霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

戦争と神意発動

インフォメーション
題名:35 戦争と神意発動 著者:出口王仁三郎
ページ:109 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 腐敗堕落の極に達した世界人類の思想、002生活を根底的に大掃除する為に、003神意による大戦ひが起るであらうことについては、004吾人はしばしば予告して、005注意もし戒めても来たのだが、006現在の状勢は、007つひにその時が近づいたのを具体的に物語るものである。
008 寿府会議の結果、009四十二対一で日本の主張が通らなかった一九三三年二月二四日ジュネーブでの国際連盟特別総会でリットン報告書(満州国に関する日本の主張を否認した)が採択されたこと010時も時、011熱河に事変が起った。012これは世界の宗主国たる日本が神命によって、013全人類のために正しき方向を示さうとするのに対し、014邪悪の心を以て、015私利私欲を遂げむとする者の、016横車を押し切らうとする態度だが、017いつまでも表に正義と平和の仮面をかぶって先進国らしい顔つきをしてゐた欧州各国人が、018つひに馬脚を現はしたのであり、019また精神文明に立脚して、020久しく日本とともに亜細亜開発に協力して来た支那が、021欧米の物質文明に降伏し、022悪の仕組に共同したものである。023これは一面、024歎かはしい事であるが、025大きな目を以て見るとき、026これは自然の勢ひであると共に神意発動して、027大建替に着手したまうたものと拝察すべきものである。
028 戦争は善であるか悪であるかについて、029よく質問されるが、030一概に云ひ切れない。031単に人間の利害、032国家と国家の利害のみによって戦争を起すとなると、033それは醜い闘争であって、034悲惨なる人類の惨禍にすぎない。035しかし今度のやうに日本が、036全人類の幸福を念願とし世界に神の意志を闡明せむとする対し、037邪悪の力をもってその天意に反対しようとするものを討ちこらさむとする場合は、038絶対の愛である。039愛によって戦ふからこそ、040皇軍の向ふところ敵なく、041日々の新聞は熱河における日本軍の勝利を伝へつつあるものとおもふ。
042 支那はいま、043欧米の、044物欲にあくところ無き我執を遂げむとするものの手先になってゐるのであるから、045支那を平定したからと云って必ず平和を招来せしめ得るとは思はれない。046人類最高の目的たるものに醒め得ないが為に、047国情に行き詰りを生じ、048ただ経済的にのみ打開の策を講じようとしてゐる欧米各国は、049そこから生ずる利害観念において、050どの国も、051戦争でもしなければ建直すことの出来ぬせっぱ詰ったところに追ひつめられてゐるから、052何かの因縁をつけて日本に挑みかかるものと考へてよからう。053したがって、054日本がこれに応じて起つ時こそ、055最後の公憤に起つものであり、056神意を体して、057世界永遠の和平のために起つ時である。058いたづらに戦ひを口にするなかれ。059しかして起たば堂々正義の(いくさ)たるべしである。060神は常に愛と正義の上にいますのである。