霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

学者の態度

インフォメーション
題名:29 学者の態度 著者:出口王仁三郎
ページ:97 目次メモ:
概要: 備考:霊界物語第四八巻第一章「聖言」からの抜萃 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c029
001 宇宙には霊界現界の区別があって、002到底その一方のみにて真相を知ることは出来ない。003いはゆる科学的知識を以て、004この無限絶体無始無終、005不可知不可測の霊界の真相を探らむとするは、006実に迂愚癲狂(うぐてんきやう)もはなはだしといはねばならぬ。
007 先づ現代の学者はその頭脳の改造をなし、008霊的事物の存在を少しなりとも認め、009神の内流によつて(しん)の善を知り、010真の真を覚るべき糸口を捕捉せなくては、011黄河百年の河清(かせい)を待つやうなものである。012今日の如き学者の態度にては、013たとへ幾百万年努力するとも、014到底その目的は達することを得ないのである。015夏の虫が冬の雪を信ぜない如く、016今日の学者はその智暗くその識浅く、017かつ驕慢にして自尊心強く、018何事も自己の知識を以て、019宇宙一切の解決がつくやうに否ほとんどついたもののやうに思つてゐるから、020実にお目出度いと云はねばならないのである。
021 天体の運行や大地の自転運動や、022月の順行、023寒熱の原理などについても、024未だ一としてその真を得たるものは見当らない。025徹頭徹尾、026矛盾と撞着と、027昏迷惑乱とに充たされ、028暗黒無明の域に彷徨し、029太陽の光明に反き、030わづかに陰府の鬼火の類を認めて、031大発明でもしたやうに騒ぎまはつてゐるその浅ましさ。032少しでも証覚の開けたものの目より見る時は、033実に妖怪変化の夜行する如き状態である。
034 現実界の尺度はすべて計算的知識によつて、035ある程度までは考察し得られるであらう。036しかし何ほど数学の大博士といへども、037その究極する所は到底割り切れないのである。038たとへば十を三分し、039順を追うて追々細分し行く時は、040その究極する所はやはり細微なる一といふものが残る。041この一は何ほど現代の学者が、042鯱矛立(しゃちほこだち)になつて研究しても到底解し能はざる所である。