霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

非常時の覚悟

インフォメーション
題名:33 非常時の覚悟 著者:出口王仁三郎
ページ:105 目次メモ:
概要: 備考:「人類愛善新聞」昭和八年二月二三日号所収「万人青年の意気で」とほぼ同じ タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 最近しきりに、002非常時日本といふことが叫ばれる。003事実、004国内の情勢、005世界の動向を見て、006吾らもその感を深くする。007そこで、008常に(おも)ふことであるが、009この非常時日本を背負うて雄々しく起つ者は、010何というても青年でなければならぬ。011青年の盛んなる意気を以てすれは、012何事もなし難いといふことはないからである。013しかし、014青年は意気が旺盛なだけに、015円熟してゐない点がある。016即ち壮年、017老年の者に比して思慮分別が欠けてゐるのは、018これは致し方がないところだ。019それで、020青年が非常時国家の運命を双肩に担うて最前線に立てば、021壮年、022老年の者はそれに続き、023足らざるを補うて万全を期す方法を講じなければならぬ。
024 したがつて、025今日以後の日本国民は、026全部年齢を忘れよと私は云ひたい。027元来、028日本人は東洋哲学に支配されすぎて、029早くから老境に達する風を尊び、030いつまでも若く元気に活動する者を貧乏性の如くに思ひ、031閑雅(かんが)にあこがれて五十にもなれば隠居をしようと云ふ料簡を起す。032これでは一朝事ある場合に何の役にも立たぬであらう。033昔から「三十四十は鼻たれ小僧、034男盛りは五六十」と云つて、035一面にいつまでも若く元気であることを念願とした言葉があるが、036私はそれでもなほ足れりとせず、037「五十六十は鼻たれ小僧、038男盛りは八九十」と云ひ直すことにしてゐる。039元気最も旺盛にして思慮分別に達した四十歳は、040人間としての頂点に達したものであるのに、041日本では古来これを初老と呼ぶ。042したがつて五十六十にもなれば、043自ら物の役には立たぬと卑下し、044老いを急ぐ。045これでは断じてならない。
046 私はかつて蒙古を旅行した際、047土地の老人に年齢を聞いてその答へに感服した事がある。048即ち「私どもは誰も過ぎた自分の昔を考へない、049あるのは明日だけだ、050したがつて吾々は自分がいくつになつたかなど数へてもみない。051年齢など考へてゐたら心細くなつて仕事が出来ないだらう」と云ふのである。052はなはだよろしいと思ふ。053爾来(じらい)054私も年齢を考へない事にし、055私の統率する昭和青年会員はその主義において年齢を超越することにしてゐるが、056成績良好で五十六十、057はなはだしいのは七十の老人まで二十歳の青年に伍して遜色を見せない。058すべからく国民はくだらぬ自分の年齢を数へることをやめ、059万人青年の意気にかへつて御奉公を申し上ぐべきである。