が実現出来たのであった。039当時私の入蒙は、040パインタラで張作霖のために、041邪魔がはいって失敗したやうに世間では見てゐたらしいが、042私自身は決して失敗ではなく、043大いに成功であったと信じてゐた。
044 蒙古のアルホラ大庫倫(タークーロン)成吉思汗(ジンギスカン)の挙兵以後六百六十六年にして、045ナランオロスからイホエミトポロハナ(大活神)が出て来るといふ予言があったが、046ナランオロスとは、047日出づる国といふ意味であり、048またその活神(いきがみ)は五十四歳の人だと予言されてゐて、049ちょうど私が五十四歳であったので、050いよいよ日出づる国から五十四歳のイホエミトポロハナ(大活神)が来たといふ訳で、051蒙古から大歓迎を受けたのであった。
052 当時人類愛善の精神を以て彼の地に人民愛撫の基礎を作っておいたのが、053今回の満蒙問題の勃発に当たって、054世界紅卍字会との共同的活動を実現し得た結果となったのである。055人類愛善主義の拡充を以て世界大和合の働きをせねばならぬが、056先づ満州東四省統一の基礎を造るために日出麿(人類愛善会副総裁)を満州に出張せしめた次第である。