霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

愛善の道

インフォメーション
題名:5 愛善の道 著者:出口王仁三郎
ページ:12 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 今日の天下の形勢は、002実に五十年前に私が神界から聞かされてその時筆記して置いたことと寸分の相違もない状態であります。003今までに言ってあることが間違ひないとすれば、004これから先も間違ひはないのであります。005それはあだかも刀剣の鑑定人が鯉口(こひぐち)一寸ほどあけて見て切先までを判定するのと同じやうなものであるが、006今までに既に五六寸もあけて見たのだから三尺先までも鑑定がつき、007前途は明らかに計算が出来るのであります。
008 神示に依れば、009世界は一旦はもう叶はぬといふところまで行くとありますから、010この上は神助を以て切り抜けて行くよりほかに方法はないと信じます。011今までに随分智者、012学者が色々説を立てて見ても世界のこの行詰りを前知することが出来なかったことを思へば、013今日の智者、014学者は一人も頼むに足らぬといふことを証明してゐるのであります。015人間は同じ(まち)に生まれても一生言葉を交はさぬ人もあります。016そのやうな中に山河幾千里を越えても同じ愛善会員となり、017また紙上に共鳴者となって共に国事を思ひ人類の生活を思ふのは決して偶然でなく、018非常に深い因縁があるのであります。
019 昔から躓く石も縁の端といふ(ことば)がありますが、020一生に自分の躓く石といふものは幾らもありませぬ。021同じ愛善の道でも解らぬ人には何ほど説いても耳に入らず、022また解るだけの能力も誠もない。023親兄弟でも解らぬ者には解らず、024前に述べたやうに、025現に今日の形勢すら察知することの出来なかった学問などを今に信じてゐる人が多いのであります。
026 人類愛善の道は既成宗教や学説から真実に卓越した神様から直接示された天地の大道でありますから、027この道を幾分でも耳に入れることの出来る人は現代における聡明の人といふべきであると信じます。028これは学問で仕上げたのでなく生まれながら()つてゐる大智の人といふべきであると思ひます。
029 ついてはこの満州のことでありますが、030これは日本にとって離すことの出来ないいはゆる生命線でありますから、031私は先年入蒙以来夢寐にも忘れず万全の策を講じて時期を待ってをるのであります。032若い時なら急ぎますが、033これは急いだり騒いだりしても天の時に応じて人の和を講ずる必要があるのでありますから、034人類愛善会の満蒙における仕事は手ぬるいやうでありますが、035実はこれの方が真実の近道となることを私は信じてをります。
036 私は先年蒙古のパインタラで既に死線に立って辞世まで詠んで置きましたから、037いはゆる背水の陣はその時から布いてあるのであります。038大いに世界人群万類のために尽す考へでありますから、039会員をはじめ読者の方も大日本神国のために御尽力を(こひねが)ふ次第であります。