霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

国防について

インフォメーション
題名:32 国防について 著者:出口王仁三郎
ページ:102 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c032
001 吾々の希望とするところは世界の平和と幸福を永遠に持続して、002天人ともに和楽の黄金世界を現出せむとすることである。003社会主義者や道学者、004既成宗教家などの唱へる如くに武備を撤廃して、005真の幸福と和平が招来さるれば良いが、006それは困難であり、007不可能であると思ふ。
008 人間は造物主よりあまりに完全に、009あまりに自由に造られてゐるので、010つひに報恩感謝の念より遠ざかり、011天地の御恩を忘れて利に走り他を省みない獣性を持つやうになった。012故に、013我が皇祖は全世界統治の大権として三種の神器をお授けになったのである。014その主なるものは剣である。015(たま)も鏡もうしろに剣がなくては完全にその使命を遂行することは出来ない。016璽は平和を象徴し、017鏡は神威八紘開発の神宝であり、018剣は大にしては国防、019小にしては護身を意味する。
020 世界の各国が人文の発達につれ生存を競ふやうになり、021個人の生存競争は拡大して一郷の競争となり、022一国の競争となり、023現在では国は国、024郷は郷、025個人は個人同志で、026しのぎを削ってより大きく、027より高く、028より強く、029そして自己のものにといふ征服欲に燃えてゐる。030完全に全世界が皇威にまつろふやうになるまでは、031国を守る上に、032正しい政治を行ふ上に武備が必要となるのである。033精鋭なる武器を整へることが、034国防の第一義であり、035古来我が国を細矛千足国(くはしほこちたるのくに)と称したその名にも敵ふ所以である。036また日本人の大和魂といふのは勇智親愛、037いはゆる四魂の中でも勇が中心になった直日の(みたま)の活きである。
038 今日では日本は津軽海峡をへだてて四方環海の島国になってゐるが、039神代時代には現在の東洋一帯が葦原の国であって、040渤海湾からゴビの砂漠、041新彊(しんきやう)辺りまで入り海となってゐた。042現在の日本海はちやうど瀬戸内海ほどの大きさで小舟を以て交通してゐたものである。043そして葦原の国全部を日本が支配してゐたので「アジア」と言ふのは「葦原」の転化したものである。044現在の地形では想像も出来ないが日本はその厖大な土地の君主であり、045地上の総領国であった。046その後地殻の変動によって、047大陸とは分離し、048大陸の統一が出来なくなり、049言語も風俗も異なるやうになったのである。050我が国は神代時代においてかかる歴史を持ってをり、051また細矛千足国と云って武勇の勝れた国であった。
052 我が国は今日世界の状勢より見て、053まさに国防の時である。054ことに昭和八年は国防の年であると思ふ。055陸に海に空に充分な備へが必要であって、056むしろ国防より一足進んで制海、057制空に志さなければならない。058日本は国民皆兵の国である。059畏くも皇室を御本家として国民を家族と見做されてゐる国である。060たとへば身は軍人でなくとも老若男女ともに国防の完成に努力するのが当然である。061これは小にしては個人の平和幸福であり、062皇祖の御垂訓が世界全土に冠せられ、063(まつ)ろはぬ者なき聖代には皇威の照り輝くところ、064総てが平和と幸福に満たされるのである。065我が国は忠と勇と孝とを以て建国の教とし安寧、066秩序を保ち温厚篤実なる風俗を続けて来たのであるが、067この忠孝の道を全うせむとするには国家を守るべき国防運動に全力を注ぐのが今日我が国民の一大義務である。