霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

皇国の天職

インフォメーション
題名:47 皇国の天職 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c047
001 (おそれおほ)くも明治天皇は今より四十年以前において教育の根本に関する大勅語を国民に降下あらせ給ひ、002
003「斯ノ道ハ実ニ我か皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ、004子孫臣民ノ倶ニ遵守スへキ所、005之ヲ古今ニ通シテ謬ラス、006之ヲ中外ニ施シテ悖ラス、007朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ」
008と詔らせ給へり。
009 ああ日本国臣民にして誰かこの大勅語の御本旨を奉戴して、010以て御国体の精華を発揮し奉り、011天壌無窮の皇運を扶翼し奉り、012以て祖先の遺風を顕彰したる、013誰か陛下の忠良なる臣民の資格を有するものあるか。
014 九千万の同胞上下を問はず、015滔々として世界の濁流に游泳して私産を作り、016虚栄を貪るに敢へて手段の善悪を問はず、017偽善詐欺不倫行為が根本的に天賦の徳器を破壊するも毫も怪しまざるの現状なり。018殊に日本の学者にして、019神聖なる祖宗の御遺訓皇典古事記は天武天皇の御勅語にして「斯乃邦家之経緯王化之鴻基焉」と記し給へる御神慮も知らず、020あたかも西洋印度等の神話と同一視し、021布演教導する洋学に心酔累惑せる迂愚学者の輩出するに至れり。022彼らは御国体の蝕虫(しょくちう)023教育界の蠧魚(とぎょ)たるなり。
024 ああ現代はこれ弊政の窮極なり。025無道の政治、026無明の教育を以て、027いづくんぞ能く御国体の精華を発し奉る事を得むや。028ああ神聖なる皇祖の御遺訓、029大日本皇道を奉体せざる輩、030いづくんぞ皇憲を運用し奉るの資格これあらむや。
031 神武天皇(みことのりして)曰く、032
033「是の時、034()鴻荒(あらき)()ひ、035時は草昧(くらき)(あた)れり。036故れ(くら)くして以て正しきを養ひ、037此の西偏(にしのほとり)()らす」日本書紀巻第三 神武天皇即位前紀からの引用
038 ああ畏くも崇神天皇が和光同塵、039以て世界統治の神策を建て給ひて以来二千有余年、040(もう)以て正を養ひ給ひしが故に、041御歴代の天皇が天歩艱難を凌ぎ忍び給ひけること誠に畏き極みにこそ。
042 皇運発展の時代は、043畏くも今上陛下の御代において、044万世一系の御天職を発揮し給ふによりて実現さるべき事は炳乎(へいこ)たる事実なり。045しかのみならず天運循環の神律は、046日本国に(さちは)ひ助け天照り玉ふ言霊の復活と、047国祖の神聖なる垂訓によりて皇道を顕彰し給ひ、048以て現代の無道無明を照らし給ふべし。049神聖なる天津日嗣天皇の御稜威は八荒(はちくわう)に照輝し給ひ、050荘厳なる国祖国常立尊の神威は暗黒界を照明して天下に皇道を実現せられ、051以て世の経綸を革正し、052ここに神聖なる済世救民の御天職と、053永遠の平和を保全し玉ふは明瞭なり。054偉なるかな日本皇国の天職や。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)