霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

敬神と愛国

インフォメーション
題名:19 敬神と愛国 著者:出口王仁三郎
ページ:54 目次メモ:
概要: 備考:「神霊界」大正一〇年六月一日号所収「皇国民の踏むべき道」(二)の抜萃 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c019
001 誰でも自分の身を愛さぬものはない。002我が身を愛するものは必ずその家を愛するものである。003人たるものは家を愛する心を国に及ぼさなければならぬ。004船に乗るものは帆楫(ほかぢ)の良いのを必ず選び、005車に乗る者は(わだち)や心棒の堅固なのを選ぶものである。006船車(せんしや)は一時の用にもちふるもの、007その生を預けるや久しくないが、008しかも覆り溺るるの憂ひあるを恐るるのである。009国土に至りては、010即ちその生を托するや久しくして平けく安らけく富み栄ゆる事は、011吾らのみの幸福に(とど)まらず子孫の幸ひとなるのである。012しかるに人々のこの国土を視るや一時の用に過ぎざる船車にも及ばず、013これ果たして正なり、014賢なりとすることが出来るであらうか。015すべてのものには遠き近き大き小さきがある。016遠くして大なるものは何であるか、017近くして小さきものはまた何であるか。018吾が身も吾が家もすでに国土の(うち)にあるのであるが、019ともすれば、020その身や家の近く小さきを愛し重んじて、021国土の遠く大なるを捨てて顧みぬものが多いやうである。
022 また文武百官には文武百官の愛国がある。023商人の商業における、024職人大工のそのわざにおける、025農夫の耕耘(かううん)における、026各自その分に従ひ、027以てその業務(なりはひ)に力を尽すも、028また愛国の道となすべきものである。029国を愛するの道は、030尊き卑しきの不同ありといへども、031(つづ)まるところは、032国土を保全(たも)つてこれを強くし、033かつこれを安く穏やかになし、034世界の国々をして我が国の徳風(ひかり)に靡き従はしめるのが愛である。
035 けだし国土の広大無辺なる事、036一人の力を以ては、037これを富まし、038強め、039これを安く穏やかにする事は出来ぬのであるが、040多くの勢力を合せ、041一致協力して国を守り保つが肝要である。042たとへば大岩の如きものである。043その重みが千斤ありとすれば細き一筋の紐にては、044よくこれを曳くことが出来ぬ。045更に幾筋も加へる時は、046即ち以てよくこれを曳くことが出来るのである。047これ多くの力を合せた効能である。048今一人の力は小なりといへども、049日本全国七千万の同胞が一致戮力(りくりよく)して以て国の富強安寧をはからば、050即ちこの国を保全(たも)ち、051(さかん)ならしめむこと何の難き事あらむやである。
052 けだし愛国の心は、053敬神のまことより出づるのである。054良く神を敬する者は国家を愛し、055国家を愛する者は神を敬ひ、056敬神と愛国とはその義一つである。057いはんや我が日本国は神国と称へて世界の親国、058本国(もとくに)であるのだから、059いやしくもこの結構な神国に生を預けながら敬神愛国の心なきものは人であって人でない。060己れを愛することを知って国を愛することを知らざる者は全く鳥獣にも劣りしものと言ふことが出来るのである。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/24【霊界物語ネット】『出口王仁三郎全集』の「第二篇 皇道我観」(第一~第十章)を校正しました。
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。