霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

社会の改善と国民性

インフォメーション
題名:14 社会の改善と国民性 著者:出口王仁三郎
ページ:40 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 吾らは敬神尊皇愛国の至善とする、002皇室を中心と為さない政治は日本の政治ではない。003日本は古来徳を以て治むる国である。004畏くも、005明治天皇は「我ガ皇祖皇宗国ヲ(はじ)ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ」と()らせ賜うた。006すなはち日本国の本能は徳治である、007世界万邦の民仰ぎて以て宗国と為し悦服帰順し来たるべき神国である。008しかして日本はあくまで日本人の日本でなければならない。009護国の精神と世界の平和を望む心とは一致する。010吾らの求むる文明は正義を基礎とした文明である。011欠陥だらけの悪質の文明は皇国及び皇国民の仇敵である。012文明の発祥地が欧米のみに限られたやうに思ふ者があるならば、013その人は少なくとも精神上の文明につき研究を怠った人に相違ない。014近来いはゆる欧米の先進国といふべき国の態度はどうだ。015人道を無視し、016人種を差別し、017公約を非議して国債の信義を破り、018思想の壊裂、019道徳の頽廃、020そこにいくばくの学ぶべき点があらうか。021翻訳的新思想の宣伝、022改良運動の煽動は必ずしも悪いとは云はれない。023これが為に刺激され、024旧来の陋弊を革正することとなれば、025はなはだ結構だと云はなければならぬ。
026 要は、027よくこれを咀嚼し、028これを洗練して日本化するにある。029如何なる危険思想も恐るるに足らない。030護国の精神を以てこれを消化すればよい。031しからずして例へば、032社会主義でござれ、033共産主義でござれとと云ったやうに、034不規律に、035無節制に、036非国家的に、037外来の思想に溺れてゐては、038国家の隆興も民族の福祉も、039これを永遠に失はなければならない。
040 皇国の社会組織、041経済組織には、042改善すべき沢山のものがあり、043時代に適合した施設を行ふのは当然である。044しかしてその根本は伝統的に統一された国民性を土台として、045どこまでも敬神尊皇愛国を主としなければならぬ。