霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

昭和維新の途上

インフォメーション
題名:2 昭和維新の途上 著者:出口王仁三郎
ページ:4 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 今、002日本は昭和維新の途上にある。003明治維新でも二十三年の憲法発布の時まで基礎工事が手間取った位で、004こんどの維新は時代が違ひ、005世界的になってゐるから、006なかなか簡単には運ばない。007少しは気を長く落着いて考慮して進まねばならぬ。
008 日本国民の代表者が、009心境の変化を公言してゐるが、010これはまことに現代日本人の代表的言辞とも見られる。011時節の変化に応じて仕事を為し、012機に応じて千変万化の働きをする事は必要であるが、013大切な至誠の心は一貫して変化があってはならない。
014 蒙古人の言ってゐることに、015世界中を鉄の黒蛇が取巻く時が来る、016その時が来たらば蒙古は草木まで物を言ふとある。017草木の草は昔から言ふ「民草」の草であって、018この日まで物も言はれないほど意臂(いぴ)衰退し沮喪してゐた人心が活きかへったやうに物を言ひ喜び賑はふといふ意味であり、019また山河草木の末に至るまで救はれて元気づくといふ意味である。020この黒蛇と云ふのは、021黒鉄(くろがね)を以て世界を取巻いて来た鉄道のことで、022全世界に鉄道が一周するやうな時代に、023地上に更生主が現はれて人類の苦難を救ふとの予言である。
024 先年日露講和の直後であったが、025某国の鉄道王のハリマンと云ふ人が日本にやって来て、026甘言を以て日本の元老を動かし、027満蒙の鉄道の共同経営を約束し、028それを米国から帰った小村全権が知って驚いて約束取消しの電報を打ったやうな騒ぎがあったが、029これらも黒蛇が世界を取巻くさわぎの一つであった。
030 かういふ風に、031黒蛇が極東まで取巻いて世界を一周したのだから、032もう予言の日が来てゐることは確かであると思ふ。
033 前に述べた蒙古の六百六十六年後といひ、034またキリスト教でも六百六十六の獣といふのがあるが、035036あれにはいろいろ深い謎が籠もってゐる。037その一つは六六六といふ字に謎があるので、038六はその字の形から見ても棟木(むなぎ)(はり)と柱に当たる。039それが中央と両端にあれば家が建つのである。040つまり人の住む家なり、041人類の住む家としての宇宙なりが、042完成する意味である。043仏教でいふみろく(三六)の世が来るとふのに相当するのである。