霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大自然と人間

インフォメーション
題名:26 大自然と人間 著者:出口王仁三郎
ページ:88 目次メモ:
概要: 備考:水鏡所収「惟神の心性」とほぼ同じ タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 富貴、002栄達、003金銭、004性欲、005虚栄、006その間に介在する一切の闘争も論議も屁理屈も、007所詮無事平穏時代の一の躍りにすぎない。008純理だ、009合理だ、010正義だ、011公論だと殊勝らしく喋々(てふてふ)してゐたいはゆる先覚者も、012私利私欲にあけ暮れかじりついてをる餓利々々亡者連も、013名誉の奴隷輩も、014驚天動地の大震災と大火災の阿鼻叫喚地獄に投ぜられたその瞬間には、015何物がその脳裡に存在するであらうか。016その最初の間は、017一物でも一物でもと、018物質に対する欲求に駆られてゐるが、019次第に震害と火力が強烈になつたら、020それらも一つ一つ放棄せねばならなくなる。021執念深く物質にのみかじり付いてゐようものなら、022貴重な生命までも放棄せなくてはならなくなるだらう。023理学や化学の大家と称せらるる人々にも天変地妖の惨状を予知する事は到底出来ないであらう。024いかなる哲学者も、025宗教家も、026応用化学の大家も、027端然として大震大火の真最中に立つてゐる事は出来ない。028何れも生命の惜しさに、029ブザマな醜状を暴露して逃げ出すより(みち)は無いのである。030千万長者も、031無一物の労働者も、032愚者も智者も、033吾れ先にと争つて逃げ迷はざるを得ないだらう。
034 かかる際、035物質欲を捨て、036一切を神に(まか)せ、037身一つで逃げ出したものは生命を保たれ、038欲の深い連中は皆殺されて了ふであらう。039大自然と云ふ強力者の前には、040智愚貧富の区別は無い。041太陽は等しく暖味を平等的に与へる。042日光も涼風も等しく風流を与へる。043そこに大自然即神様の尊い仁恵があるのだ。044暴風も洪水も地震も、045人によつての区別は無い。046いはゆる天災地妖は平等的である。047かうした大自然の中から、048人間は人間の哲学を見出さねばならない。049現代の一切について、050大なる矛盾と撞着の余りに雑多なるを痛嘆せられる。051自分はここにおいて一切の人類に対し、052ただ惟神の心性に帰れと大声疾呼したくなる。
053 文化の進展した今の世界においては、054人間の生命は余りに(やす)い。055竹の柱に(かや)の屋根の時代には、056余り生存難だとか、057失業だとか云ふやうな、058忌はしい不自然な問題は起らなかつたのである。059鉄筋コンクリートの高層建造物の世の中に、060生存難や人間苦が存在してゐる。061一つの建造物に幾万の生霊(せいれい)を容れて、062一瞬の間にその生命を奪はれた東京の震災を思ひ出さずにはゐられない。063ただただ天地惟神の法に従ひ、064竹柱茅屋(ちくちうばうをく)の神代的生活であつたならば、065かやうな無残な事は出来なかつたであらう。066電気も瓦斯(がす)も水道も、067大自然の強力には何らの力なく、068滅茶滅茶に(こは)されて了ふ。069井戸水や蝋燭はそこになると、070非常なる底力があると言はれるのも西洋文明に対する皮肉である。
071 自分は原始時代を盲目的に讃美するのではないが、072そこに味はふべき点の多々あることを力説したいのである。073薄つぺらな西洋文明崇拝者や耶蘇教かぶれや文化宣伝の学者らの反省を促したい。074そして、075これらの盲目的学者や同胞をして、076純粋なる日本神国の神民に復活させたい。077純日本人に復し惟神の大道に導き救ふのが人間相互の務めであると思ふ。078外道に陥れる地獄魂の多い今の世の中は、079殊にこの感を深うさせられるのである。
080 東京横浜の震火災の時、081玄米の粥と梅干一個で一日の生命をつないだ経験のある人々には、082いかに人間が生命欲に強烈であるかと云ふ事に気がついたであらう。083所詮人間の欲求するものは、084永遠無窮の生命である。085人間の生命はどこまでも永遠でありたい、086そして不滅でありたい。087心強い信仰の上に立脚して人間らしく神民らしく進展すべきである。088純日本人は日本神国の神民に復りたい。
089 この筆法で自分は今日まで進んで来た。090真剣に邁進して来たのである。091これに反対し妨害するものに対しては、092全力を挙げて闘つて来た。093自分は人類愛の為に、094今日まで奮戦苦闘を続け、095外道悪魔の牙城に向つて勝鬨(かちどき)を挙げて来た。096神を力に誠を柱に、097信仰と熱心と忍耐とによつて、098ここに地上天国、099霊国を建設して来たのである。