霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

世界よ何処へ行く

インフォメーション
題名:7 世界よ何処へ行く 著者:出口王仁三郎
ページ:18 目次メモ:
概要: 備考:「昭和青年」昭和七年四月号所収「世紀末観」の抜萃 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c007
001 世界よ何処へ行く。
002 全く世界は何処へ行くのであるか。
003 仏典はたまたあらゆる神示において示されたる末世は既に来てゐるのであって、004百鬼は白昼横行し、005仁義道徳は地を払ひ、006暗黒無道の世態は正に常世の暗といはねばならぬ。
007 人心の荒び、008これは実に恐ろしいことで、009父子兄弟(ふしけいてい)の争ひ、010親戚の離反、011朋友間の信義の忘却、012主僕の疎遠、013上下の反目、014老子の対峙等々、015世道の頽廃は実に言語に絶してゐる。016人道は今や壊滅してしまったと云はねばならない。
017 国家社会は刻々に危機に陥り、018あらゆる曲神(まがかみ)は時を得がほの横行振りを発揮してゐる。019富豪家の堕落は社会を極度に汚し、020淫酒にふけってあへて為す所なく、021社会の心臓たるべき都会人は安逸快楽に馴れ切って奢侈の限りをつくせば、022従って純朴の気は田舎からも去ってしまふ。023国家の中堅で、024社会の第一線に立つべき青壮年はこの悪風に(まなこ)を眩惑されて、025争って悪魔の(とりこ)となり、026国内に異邦的精神の発生をみるまでに至り、027未来の賢妻良母たるべき女子は(べに)白粉(おしろい)を塗り立てて胡蝶の如き生活に日を送る。028全く淫靡の世風は吹き荒んで、029聖者の遺訓はあっても鼻紙ほどの重きをなさず、030法令は存してもこの人心を如何ともすることが出来ない。031人心の堕落はすべてに反映して経済的の危機も正に来てゐるのであって、032農業の不振は商工業に大なる影響を来すこと言ふまでもなく、033世界的の不景気風はフーヴァ風犬飼風の対抗ぐらゐでは止むことを知らぬ。
034 国家の富が増進したとて喜んだ時もあったが、035しかし、036実際は人々の頭上に飢餓は迫って来てゐる。037経済的不備は生産過剰を招いて物価の凋落は一層世間を不景気に落とし、038輸入超過につぐ超過で、039経済界は赤字また赤字で、040窮乏その極に達したの観がある。041かくて国庫はまさに窮乏して兌換借款とその行くところを知らず……。
042 この人心の悪化、043経済界の危殆は人々の生命財産をおびやかすこと正に甚大であって、044法警の完備した現代にますます殺傷の行なはれる事は寒心に堪へない。045人心の悪化は政界の不完全を物語るとみてもよく、046暴戻(ぼうれい)の横行に誠の人士は進むの道を奪はれてしまひ、047奸侫邪智(かんねいじゃち)の者の天下となって挽回するよすがもない娑婆世界となってしまった。048国家の元老は名のみ(こひねが)ひ己れの勢力と配下を持つことにのみ余念なく、049政客に正義なく、050ただ政権を弄ぶかの如く見え、051吾が党擁護が彼らの仕事となったかの観がある。052国家の選良は国議を軽視し、053国帑(こくど)国家の財貨の意を浪費して民の負担を日に重からしめ、054かくて国家破産の緒を開き、055あまつさへ彼の神聖無垢であるべき我らの議事堂に、056あだかも雲助輩(くもすけはい)の行動を演出することは慷慨(かうがい)にたへぬ事である。
057 医学の完備した世に悪疫のますます蔓延して行く現代であり、058交通機関は完備してしかも有無相通ずる道もない今日である。059学説出でてますますその偏狭陋劣(へんけふろうれつ)さを現はし、060怪論迷説は世を闇黒(やみくも)に導くのみの現代である。061国防成って国辱(こくじょく)しきりに起こるの時、062武人は士道華やかなりし頃の気概なく、063むしろ物質に愛着を感じてゐる現代を思ふ時、064ますます世界よ何処へ行くの感は深い。
065 人心を天国浄土に導くべき宗教はどうしたのかと叫ばずにはをられない。066宣教師または僧侶は、067エホバ、068仏陀の教義を曲解し誤説して、069彼らは極力宗祖の教旨を滅ぼしてゆく。070道を説く彼らの品行の堕落は正視出来ぬものがあり、071かへつて精神界を攪乱しつつある古今未曾有のこの世相には、072天神地祇も正に怒りを発したかの観がある。073台風、074時ならぬ雷鳴、075しきりに(いた)る水難、076旱魃、077地震、078大火等、079軍神つひに憤って天賊地妖を隈なく鏖殺(おうさつ)し清め給ふ御心を覚らねばならぬ。
080 しかし、081神は愛であり慈悲である。082神は恵みの主であらせられる。083神はみろく下生(げしやう)を、084あるひはキリストの再臨を誓約した。085即ち神の恵みは天来未知の大偉人の力に依って最後の峠を越さしめ、086選民を永久に救って下さるのであって、087ここに初めて天国浄土は地上に顕現するのである。088徹底的に邪神を懲らし善神を救ふ神の大経綸、089これこそ大和民族に賜はった神の御遺訓であり、090誓約なのである。
091 かくて真人生まれ来たり、092惟神の大道を世界に敷衍(ふえん)する時、093五逆十悪の濁世(じよくせ)は消滅して、094天地自づから清浄に、095主神(スしん)の意志の完全に地上に行はるる新しき国土は開かるるのである。