霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

日本と満州国

インフォメーション
題名:34 日本と満州国 著者:出口王仁三郎
ページ:107 目次メモ:
概要: 備考:- タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c034
001 満州国は日本にとっては永遠の生命線であり亜細亜にとっては平和と幸福の鑰鍵(やくけん)である。002故に日本と満州国とは兄弟姉妹の如く互ひに助け助けられ、003どこまでも唇歯輔車(しんしほしゃ)の関係を保たねばならぬのである。004満州国の平和幸福は日本の平和幸福であり、005満州国の擾乱と不幸はまた日本の擾乱と不幸である。006近来までは日本の識者間にもあまり満州に関心をもたなかった人が多いやうであるが、007一昨年(昭和六年)の九月十八日の柳条溝事件柳条湖事件より日満両国民はにはかに眼をさまし、008相提携して亜細亜のため、009次に世界の平和のために正義の活動をせなくてはならない事に気付いて来たのは、010実に日満両国にとって大なる幸ひと云はねばならぬのである。
011 国際連盟がいかに横槍をいれようと無謀なる勧告をこころみようと、012少しも介意するには及ばぬ。013東洋には東洋の確固不抜の精神があり、014主張がある故に、015あまり関係のない碧眼赤髯の欧米人の容喙を許さないところである。016今後においても日満両国はますます相提携を固くし、017人類愛の大精神にのっとって、018共存共栄の実を挙ぐべきである。
019 北に某強国あり、020西に某々国あり、021到底安閑としてゐる訳にはゆかない。022彼ら某々強国は口に人類の平和幸福をとなへながら心中に豺狼の毒牙を磨き、023虎視眈々として隙さへあらば自己愛の爪牙に大亜細亜を掻き乱し、024あはよくば経済的にも領土的にも平素の欲望を貫徹せむと試みてゐるのであって、025吾々東洋に国を保つ国民は枕を高くし平和の夢をむさぼってゐる時代ではないのである。
026 日満両国にして相親和し相提携し唇歯輔車の実ますます強固ならば、027いかに某々強国といへども東洋に一指だも染め得ないであらう。
028 我が国は古来神国と称し、029細矛千足国と称へ来たった君子国である。030海に勇敢なる艟艨(どうもう)軍艦のことあり、031陸に満身忠と勇とで充たされた貔貅(ひきう)勇猛な将兵のことあり、032いかに列強が大軍を率いて我が国を襲はむとするも、033神明の加護と忠勇義烈の日本魂(やまとだましひ)の権化たる軍人の赤誠によって、034木葉微塵に粉砕し得るは疑ふの余地なき事である。035ただ恐るべきは日満両国の一部の民心に深く潜入しつつある左傾分子の陰謀である。036故に吾々は国防の事は忠勇なる陸海軍人に信頼し、037銃後の神軍として思想問題及び有事の日の秩序維持に全力を尽し、038奉公の誠を捧ぐべき国民としての義務を有するのである。
039 吾々が人類愛善会を創設し昭和青年会、040坤生会員を養成訓練するも、041かかる日のために大は国家に対し、042小は個人の擁護愛善に資せむための心遣ひにほかならない。