霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

精神的訓練の必要

インフォメーション
題名:38 精神的訓練の必要 著者:出口王仁三郎
ページ:117 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 日本はいよいよ国際連盟脱退を正式に通告し、002畏くも大詔(たいせう)渙発(くわんぱつ)せられた。
003「方今、004列国ハ稀有ノ世変ニ際会シ、005帝国(また)非常ノ時艱(じかん)ニ遭遇ス」
006と仰せられてゐる如く、007今日の日本はもう誰も云ひ古してゐる如くに容易ならざる時機が来てゐる。008日本は非常時にある。009が、010これも実は非常時の門口、011旅なら一足踏み出したばかりで、012本当の国難も非常時もこれから来るのであると覚悟せねばならぬ。
013 寿府会議の結果、014日本が連盟を脱退したと云ふ事も、015認識不足なる世界代表者の為であり、016また日本も常から日本の国体及びその精神を諸外国に徹底させておく事が出来なかったから起ったものであるとせねばならない。
017 日本人と西洋人とは総て形の上からも魂の上からも非常に相違してゐる。018自然、019これを同じに考へて事をすれば必ず失敗する。020これは支那を相手にした場合でも同じであるが、021日本人は忠君、022敬神愛国と云ふ事を生命としてゐるが、023支那には孔子の説いた五倫五常の道があるにかかはらず、024現代支那人の腹の中からそれらは消えて、025わづかに敬老尊師の美風を残してゐるに過ぎぬ。026支那でも愛国と云ふ言葉を使ってゐるが、027あるひは愛国心はあっても報国の念は無い。
028 世界各国に日本人の持ってゐるこの精神力に対する理解がないから、029寿府会議の結果がああ云ふふうになったので、030日本はその時から既にお筆先に示されてある如く、031九分九厘になったのである。032あの場合は舌の上で行はれたのであったが、033日本は立派に世界を相手に大戦ひをはじめてゐるのであり、034外国は一腹(ひとはら)になって攻めて来てゐるのである。
035 世界は軍縮の事を重大に云ってゐるが、036みんな秘密のうちに拡張を計画し、037よその国には縮小させようと眼を光らせてゐる。038日本に連盟脱退によって軍備の充実を計らねばならないが、039最も大切なのは精神力である。040如何に軍備が充実し、041立派な軍器が出来たところで、042それを使用する日本人の精神力が駄目になったのでは、043何の役にも立たないであらう。044昭和青年会、045昭和坤生会を組織して今日から非常時に処する訓練をしてゐるのも、046意志はそこにある。047全日本の老若男女は大詔を充分に拝誦(はいしやう)して、048いつ、049如何なる事が起っても、050直ちに総動員をなし得る決心をつけておかねばならぬ。