霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

言霊の活用

インフォメーション
題名:22 言霊の活用 著者:出口王仁三郎
ページ:74 目次メモ:
概要: 備考:霊界物語第四巻第五〇章「神示の宇宙 その五」の後半部とほぼ同じ タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c022
001 人間は宇宙の縮図であつて天地の移写である。002故に人体一切の組織と活用が判れば、003宇宙の真相が明瞭になつて来るのである。
004 諺に曰ふ『燈台下暗し』と、005吾人の体内にて間断なく天の御柱なる五大父音と、006国の御柱なる九大母音が声音を発して生理作用を営んでゐる如く、007宇宙にもまた、008無限絶大の声音が鳴り鳴りて鳴り余りつつある。009しかして大空は主として、010五大父音を発声し、011地上及び地中は主として九大母音が鳴り鳴りて、012鳴り足らざる部分は天空の五大父音を以てこれを補ひ、013生成化育の神業を完成しつつある。014天空もまた大地の九大母音の補ひによつて克く安静を保ち、015光温を生成化育しつつあるのである。
016 またこの天地父母の十四大音声の言霊力によつてキシチニヒミイリヰの火の言霊を生成し、017またケセテネヘメエレヱの水の言霊と、018コソトノホモヨロヲの地の言霊と、019クスツヌフムユルウの(むすび)(即ち神霊)の言霊とを生成し、020天地間の森羅万象を活き働かしめつつ、021造化の神業が永遠無窮に行はれてゐるのである。022試みに天空の声を聞かむとすれば、023深夜心を鎮めて左右の人指を左右の耳に堅く当てて見ると、024たしかにアオウエイの五大父音を歴然と聞くことが出来るのである。
025 私がこんなことを言つても、026現代の学者は迂遠極まる愚論と一笑に附し去るであらうが、027身体を循環する呼吸器音や血液や食道管や腸胃の蠕動音(ぜんどうおん)がそれである。028しかるにその音声を以て宇宙の音響と見做すなど、029実に呆れて物が云へぬと笑はれるであらう。030(いづく)くんぞ知らむ、031人間の体内に発生する音響そのものは、032宇宙の神音霊声なることを。033今医家の使用する聴診器を応用して、034心臓部より上半身の体内の音響は、035五大父音が主として鳴り轟き、036以下の内臓部の音響は九大母音鳴り渡り、037その火水地結の音声の互ひに交叉運動せる模様を聞くことが出来るのである。038人体にしてこれらの音声休止する時は、039生活作用の廃絶した時である。040宇宙もまたこの大音声休止せば、041宇宙はここに潰滅してしまふのである。042地中の神音は人間下体部の音響と同一である。043ただ宇宙と人体とは大小の区別あるを以て、044その音声にも大小あるまでである。045大声耳裡に入らず、046故に天眼通、047いはゆる透視を為すに瞑目する如く、048宇宙の大声を聞かむとすれば、049第一に閉耳(へいじ)するの必要があるのである。
050 神典にいふ、051「鳴り鳴りて鳴り余れるところ一所(ひとところ)あり、052鳴り鳴りて鳴り足らざるところ一所あり」と、053これ大空及び大地の音声活用の神理を示されたものである。054聖書にいふ「太初(はじめ)(ことば)あり云々」と、055これによりて宇宙言霊のいかなる活用あるかを窺知すべきである。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)