霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

惟神の真理

インフォメーション
題名:27 惟神の真理 著者:出口王仁三郎
ページ:92 目次メモ:
概要: 備考:霊界物語第四六巻第一七章「惟神の道」の後半とほぼ同じ タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 人間がこの世に生れ来り、002美醜強弱貧富貴賤の区別がつくのも決して人間業でない。003何れもみな惟神のよさしのままに、004それ相応の霊徳をもつて地上に蒔きつけられたものである。005富める者はどこまでも富み、006貧しき者はどこまでも貧しいのは、007その霊の内分的関係から来るものであつて、008決して外分的関係より作り出されるものでない。009貧しき霊の人間が現界に活動し、010巨万の富を積み、011金殿玉楼に安臥し、012富貴を一世に誇るといへども、013依然としてその霊と肉とは貧しき境遇を脱する事は出来ない。
014 それはちやうどいかに醜婦が絶世の美人の容貌にならむと、015紅白粉(べにおしろい)を施し、016(うる)はしき衣服を装ひ、017あらむ限りの人力を尽すといへども、018醜女は依然として醜女たるの域を脱せざると同一である。019鼻の低い者はいかに隆鼻術を施すとも到底駄目に(をは)る如く、020貧者はどこまでも貧者である。021すべて貧富の二者は物質的のみに局限されたものでない。022真に富める人は一箪の食一瓢の飲を以て天地の恵を楽しみ、023綽々(しゃくしゃく)として余裕を存し、024天空海濶たる気分に漂ふ。025いかに巨万の財宝を積むとも、026神より見て貧しき者はその心平かならず豊かならず、027常に窮乏を告げ、028欲の上にも欲にかわき、029一時たりとも安心立命することが出来ない。030金の番人、031守銭奴たるの域にあくせくとして迷ふのみである。
032 また天稟(てんびん)の美人は美人としての惟神的特性が備はつてゐるのである。033美人の慎むべき徳として、034吾れ以外の醜婦に対しなるべく美ならざるやう、035(えん)ならざるやう努むるを以て、036道徳的の根本律としてゐるのは、037惟神の真理を悟らざる世迷ひ言である。038美人はますます装ひを尽せば、039ますますその美を増し、040神または人をして喜悦渇仰の念を沸かさしむるものである。041これが即ち美人として生れ来りし自然の特性である。042これを十二分に発揮するのが惟神の真理である。043また醜婦は決して美人を妬みそねまず、044自分の醜をなるべく装ひ、045人に不快の念を起さしめず、046かつまた美人に対して尊敬の念を払ふのが醜婦としての道徳である。
047 富者となり貧者となり、048貴人となり賤民となり、049美人となり醜婦となり、050智者となり愚者と生れ来るも、051みな宿世の自ら生み出したる因果律によつて来るものなれば、052各自にその最善を尽し、053賤民は賤民としての本分を守り、054貴人は貴人としての徳能を発揮し、055富者は富者としての徳を現はし、056貧者は貧者としての本分を守るのが天地惟神の大道である。057かくの如く上下の万民が一致的にその本分を守るにおいては、058神示にいはゆる(ます)かけ引きならして、059運否のなき五六七の世が現出するのである。
060 私がかくの如き説をなす時は、061頑迷固陋の倫理学者、062道徳学者らは、063必ず異端邪説として排斥するであらう。064しかしながら天地の真理、065惟神の大道たる以上は、066如何ともすることが出来ないのである。