霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

皇道の本義

インフォメーション
題名:39 皇道の本義 著者:出口王仁三郎
ページ:119 目次メモ:
概要: 備考:「神霊界」大正八年四月一五日号所収「皇道我観(二)皇道の本義」の抜萃 タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 皇道の本義は畏くも万世一系の皇統を継承し給ひて日本神国に君臨し、002地球上における主、003師、004親の三徳を具備し給ふ天津日継天皇が天下を安国と平けく知食し給ひ、005乾霊授国(けんれいじゅこく)の御本旨を達し給ふ御経綸の神法神則を皇道と称ヘ奉るなり。
006 我が臣民たるものはただただ皇道の大精神、007大本元を会得し、008以て上御一人(かみごいちにん)の御天職を(かたじけ)なみ、009神国臣民たるの本分を尽し、010神と皇上との洪恩に報い、011天津誠の神教を遵奉し、012麻柱(あななひ)の大道を守り、013忠良の臣民と成るの心掛けを片時も忘却すべからざるなり。014要するに皇道とは、015畏くも天津日継天皇が天下を治め給ふ御政道の意義なり。
016 謹んで皇道の根本、017皇祖の御遺訓、018皇典古事記の内容を按ずるに、019古事記上巻、020
021(これ)を以て(まを)したまふ(まにま)に、022日子番能邇々芸命(ひこほのににぎのみこと)詔科(おほ)せて此の豊葦原水穂国(全地球の総称)は(いまし)(しら)さむ国なりと言依(ことよさ)し賜ふ。023(かれ)命の随に天降りますべしと()りたまひき。024(ここ)に日子番能邇々芸命、025天降りまさむとする時に、026天の八衢(やちまた)に居りて、027(かみ)は高天原を(てら)(しも)は葦原中津国を光す神(ここ)に有り。028(かれ)爾に天照大御神、029高木の神の命以ちて、030天之宇受売神に詔りたまはく、031(いまし)手弱女(たをやめ)なれども伊向ふ神と面勝神(おもかつかみ)なり。032(もは)ら汝往きて問はむは、033()が御子の天降りまさむとする道を、034誰ぞ如此(かく)て居ると問へと詔りたまひき。035故問はせ賜ふ時に答へ白さく、036(あれ)は国つ神、037名は猿田毘古神なり。038()で居る所以は天津神の御子天降りますと聞きつる故に、039御前(みさき)に仕へ奉らむとして参向(まゐりむか)(はべ)るぞと白したまひき。040爾に天之児屋命、041布刀玉命、042天宇受売命、043伊斯許理度売命、044玉祖命、045併せて五伴緒を(くま)り加へて、046天降りまさしめたまひき』
047 以上古事記の御遺訓は、048万世一系の天津日継天皇が、049世界万国を平けく安らけく知召させ給ふ、050天理(教育)人道(政治)の要義、051即ち皇道の大本源を示し給へる神勅にして、052幽遠微妙の神理あり。053普通文章的の解釈にては容易にその内容の本義を窮知すること難く、054ひとへに我が皇国に幸はひ助け、055天照り生ける、056言霊の真解に依らざるべらざる神文(しんもん)なり。