霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

世界に範を示せ

インフォメーション
題名:11 世界に範を示せ 著者:出口王仁三郎
ページ:31 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c011
001 日本の為政者たるものは、002光華明彩六合に照徹する神智と神徳を保有し、003以て全世界の暗黒無道の惨状を救ふべき天職あることを忘れてはならぬ。004しかしながら、005今日の為政者にこんな注文をするのはいささか無理である。006日本だけの修理固成さへ持て余して、007窮々(きうきう)いって目を(まは)してゐるやうな次第柄(しだいがら)成り行きの意だから。
008
009 天地の公道に基づき、010政治の根本を確立せば、011天下は至治泰平の神国を招来するを得るのである。012世界の大勢に順応するはよいが、013公論と衆論とを誤解して、014衆愚多数政治と云ふやうな事になったら、015それこそ天下国家の滅亡を来すやも知れぬ。016公平無私なる皇祖の御遺訓によって、017政治の本領を真解さしたい。
018 国務大臣は第一に天祖、019国祖を鄭重に祭祀し、020朝夕怠らず至誠をもって拝礼し、021天祖所示の施政方針を遵守し、022大神の御心を心として仁慈の徳を備へて、023国民に臨むべきである。024国務大臣にして、025この信念と至誠なき時は、026国民の議論百出し、027終には忌まはしき危険思想を醸成し、028以て祖宗建国の大精神を破壊せしむるのおそれなきやを憂ふ。029敬神の念薄き大臣は、030日本神国の為政者たるの資格は絶対に無いものである。
031
032 また今日の教育家は、033真の大道を究めてをらぬ、034真の学理を知らぬ。035人の師範たる教育家でありながら、036肝腎の教育勅語の大精神を了得せず、037日々有害無益の教を説き、038愚人の著はした愚説のみを教壇に立って受け売りする蓄音器のやうなものである。
039 天地の大道たる敬神尊皇愛国の本義を体得し、040かつこれを実行し得ざる教育家について学ぶは、041実に危険である。042国民性を傷害し、043日本魂(やまとだましひ)を滅却せしむるもの、044実に多大である。
045 第一に天祖、046国祖を祀り、047次に祖先に仕へ、048以て忠孝の大義を実践躬行し、049報本反始の実を挙ぐるを以て、050教育の根本となすべきものである。051教育家にして、052真に我が国体を理解し、053四海同胞、054神人一系の神機を覚らば、055大、056高、057中、058小学、059幼稚園内に至聖場を設けて、060天祖、061国祖を奉斎し、062忠孝一本の本義を教師自ら実行し、063以て被教育者に模範を示して貰ひたい。
064
065 日本は神国であるといふ。066神国なれば神国らしい行ひを守り、067世界に範を示さねばならぬ。068神国天来の使命が了解さへ出来たら、069国民一般が神心になり、070至治泰平、071みろくの神世が出現するから、072現在の人心不安も、073混乱も、074経済界の沈衰も、075奇怪なる思想も、076朝日の前の梅雨の如く、077たちまち消滅してしまふのである。078今日の為政者も教育家も、079君国を憂ふる一片の至誠あらば、080一刻も早く改心、081改造に奮進せねばならぬのである。