霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

神国の大使命

インフォメーション
題名:49 神国の大使命 著者:出口王仁三郎
ページ:127 目次メモ:
概要: 備考:道の栞第三巻上の抜萃・再編と思われる タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 日本の国に生れた者でも、002日本人としての行状(おこなひ)無きものは外国人であります。003それと反対に、004異国人でも、005神国の誠の教を守り得る者は、006日本神国の民と同様であります。
007 日本人の行状とは、008万世一系の皇室を崇めて、009神を第一にすることであります。010しかるに今の日本の人民の多くは、011異国人の(しりへ)について、012神を忘れ、013神の教を知らず、014神に背いてゐるのであります。
015 日本は神国であり、016日本魂(やまとだましひ)の国であり、017猛くして優しき武士の国であります。018某々国などは野蛮の国、019盗賊の国、020狼の国、021鷲、022熊、023鷹、024大蛇の国であり、025悪魔の棲処(すみか)であります。
026 日本魂と盗賊(ぬすびと)根性は、027到底相並びて世に立ち行く事は出来ない。028故に日本魂の日本は、029天に代りて、030彼の悪魔を退治しなければなりませぬ。031もし日本が勝たぬ時は某々国(あくまのくに)が勝ち、032某々国が亡びねば日本が亡びるのであります。033要するに、034日本は神に代りて悪魔を滅ぼさねばならぬ大使命を持ってゐるのであります。035日本が起つのは、036神の御心を心として起つのであります。037日本の為のみでなく東亜の為のみでもない、038世界万民の為であります。039即ち日本の戦ひは、040真理の為、041真の文明の為、042真の平和の為、043日本魂を中心としての発動に外ならないのであります。
044 日本は神が守護し給ふ国であります。045故に日本の戦ひは天より始め給ふもので、046人の企みなどで戦ふことは出来ないのであります。047皇軍一度(ひとたび)起たば、048向ふところ敵なし、049即ち善には天の助けあり、050悪には天の災禍があるからであります。051これ日本皇軍の常勝する所以であります。
052 日本は戦ひに勝つのみで満足してはならぬ。053大神の御威徳により世界の国々を指導し地上に天国を建設せねばならぬ。054これが日本の窮極の大使命であり皇祖皇宗の御遺訓であります。055この窮極の大使命を果すべき時節は刻々に迫りつつある事を日本人こぞって覚悟して貰ひたいと思ふのであります。