霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

神国に報ずるの覚悟

インフォメーション
題名:18 神国に報ずるの覚悟 著者:出口王仁三郎
ページ:50 目次メモ:
概要: 備考:「神霊界」大正八年五月一日号所収「皇道我観(四)第五章 世界無比の神国」の抜萃 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c018
001 日本国は古来神国と称し、002細矛千足国(くはしひこちたるのくに)003豊葦原瑞穂の中国(なかつくに)004磯輪垣(しわがき)秀妻国(ほつまのくに)005また豊秋津根別国(とよあきつねわけのくに)006大八洲根別国(おほやしまねわけのくに)007浦安国、008言霊の天照国(あまてるくに)009大倭国(やまとのくに)010日本国(ひのもとのくに)011国の本国(もとくに)など称し、012世界無比の神国であるから異邦に勝れて尊きは言ふまでもない。
013 寒暑共にその(なかば)を得て、014地は南北に亘り、015東西に跨って、016四方に清海を(めぐ)らし、017風土清けく、018土地膏沃(かうよく)019五穀その他の作物は豊穣であり、020山野に草木繁茂し、021果実よく熟してその味(こと)(うる)はし。022金銀銅鉄鉛錫石炭の類に至るまでも生産し、023一切欠くる事なき天産自給の宝国(はうこく)である。024また人民の衆多なるは面積比較上外国に数倍し、025天賦の霊能日本魂(やまとだましひ)あるを以て勇気、026智量、027慈愛、028親睦の良質を惟神に包蔵し、029平素清潔を好み、030神祇を崇敬し、031皇室を敬ひ尊び、032大義を重んずる事はこの神域に生を()けた神国神民の自然より出づる美徳である。
033 かく日本国民は淳朴質実で神勇神胆あるが故に、034日本の太古には天道、035地道、036人道などの名称もなく、037忠義孝貞などの名目もなく、038ただただ神随(かむながら)言挙げせぬ国として、039不言の教、040無為の化が自ら行はれ、041その行為の道に違反するものは少なかったのである。042大伴氏の遠祖天忍日命(あめのおしひのみこと)の誓言にも「海行かば水潜屍(みづくかばね)043山行かば草()(かばね)となりて、044取り収むる者なくとも(がう)(いと)はずして、045大君(おほぎみ)()にこそ死なめ(のど)には死なじ顧みはせじ」と言ひ、046筑紫の防人とて(あづま)より賦役(ふえき)に赴く土兵(いやしきもの)が、047(ぬか)()は立つるとも、048背に()は負はず、049進むことありても退く事は為さじと言った如く、050君臣(くんしん)の大義、051父子(ふし)の神愛も自ら備はつてゐたのである。
052 然るに世降り、053生民(せいみん)漸次(ぜんじ)数を増すに従って惟神の美風良俗次第に破れむとし、054一の教法なくては治まり難くなったが為に、055崇神天皇の御宇(ぎょう)に至って和光同塵的政策の必要に迫られ、056これより次第に儒仏耶等の外国に興った教を採り入れ、057なほ近代に至っては西欧文明をも吸収して現在に及んでゐる。
058 しかし、059元来皇道は日本神国には(そな)はった宇宙の大道であって、060天津日嗣天皇が天の下、061四方の国を安国と平けく治食(しろしめ)すべき規範たるべきものであり、062世界の人類を治め助け、063善美なる言行の範を示し、064国民はこの道に準拠して、065上御一人(かみごいちにん)天皇のこと御尾前(みおさき)に仕へ(たてまつ)つて、066世界を経綸するの天職を遂行すべきものであって、067決して外来の宗教説の如く、068未来の楽土を欲求し、069救助を求め、070万事哀願的に出づるのとは全然その選を(こと)にする。
071 この皇道の宗家たる皇国は、072畏れ多くも皇祖の大御親神に坐す天之御中主大神の御実体の顕現であって、073世界一切を具有し給ふ神国なるが故に、074皇祖の神勅に依って世界一切の生民を同胞となし、075天下統治の天職を帯ばせ給ふ神聖不可犯の天津日嗣天皇が天壌無窮に鎮座あらせられ、076(しも)神民は皇祖大神の授け給うた敏心(とごころ)日本心(やまとごころ)を以て万世一系の皇運を扶翼し奉るべき、077天賦の使命を具有するのである。
078 今ややうやく天運循環して皇国は和光同塵の策を斥け、079その本来の天職使命を以て世界に処すべきの(とき)にたち到った。080現今世道暗澹として人心日に荒むといへども、081今にもあれ皇道の大本(たいほん)を講明して以て神国神民の霊性に訴ふるときは、082必然日本魂(やまとだましひ)の発現し来たって天授の神魂に復帰すべきは論を俟たない。083かくなるときは我一(われいち)を以て実に異邦の百千万人に当るに足るのである。084皇国の神民たるもの、085よろしく皇道の大本に徹し、086深き自覚と限りなき矜持(きんぢ)を以て、087神国を愛し神国に報ずるの覚悟がなければならぬ。088世界の宗主国たるわが日本神国を愛し護ることは即ち世界人群物類を愛し護る所以となるのである。