霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

救世主義

インフォメーション
題名:9 救世主義 著者:出口王仁三郎
ページ:25 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 愛善主義は真の救世主義であります。002悪人を悪人として罰し、003善人を善人として賞するのは、004現実界即ち自然界の人為的法則で、005愛善そのものとは非常に遠いものであって、006かうしたやり方では到底世を救ふことは出来ないのであります。007現世相は日一日と悪化して、008国と国、009民族と民族間の軋轢や忌まはしい闘争がますます露骨に演ぜられ、010産業、011経済、012思想、013政治、014一切の世相に一大変動は免れぬ状態にまでさし迫って来たのであります。015この際この時、016国民はしっかりと腹帯を締めてこの難局に善処しなければならぬ。017それには先づ救世主義であるところの愛善主義即ち伊都能売(いづのめ)主義に依らねばなりませぬ。018伊都能売神の救世の主義は、019第一に慈顔我が身を反省して罪悪の淵に自身を沈没せしめぬこと、020次には慈顔我が一家を顧みて、021以て常に平和と幸福を増進せしむること、022次には慈顔我が一国を愛して国利民福の大精神を発揮し実行せしむこと、023次には慈顔宇宙人類を愛善して内外東西洋の別なく福利せしめむとするの大精神を発揮すること、024次には慈顔一切の蒼生万類を見て現世の汚濁を脱却せしめ、025永遠無窮に大光明に()らしむること、026次には天神の愛善と信真とを理解せしめて不老不死なる天国又は霊国に安住し復活せむと焦慮することであって、027これ即ち慈顔衆生をみそなはす所以のものであり、028この心を体得し得念した上は、029人生は実に実に福寿無量にして歓喜悦楽の妙境に安住し得るのであります。
030 愛善主義なるものは、031要するに、032人生即ち現実の世界を中心として教ふる所の神教であって、033この現世に即して永遠無窮の天国生活の真諦を味ははしむるもので、034幽玄微妙不可言(ふかげん)なる真理に住する秘奥を現生命に即して永遠の真生命を実得せしむる聖教であります。035あくまでも現世をして妙楽の光明世界と為すの大楽天主義であって、036厭世的隠遁的趣味は愛善主義即ち伊都能売主義には断じてないのであります。
037 観音経の「光明(あまね)く世界を照らし慈顔衆生をみそなはして化益一機(けやくいちき)を漏らすことなし」とあるは、038これ即ち愛善主義にして、039この信仰は非常なる楽天主義で、040地獄的思想は微塵もない。041またこの教義には恐ろしいとか、042(いと)ふべきこととか、043忌まはしきものは寸毫も包含してゐないのであります。
044 既成宗教には、045実に厭ふべき一種の脅喝があり、046方便があり、047虚構があり、048誘惑的言句が現はれてをりまして、049総て人間を恐怖せしめ、050至粋至純なる天成の大和魂を軟化し、051立派なる男子の睾丸を抜取(ばっしゅ)し、052女子を罪穢の権化の如く軽蔑し、053人間の勇猛心を挫折せしめ、054弱国弱兵の原動力となったものばかりであります。
055 しかるに伊都能売信仰においては、056現幽共に大光明境(だいくわうみやうきやう)に住し、057化益一機(けやくいちき)を漏らすことなく、058触るるところ、059往くところ、060見るところ、061聞くところ、062一切ことごとくみな愛善の法悦と救ひの網の中に摂り収めてしまふといふ真の信仰であるが故に、063楽天であり、064大安心であり、065憂苦する所なく、066恐怖する所なく、067愛善の徳と信真の光に依って固められたる難攻不落の堅城鉄壁であり、068人生一切の後ろ楯であり、069現界にゐながらにして一大光明世界に仮住する真の救世教であります。